横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

横浜ホリスティック治療
キネシオロジー

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

【コロナ安全対策実施中‼】

Zoomによる無料オンライン問診
実施中オンライン受付時間

(9:00~17:00)

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

視界が斜めに見える症状

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長

国田康二と申します。

 

視界が斜めに見える症状の方は、

とても増えています。

 

視界がすべて斜めに見える

・前下がりに見える

前上がりに見える

・右に又は左に下がって斜めに見える

・文字が斜めに見える

・見える物(建物や人等)すべてが斜めに見える

 

このような症状を抱えておられる方が実際におられます。

その方が、実際になってみないとわからない症状ばかりです。

 

このような症状には、とても複雑な複数の問題が関係していることが殆どです。

このような症状が、なぜ起きるのか?原因について詳しくご説明させて頂きます。

 

視界が斜めに見える症状の大きな2つの要因

この症状が起きる主要な要因が2つあります。

 

構造的な問題の「硬膜」という脳と脊髄を覆っている

 膜の問題が関係している事が多いです。

 

硬膜の問題が起きる症状として、常に疲れた状態になるのも特徴です。

この脳幹に加えて、下垂体、視床下部といった部分も影響すると、自律神経の問題も起き、

・息苦しさ

・胃腸問題

・睡眠障害

 

こうした症状が同時に起きる方もいます。

この脳の様々な部分にストレスが掛かることが、症状を辛いものにしています。

 

精神的なストレス

精神的なストレスは、硬膜の状態をさらに複雑な状態にすることがあります。

硬膜の治療をしても完全に改善されない場合は、精神的なストレスが要因となります。

 

現在、又、今からは少し前(2~3年前ぐらい)の大きなストレス、

またはもっと過去のストレスの影響もある方もいます。

この精神的なストレスを起こしている「感情の問題」解決することが、硬膜の状態も変える

事にもなります。その場合、ストレスを起こしている 感情の問題に対して

施術をする必要があります。

 

当院(横浜ホリスティック治療室)行う、キネシオロジーという方法では、

この感情の問題に対しても施術方法があります。

 

 

このように、視界が斜めに見える症状は、

硬膜の状態などの身体の構造的な部分

・ストレスによる精神的な部分

この心身両面のバランスの乱れが引き起こしています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

新着情報

令和2年8月4日

コロナ安全対策実施中‼
8月から金、土曜日に行っている朝活が、リニューアルしました!

あとZoomによるオンラインセッションも開始しました!

ご希望の方はご連絡下さい

令和2年7月24日

 コロナ安全対策実施中‼
 当院は、 すべておひとり一人施術後にタオル交換して、感染予防を万全にしております。 ご安心してご来店ください。

令和2年6月9日

コロナ安全対策実施中‼

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分