横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

(ご連絡受付場所、横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室)

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

キネシオロジーとは、どんなことをするのか?

キネシオロジーとは、どんなことをするのか?

 

当院で行うキネシオロジーという方法は、お体の状態

をお調べるするキネシオロジーの検査方法を行い、その結果現在のお体の症状の原因を明確にし、施術又は生活で普段の生活で行う改善を促することをご提案いたします。

 

キネシオロジーの検査方法についてはこちらから

 

当院が行うキネシオロジーの様々な手技、施術方法については、こちらから

 

 

 

 

(健康に対する考え方を変えること)

 

お問い合わせで、そちらでは実際にどういうことをするのですか?

という問い合わせを頂くことがあります。

 

 

お問い合わせを頂く方の殆どが、病院で原因がわからないと言われる

ような症状をお持ちの方です。こうした問い合わせをされる方の多くが、

頭や体が揺れる、ふらつき、耳の閉塞感、足に力がはいらない、様々な痛みやしびれ、

触っても感じないような感覚異常、耳鳴り、視覚の異常、胃腸症状、頭痛、生理痛、更年期

子宮筋腫、生理不順、又は鬱症状、不安症状、などの精神的な問題など様々な症状です。

 

 

 

ご自分の症状がなぜ起きているのか?

なぜ病院でも原因がわからないのか?

 

 

こうしたことで悩んでおられて尚且つ、

ずいぶん前、何年も前から現在の症状があったようですが、

次第にその症状も強くなり、もう耐えられないという状態になって、

どうしようもなくなってしまっています。

 

 

 

今までは病院の薬や方法で対処できた方もいて、

どうして今はそれが効かないのか?

このような状態の方もいます。

 

 

 

 

基本的な考え方として大切な事は、

どういう視点で、体を診ているかということです。

 

一般的に体に何かのお変化があると、誰もが病院に行かれると思います。

病院で行う西洋医学の方法は、どちらかというと「体の役割は受け身に考えている」

ということがあります。

 

薬を飲むということは、外から体に働きかけ、体の働きを使わないという部分があります。

ですが本来、体は自ら回復する能力があり、

この「自分の体の働き」を使わないということは、次第に働きが低下していきます。

 

 

もし薬が効いて、症状がなくなったとしても、

それは自分の体の働きを使って治した訳ではありません。

 

 

 

当院が行うような「自然療法」「代替医療」と病院で行う「西洋医学」との

「根本的な違いは、こうした体の状態に対して、いかにこの体の能力を

使って、本来ある体の働きが出来るようにするかということです。」

 

 

どういうことかというと、「自然療法」「代替医療」とは、

「体に積極的な役割を与える」ということで、

体が生まれながらに持っている自然治癒力を利用するということです。

 

 

 

年齢を重ねていくと、こうした本来ある力、働きが低下していきますので、

こうしたことは早ければ早いほど良いです。

 

しかし、多くの方はこの体の働きが低下してくる年齢になってから、

症状がいくつも出てきて、増えてしまってから何とかされようとします。

 

 

こうした「自分の体の事」「なぜ症状が起きているのか?」ということを

自分もを知って、自分はどういう方向から改善していけばいいのか?

体に対しての知識を持って、改善するということは、まだ始まったばかりの

考え方です。

 

 

海外では、「予防医学」という考えからさらに進んで、

「予測医学」という流れになっています。

 

いかに自分の遺伝的な特徴や自分の体の合った生活習慣、食生活を

行うか?「これが病気を起こさない体になる為に大切な事」

という考えの元、行われています。

 

 

「自分の体を自分で管理する。」

という方法が今の時代は、必要な事なのです。

 

 

 

 

このように健康とは、自分の意識が関係しています。

自分から健康になろうという意識が健康をもたらします。その為には、自分が健康でいる為に何が必要なのか?これを明確にしないといけません。

 

具体的には、睡眠、生活のリズム、体温を上げる、消化吸収能力など、

こういった体の働きに必要なプロセスを適切に行えることが、大切になります。

 

 

このような一人一人異なる個性がありますから、

その為の、「御自分の症状を改善するには、どんなことが必要なのか?」

(施術方法)(生活習慣)(食生活)(ストレスの影響の軽減)など

を明確にする必要があります。

 

それを行うのが、当院が行う「キネシオロジー」という方法です。

この方法により、御自分の現在の症状を起している問題を明確にして、

その症状を起している玄以となる問題に何が必要なのか?

 

(施術方法)だけではなく、

(生活習慣)(食生活)(ストレスの影響の軽減)を

御自分の生活の中に取り入れていくことで、改善していきます。

 

※キネシロジーとは?

 

 

 

 

 

 

(今までの考えから意識を変えないといけない時代)

般的には、具合が悪くなれば病院に行きます。そして薬を処方されます。

 

 

 

それで問題は解決されたことになっています。

 

病院では自分が具合悪くなったことを明確に説明されることも少なく、

又再び具合悪くなれば病院に行き、薬を処方される。

 

この繰り返しを行うことに何の疑問を持たないことに問題があります。

自分がなぜ具合悪くなったのか?何が要因で現在の症状になったのか?

その要因を自分自身が知ることがとても大切なことなのです。

 

多くの患者様を診てきて分かったことがあります。

それは体調を崩す要因の多くは生活と密着したことから起きます。

 

健康とは、とても個人的なものなのです。

 

 

 

 

 

他の方と症状が同じであっても、症状を起こす要因は一人ひとり異なります。

それは、一人ひとり、生活環境も異なり、生まれ育った環境も異なり、

現在の食生活や生活習慣も異なります。

そして遺伝も異なります。

 

こうした個人個人のことを考慮した考え方が、健康には大切なのです。

それは今の時代を反映しています。

 

生活が多様化して、食事の摂り方、生活仕方も異なり、

いつ寝てもいい、食事の時間も夜中でもいい、運動しなくてもいい、など

一日の過ごし方が一人一人自由に選択できます。

 

これによって自分が自分をコントロールすることが、

今の現代を生活する上で、お体の状態と関係しています。

こうした一人ひとりの生活に合わせた方法はどういった方法なのか?

何をすれば良いのか?

 

 

自分にとって、健康を維持する為に何をすることが最適なのか?

度々体調を崩す要因は何なのか?

 

 

こうしたことが、自分にとって、健康を維持する為に何をすることが最適なのか?

度々体調を崩す要因は何なのか?こうしたことを自分自身が知って、

生活に取入れることが、

「自分の体に自信を持ち、自分の体は自分で守っていく」という意識に繋がります。

 

こうした事が必要になってきている時代です。

そして、これが本当の健康をもたらします。

 

 

 

 

症状の改善には、様々な事が必要になる事があります。

その為、生活の中で何が自分の症状と関係しているのか?

このことを一つ一つ明確にする必要があります。

 

 

下は、当院のキネシオロジーでご提案できる事の中に含まれます

ご自分で、ご自分の生活を確認することの目安となります。

こうしたことが、自分は出来ているか?

御自分のことを客観的に知ることも大切なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠はちゃんと取れていますか?どのくらいの時間寝ているのか?

(寝る時間帯は?)

食生活はどうですか?

御自分の今の体に、運動は今必要ですか?必要ないですか?

生活習慣はどうですか?(汗をかいていますか?)

薬を何年も、何十年も飲んでいませんか?

ストレスをたくさん感じていませんか?

 

これらは、自律神経を乱す要因になります。

 

 

 

 

 

 

1、自分が健康でいる為に必要なこと。(健康チェック)

  こうしたことから少しずつ体調を崩していきます。

  多くの方が体調を崩している、その要因となる事をご紹介します。

 

 ・睡眠のこと(寝つきが悪い、眠れない、早朝覚醒などの睡眠負債の要因及び解決方法を明確にする)

 

※睡眠時間は、免疫力の低下→癌のリスクを高める、認知症の可能性も高めます。睡眠不足が続く、睡眠負債が重なると脳でアルツハイマー型の認知症の方に多く見られる、タンパク質アミロイドβタンパク質が増えると言われています。又肥満の元になるとも言われています。(40代以降の睡眠障害の問題は、これらの要因となると言われています。例、乳がんとの関係。「6時間睡眠以下の毎日の睡眠は、乳がんの発生を176%高める)

 

・自分に合った食生活(自分に今必要な栄養素「ビタミン、ミネラル、糖質、タンパク質、脂質、酵素」は足りているか?自分に合わない物を日常で気づかないで摂っていないか?これら個人的な自分に合った食生活を行うことが大切です)

 

・運動のこと(今の体で運動をするべきか。しないべきか。運動は一般的に体に良いことだと言われていますが、人によっては自律神経の乱れた状態に気づかないで生活をしていることがあります。運動することは交感神経緊張を促し、運動することで更に交感神経が優位になり、自律神経が乱れ体調を更に悪化させることがあります。)

 

・生活習慣のこと(健康を保つ為に、自分の生活の中に取り入れること。例えば、お風呂の湯船に浸かる。自分の今の体に合ったお風呂の温度~℃で何分浸かるか。日常で今の自分の体に適した温度で何分お風呂に浸かるかで、疲れが効果的に取れたり、リラックスできます。これは、自律神経の安定に効果的です。私達は日々時間に追われ、気づかないうちに自律神経を乱しています。その他に、水の摂取量、汗をかくこと、休息の時間を取る、遊び、趣味の時間を増やすことなど)

 

  水の摂取量=便秘を解消し、リンパ循環を促し体の老廃物を排出する。もし薬を飲んでいるのであれば体に溜まった薬の毒素を排出する為には綺麗な水が必要なため。又は人によっては腎臓の機能を高める為にも有効)

 

  汗をかく=体に溜まった化学物質の毒素は汗からでないと排出できないとも言われています。

 

  休息を取ること=睡眠時間以外に体を横にして重力から解放し、体の機能を回復する必要があります。又、人によっては横にならなくても自分がリラックスできる空間にいること、気の合う人に会うことで疲れた心身の回復を早める

 

  遊び、趣味=ストレスが溜まりすぎると体の機能が低下します。脳自体も上手く働かなくなり、適切な判断や思考が出来なくなります。これは神経を介して身体機能に影響します。皆とワイワイと騒いだり、一人で好きな趣味に没頭して頭を空っぽにすることが必要な時があります。長期のストレス、慢性的な病的な状態など、施術、体への刺激はそんなに必要ではなく、こうしたことで体が回復するスピードを速めることもあります。

 

 

 

・電磁波の影響のこと(私達が今住んでいる環境、特に都市はとても便利になった代わりに様々な電機器から発せられる電磁波が、私達の人体に影響を与えています。パソコン、スマフォ、コピー機、オーディオ、商業施設やオフィスの証明、又は電車、新幹線、飛行機などの乗り物。これらから発せられる電磁波は、目に見えない物ですが私達の体の神経機能に影響し、神経が適切に機能しない状態を起こします。都市部に長い時間いることで体が重くなったり、疲れを感じる状態、会社で業務をしていることで心身の疲れを起こすのは、こうした電磁波の影響があることがあります。特に自律神経が乱れている状態は、電磁波の影響を受けやすくなり、毎日気づかないうちにこうした電磁波の影響を常に受け続けて、心身ともに消耗していくことがあります。

 

普段から電磁波をカットする物を身に着けること。同時に毎日、土に触れること(手又は足を土の地面につける)は体に溜まった電磁波をアースすることになります。こうした自然に触れることが電磁波の影響を回避する為に必要不可欠になってきています。

 

こうした自分の生活、食生活、ストレス等日々体に与えている気づかない影響があります。

キネシオロジーでは筋力を検査法で、個人的なこうしたお体の症状を起している要因を

明確にして、その方の状況にあった方法でこの要因を改善していきます。

 

 

 

2、目に見えないエネルギーの影響を評価する(目に見えない物の体に与える影響に関して、いろんなものがあります。重力、紫外線、電磁波、放射線など。私達の生活環境には様々な目に見えないものがあり、こうした環境で私達は生活しています。

 

こうしたものの影響は科学的にわかっている範囲で、現在何も影響がないことが言われています。しかし、電磁波に関しては私達の体に影響し、昔は言われてなかったこの電磁波の体に与える影響が、現在では世界各国で取組がなされています。「電磁波過敏症」という病名ではありませんが、症状の名前、疾患として認められています。

こちらをご覧ください

 

 

こうした以前は言われていなかったことが、現在では影響があると言われるようになったのか?その理由に、

「自律神経の乱れた状態」という個々によって心身の状態が異なることがある為です。

 

それだけ現代の人は、心身共に疲れ、自律神経が乱れた状態の方が増えている表れでもあると思います。

 

キネシオロジーの筋力検査で、実際にはこうした電磁波の身体に与える影響があることはわかっています。自律神経が乱れた状態は、この影響が尚いっそう心身に影響を与えます。

 

こうした目に見えないものの影響を評価し、自身に影響を受けないようにしなければなりません。現代は、こうした自分でも気づいていない影響が要因で体調不良になっていることがとても多いです。

 

又、気分の変化、悩み、ショックなこと、このような精神的なストレスの影響がどれぐらい身体に影響を与えているか。これも自身が知って、回避、軽減しないといけません。

 

しかし、この精神的なストレスの身体への影響はあらゆる所で言われている反面、実際に自分でどう対処したら良いのか?具体的な解決方法が明確になっていないこと、病院でも指示がないこと、こうした「ストレスの取り扱いの問題」が個々によって異なることもあって、常にこうした影響下にさらされている方も多いです。

 

常にこうした影響は日々受け続けていることをまず知って、自分からで能動的に解決する方向に行けるようにサポートすることがこれからは必要不可欠です。

 

こうした様々な目に見えないものの影響もキネシオロジーという方法で評価し、個々が自らの症状の解決に向かう方向性を明確にします。

 

 

横浜ホリスティック治療室のことを詳しく知りたい方に

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から
徒歩1分