横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

患者様の事例

患者さまの事例

こちらのページでは患者様が回復された症例を載せております。ご参考にして頂ければと思います。

 

 

 

患者さまの声

子宮筋腫の症例

Hさん 40代

大学病院で子宮腺筋症、子宮筋腫原因で貧血が酷いので、子宮の全摘出をするように診断されました。臓器を取るのに抵抗はあったのですが、手術という選択方法しかない言われ悩んでいました。

そんな時に知り合いの紹介で、こちら(当治療院)のことを知られて、手術予定日、ホルモン治療予定日まで時間がなかったのですぐに治療を開始しました。

しかし、移動することも大変な状態なので、出張治療をすることになりました。

お話をさせて頂いて、治療を受けてみようと思って頂いたこと。そして手術の予定日、ホルモン治療予定日まで時間がなかったので、すぐに治療を決められました。

計13回の治療を終え、Aさんのお話しです。

「治療や指導して頂いた方法で、悩んでいた貧血の数値(ヘモグロビン値)が ”5”から”15”まで上がりました。正常値の範囲に戻り子宮の痛みも軽減されました。

こぶのような下腹部の張りも小さくなりました。

あの時、手術をしなくて本当に良かったです」

 

 

治療の経緯の詳細をホームページ上で掲載しても良いとのことなので、詳細を載させて頂きました。参考になればと思います。

 

 

1回目 

治療は、子宮筋腫によって出血が続いているということでしたので、まずこの症状に対して治療をしました。出血が続いている原因が、過去の28歳の時の仕事で受けた失望感が関係しており、この時の感情の解放の治療を行いました。

子宮筋腫の原因が、私の治療だけではなく、生活の仕方を変えることで改善することがわかり、生活を変えることをして頂くことになりました。

治療後一時的に出血は止まりました。

 

(治療した所見)

子宮筋腫、子宮内膜症という細胞レベルの問題ですが、筋腫を大きくしている要因は過去のストレスと関係していて、自分でも気づかない無意識のことが関係していました。

このような症状の原因が過去の思いや感情と関係していることは、子宮筋腫、内膜症に限らずいろんな症状の原因となることは、とても多いです。

 

 

2回目(1回目の治療から14日後)

今回も過去の出来事の感情の解放を行いました。

自宅で行う事 

・体を温める(お風呂で43~45℃)ぐらいまでの温度で5分から10分使ってもらう

・ホルモン注射の予定日が迫っていますが、する必要がないので止めて頂きました。

・鎮痛剤は辛い時は使って頂く。

・係りつけの病院の先生には、ホルモン注射の治療をしないことをちゃんと伝えて、御自分に罪悪感などのストレスがないようにすることが、子宮筋腫の治療の為にも大切なこと。

・小麦粉は摂らないようにすること(子宮筋腫の改善の妨げになる為)

・お友達などに誘われたら外出OK(リラックスすることが今必要な為)

・睡眠は1日12時間摂ってもらうこと。

・ミネラル、マグネシウムを摂る事(子宮筋腫改善に必要な為)

 

以上を行って頂くことになりました。

その後、久しぶりに生理がきました。

 

(治療した所見)

普段の生活の仕方を変える事や自分の今の状態に不足しているミネラル、ビタミン、酵素、アミノ酸、脂質を取り入れること、自分に合わない食べ物飲み物など、一時的に摂る事を止めること(最低3か月摂らないようにすること)は、今の御自分の自己治癒力を高める為に必要で、それは「自分に合ったことをすること」が大切であることを教えてくれます。

 

 

3回目(2回目の治療から1週間後)

今日も感情の解放の治療をしました。

今日は特に子宮筋腫、子宮肥大、内膜症のついて検査しました。

3か月間は今のように仕事を休んで、休養静養が必要。もし仕事に復帰しても子宮筋腫、肥大も改善しないで、再発する可能性がある。

 

自宅で行う事

・午前10時から30分、夜18時から30分横になりリラックスすること。

(これは、人間には24時間中医学でいう経絡というエネルギーの通り道があり、時間によって特定の臓器や機能と連動しているいくつかの連絡路があり、午前10時は脾臓又は膵臓という臓器と関係している。夜18時は腎臓と関係している。この関係する臓器の機能を回復する為に、指定した時間を重力から解放して、身体を休める時間にあてることで関係する臓器の回復を早める)

・趣味をすることが必要(仕事のことを考えずに没頭できることが今必要)

 

以上を行って頂くことになりました。

次の日に、だるさ・軽い頭痛があり、好転反応と思われる反応がありました。

 

 

 

4回目(3回目の治療から6日後)

今日も感情の解放を行いました。

病院から出されている鉄剤について、どうしたら良いのか?聞かれました。

鉄剤は必要で、現在病院から出されている鉄剤がなくなっても、サプリメントでミネラルの鉄を一日一錠とることで大丈夫とお話ししました。

 

(治療所見)

趣味をすることが、なかなか出来ない感じで、仕事に意識がいってしまう。

今、仕事をしていなくても意識が仕事モードになると交感神経が緊張してしまい、それが原因で再発してしまうというお話をしました。長期に休むことが大切であることを再確認しました。

 

5回目(4回目の治療から14日後)

年明けから夜中2時くらいに目が覚めてしまうようになってしまうと言われていましたので、この事についても、治療しました。

この症状は、今までの子宮筋腫、内膜症とは異なる原因で起きている症状でした。2月にお義父様が来られるということで、それがストレスに感じてしまっていました。

お義父様に対して特別な感情はありませんが、「今の身体でお義父さんにおもてなしが出来るのか?という不安。1か月滞在するということで、体調が悪いからといって何もしない訳にはいかない、、、」という複雑な思いがありました。

(治療所見)

御自分が子宮筋腫であることをお義父様に伝えていらっしいましたが、一般男性は子宮筋腫に対しての認識が低く、女性にとっては癌同等の問題であることがあまり理解されていません。このような微妙な認識や気持ちの違いは、相手が悪いということではない為あまり問題視されないこともありますが、病気の方や体調が思わしくない方は、ちょっとの不安、ストレスは身体にとても影響することを改めて理解しました。

 

あと、仕事のことに対して意識を変える必要がある時期なのかもしれないこと。

意識では仕事をしたいという気持ちがあるが、身体は今は仕事することを望んでいない状態であることを認識することが必要。仕事を自分でするのでなく、適任者に任せることも必要な時期にきているのかもしれません。

 

6回目(5回目の治療から13日後)

今日も感情の解放の治療を行いました。

まだ睡眠は浅いとのこと。

出血はなくなった。

お義父様が来られることで睡眠の症状が最近ある事を理解されて、本当は完全休養が必要なくらいの状態であることを認識されました。

(治療所見)

とにかく今は遊ぶこと、仕事を減らす事、体を休める事が必要。仕事上の事務処理の仕事がストレスになっていたようです。本当は3か月バカンスに行く位の休養必要。

最近、イライラすることが減っているよう。無意識の感情がなくなってきた現れと思われる。

 

 

7回目(6回目の治療から12日後)

下腹部のジクジクする痛みがある。この症状に対しての治療もしました。

今回も感情の解放を行いました。

(治療所見)

お義父様が来られる日が近づいてきていることで、心配な部分が出てきている。その現れが子宮の部分のジクジクした痛みに影響しているようです。お義父様の滞在日数が少なくなったようで、10日ぐらいになったとようで少し安心。

誰でもあるものですが、その方特有の思い癖があります。

この方は気になるとずっと考えてしまう癖があるようです。この問題に対しては深い問題なので、何回か治療が必要。この思い癖が最近出てきているのは、「お義父様が来られることが気になっている」ことにある。こちらで治療を受ける前にホルモン注射を行っていて、その影響でしょうか?と心配されていましたが、その影響ではない。

 

8回目(7回目の治療から10日後)

お義父様が今日到着されました。

下腹部のジクジクした痛みあり。治療初期のような腫れがあり、情緒が不安定になる感じ。

今日はストレスがある様子。それが身体に現れている。

 

(治療所見)

お義父様が来られ、前日夜に用があり外出したことで、身体に負担がきた様子。

仕事に関係したことで外出した為、意識が「戦闘モード」になってしまうことで疲れてしまう。この事が下腹部の張りの症状が出た要因。

自分でもこんなに疲れるとは思ってもみなかったようで、今回の外出でまだ外出できないと感じられたようです。

 

9回目(8回の治療から2日後)

今日はストレスの影響があるので、治療間隔が短いことが必要な為2日後の治療しました。

感情の解放を行いました。

現在ストレスがある為、精神安定の為にナイアシン(ビタミンB3)というビタミンを摂る事が必要。

(日常で行って頂くこと)

・ナイアシンはアボガドに多く含まれるので、アボガドを1日に1/4 摂って頂くことになりました。

 

(治療所見)

戦闘モードはダメです。副交感神経を優位にすることが大切。

まだ夜中に起きてしまうこと、下腹部の腫れがまだある。

前回の治療の時は妹さんも長期に遊びに来られていて、精神的な安定となっていましたが、今回の治療時にはご実家に帰られてしまい、一人になってしまったこともナイアシンが必要な事と関係しています。ナイアシンは薬のように精神の安定させます。

レバーにも入っていますが、動物性のものではない方が良い場合が多いです。

 

10回目(9回の治療から11日後)

前回の治療後に2か月ぶりに生理がきました。

昨年の10月の生理より出血は1/3位になった。

今日も感情の解放の治療を行いました。

 

(治療所見)

下腹部の張りは趣味を持つことが必要。

意識がまだ仕事にいってしまうので、趣味を持って意識を仕事に向けない事が必要。

 

 

11回目(10回目の治療から6日後)

今日も感情の治療を行いました。

 

 

(治療所見)

やはり趣味をつくること、仕事に関係する趣味(本を読むにしても仕事に関わるものは仕事モードになってしまう為ダメです)

気分転換に週に何回か、家の近くを散歩したりすることが良い。

栄養素として酵素が必要。体が変わってきているので、必要な栄養素も変わってきている現れ。

 

12回目(11回目の治療から15日後)

下腹部の張りの治療で今日も感情の解放の治療を行いました。

今日はお友達の見学者が来られていて、見学してもらいながら治療。

状態として良くなってきている。

(治療所見)

下腹部の張りを完治するには趣味が必要。

感情の治療はもう少し必要。

 

13回目(12回目の治療から22日後)

感情の解放を行いました。

 

(治療所見)

趣味を何か持たれた様子。趣味のことで今まで検査する度に「趣味が必要」と出ていましたが、もう趣味が必要だという結果はでない。

体が良くなってきたので、もっとよくなったら、次の段階としてダイエットしたいと言われていました。5月スタートがよいようです。

 

14回目(13回目の治療から12日後)

下腹部の張りもだいぶ小さくなってきました。

(治療所見)

下腹部の張りに関しての治療は今日で終了で良い。

バセドウ病の症状として左右の目の大きさの違いは、実際に目立たなくなるまでもう少し時間がかかるが、今まで通り副交感神経を優位にすることが大切です。

 

過去のトラウマで自分に自信が持てなくなってしまった

Bさん女性 20代

何の前ぶれもなく過去のトラウマや失敗がフラッシュバックして申し訳ない気持ちになり、自分に自信が持てなくなってしまうことがありました。

知人の紹介で当院をお知りになり、来院されました。

 

当院のような治療に興味がありましたが、治療を受けるキッカケがありませんでした。

当院の治療の体験をして御自分の症状が良くなるのではないかと思われ、確信が得られたことで治療を受けられる事になりました。

 

治療は計4回受けられました。

過去の5才、6才の幼少の頃、10代、20代の時の出来事に対して思ったことを思い出す感情の解放の治療をしました。

今まで月に1度落ち込む期間が必ずありましたが、それがなくなりとても驚きました。

 

 

脊柱管狭窄症の症例

Mさん女性 70代

膝が痛くなり近くの病院でヒアルロン酸を注射してもらい、膝の痛みがなくなったが、その後腰痛が起き始めました。そして臀部から下腿、下肢、足の裏など痺れも起き始めました。

また近くの病院に行きましたが、納得する説明がされなくて、他の病院に行きMRI検査を受けました。

腰椎の「脊柱管狭窄症」と診断されました。

手術をするしか方法がないと言われましたが、どうしても納得できなくて友人の紹介で当院に来院されました。

 

当院に来られた時は、常にジリジリした痺れがあり、平地や坂道、階段を歩くと5分で痛くなり、休み休みしないと歩けない状態でした。

検査した結果、水の摂取不足と栄養素の不足(ミネラルのクロム、セレニウム、ビタミンのパントテン酸カルシウム、ビタミンE)、自分に合わない物(小麦、砂糖、果糖、チョコレート、ココア)がありました。

あと、汗をかいて毒素を出す必要がありました。

長い期間痛みがある状態で歩いたことで、筋肉のダメージも大きく、筋紡錘、ゴルジ腱の治療が必要でした。この治療に普段の生活に取り入れることを行って頂きました。

 

(普段の生活で行って頂いたこと)

・汗をかいて毒素を出す為に、熱めのお風呂(43℃)に毎日5分から8分入ってもらいました。(最初は何度も出たり入ったりして合計5~8分入ってもらいました)

・水を1日2L(最初は1Lから始めてもらいました)を目標に飲むこと。

・自分に合わない物は3か月摂らない事。

・必要な栄養素(クロムはあさり、セレ二ウムはトマトや玉ねぎ、パントテン酸カルシウムとビタミンEはほうれん草から)摂ってもらいました。

 

約3か月で歩けるようになり、ジンジンした痛みもなくなりました。

脊柱管狭窄症ではなく、栄養素の不足、水の摂取不足、自分にあわない物の影響で毒素が溜まりリンパ循環の低下、大腸小腸の働きが低下していたことで、神経の働きの低下により大腸、小腸、副腎と関係している筋肉の筋力低下が、下半身の症状を起こしていたと考えられます。

 

このような脊柱管狭窄症ではない状態でありながら、「脊柱管狭窄症」と診断されている方もとても多いです。

 

現在は予防の為に月に1、2回来られています。

 

 

 

 

平衡感覚の異常(ふらつき)

Cさん男性 現在67歳 

12年前くらいに出張治療をした方の症例です。

 

 

歩いていてフワフワして、意識しないと真直ぐに歩けないくて、真直ぐ歩く意識をしていないとぶれてしまって、頭もフワフワする状態でした。

 

 

横になっていても、

揺れているようなフワフワするような感覚が起きることもあり、知人の紹介で当院を知り治療をすることになりました。

 

来院することは難しいということで、出張治療をしました。お話を伺うと、血圧も高い状態になり頻脈も起きている状態になっていました。

 

 

治療は経絡治療を行い、

腎経の経絡の滞りが要因でした。

3か月の治療で症状は起きなくなり、

血圧、頻脈も正常値になりました。

 

 

(本人のコメント)

「歩いていて真直ぐ歩けないのが番辛かったから、

何ともなく歩けるようになったことが、

一番うれしかった。症状がなくなって良かったです」

 

 

 

(現在の状況)

現在は一か月に1回、

体の予防の為に治療を受けられています。

 

 

 

 

足元がフワフワする、頭が揺れる症状。耳の異常症状(ガサガサ音が聞こえる)

Dさん女性 40代

歩いていて足元がフワフワするという症状があり、頭も揺れているような症状もあり、同時に「ガチャ、ガチャ」という音が聞こえてしまう症状があり来院されました。

 

マラソンを毎日されていて、フワフワするような症状がある状態でもマラソンをされていました。

検査をすると、自律神経も乱れている状態で、この状態でマラソンをすることはさらに交感神経を緊張させ、症状の改善の妨げになっていました。

仕事も忙しく、職場の人間関係のストレスもあり、それも原因となっていました。

 

治療としては、感情の解放治療を行い、マラソンはとうぶんの間は休んで頂きました。

こちらのアドバイスをすることを真面目に守られる方で、フワフワする症状はあまり起き亡くなりました。

 

ですが、仕事上のストレスが突発的に起きて、又フワフワ感が再発しましたが、関係する過去の感情が最近のストレス時に起きた感情と同じ感情だった為、体が反応してしまっていました。感情の解放治療で安定しました。計9回の治療を行い終了しました。

耳の「ガチャガチャ」音がする特殊な症状も、過去の感情が関係していました。

 

しかし、この「耳でガチャガチャ音がする症状」は、他の問題もあり、

その問題に対しては私の治療では難しいので、

私の知り合い先生をご紹介しました。

 

※ 人によっては特殊な問題がある為、当院で難しいこともあります。その時は専門家をご紹介しております。

 

耳鳴り(キーンという高い音が聞こえる)

Eさん40代 男性 

急に耳鳴りが起きて来院されました。

 

検査をすると、お酒を飲むことが耳鳴りの症状を起こしてしまう要因でした。お話を伺うと仕事でお酒を飲むことが多く、毎日のように飲まれていました。

まさかお酒が関係しているとは思っていなかったと言われていましたが、2回目の治療で耳鳴りの音が小さくなり驚いておられましたが、その後お酒で少し飲む機会があり、少量ならと思い飲まれたら耳鳴りが再発したことで、お酒の影響が大きな事を理解されました。

 

感情の解放治療も必要で、計5回の治療で終了しました。

完全に耳鳴りを改善する為には、最低でもお酒を三ヶ月は飲まないようにしないといけない事をお話しました。仕事上飲まないといけないからと言われていましたが、今のお体にはお酒が過剰に蓄積していてそれが、神経の働きを阻害していて症状を起こしていました。

 

このような普段の飲食物の影響も耳鳴りに限らず起こす要因として多いです。

 

 

 

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分