横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

(ご連絡受付場所、横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室)

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

キネシオロジーとは(定義)

症状別治療方法

横浜で「キネシオロジー」を受けるなら当院へ

キネシオロジーとは?

≪ 当院が行う キネシオロジーとは?≫

 

キネシオロジーとはどういうものか?

御説明をさせて頂きます。

 

 

 

 

キネシオロジーの定義

(定義とは、明解にそして正確に、

 あるものの意味を述べること)

 

 

キネシオロジーとは、

「脳や体、体内で起きる神経系の働きの変化(自律神経も含む)が

筋肉に表れます。その筋肉の変化とは「筋力の低下」という形で起き、

人体の誰もが持っている筋肉の収縮又は弛緩するといった人体の反応を利用した方法です。この反応を利用し、その方の本来あるべき理想の体の状態や心の状態に近づける為に必要なことを見つけ出し、それを元に

健康を害する問題を解決していく方法です」

 

例えば、自分に害がある物、又は合わない物は筋力が弱くなり、自分に必要な又はある物は筋力が強くなります。

 

これは物だけでなく、「人の言葉」、「人のしぐさ」、「見える物」、「聞こえる声」など、これらも私達の筋力の変化を起こします。

 

これらは一言で言うと、「すべてストレス」です。私達は、常にいろんなことに反応しているのです。

 

このあらゆることに反応している筋肉の変化を見ていくことで、その方の症状を改善する方法や生活の仕方、食生活などその方の今起きている心や体の問題の要因を見つけ出し、改善する方法を見つけていきます。

 

当院はこの方法を利用して、様々な症状に対応しています。

(例、身体的な痛み、張り、又はしびれ等、又はふらつき、めまい、

頭痛、耳鳴り、耳の閉塞感、不眠症、生理不順、更年期障害、恐怖症

パニック障害など、様々な心身の症状)

 

 

神経生理学や解剖学などの科学的な部分がベースになっています。

「神経の働きの変化が筋肉の筋力に表れる」

ということが、今までの概念にない事なので、

分かりづらいかもしれませんが、

実際にこうした「人体の反応」はあります。

 

 

 

もっと簡単に言うと、

「自分の思いや感情の変化、体の変化は、この筋力の変化に

表れるということです」

 

ですから「キネシオロジーという方法は、

自分自身について様々なことを知る為の方法」なのです。

 

 

 

 

筋肉の反応をみる事でその方の様々な情報を得ることが出来ます。

当院はこの検査法によって、現在の症状の要因を調べること

行います。(一般的にこの検査法を「筋力テスト」と呼ばれています)

 

この筋力テスト(筋力検査)について詳しくはこちらを

ご覧ください。

 

お調べした「症状の原因」をキネシオロジーの

様々な施術方法の中から選択し、

その方の現在のお体に合った施術方法を行います。

(キネシオロジーの施術方法について、詳しくはこちらから)

 

 

 

 

 

 

( 筋力テストが生まれた歴史 )

1960年代にアメリカのカイロプラクター、ジョージ・グッドハートDCが

患者の施術中に、発見した「筋力の変化」を元に考案した治療体系です。

人体は、「ストレス」があると「筋力に変化が生じ」、

筋力が弱くなったり、又は過剰に緊張することが起きる事が起き、

それは、「誰にでも起きる人体の一連のストレス反応」であることを

多くの臨床から、結論付けました。

 

人体に何かのストレスが加わる時(例えば、体に害となる科学薬品、

又は他人は平気な物でも、自分に合わない食べ物など、

又は自分がストレスになる事があると、実際に現在起きていなくてイメージをする事でも‥)

それらは、人体は「すべて同じストレス」と認識します。

その結果、人によって様々な「筋力の変化」を起こします。

 

「筋力が弱くなったり」又は、「過剰に緊張したり」

そのストレスに対する感受性によって、筋力の変化は異なります。

 

その為、「このようなあらゆるストレス」が慢性化するとそれが要因で、

脳や人体の神経機能に影響し、ホルモンの分泌、臓器の機能など、

様々な身体機能に影響を与え、病気に至る前の

「様々な症状」を起こします。

こうしたことが更に進むと、病院で診断される病気となります。

 

この私達に起きているの体の変化や感情の変化、又は日頃の食生活、生活習慣など様々なことから起きる体の変化を 筋力の検査をすることで、

何が身体に起きているのか、原因を明確にする方法が、

このキネシロジーの検査法です。

 

一般的にこれを「キネシオロジー」と言われています。

 

 

 

 

(キネシオロジーの歴史)

キネシオロジーとは、「キネシオロジーkinesiology=ギリシャ語のキネシ

(kinesis)“運動、動き”と、ロゴス(logos)“学問”を合成した言葉で、元々

はヨーロッパから始まった学問です。1960年代にアメリカのカイロプラティ

ックドクター、ジョージ・グッドハートDCが、患者を施術する際に発見した人

の筋肉の反応を確認したことが、現在のキネシオロジーの始まりとなってい

ます。

 

1967年には、世界で初めてキネシオロジー学科(身体運動科学科)がカナ

ダ・オンタリオ州立のウォータールー大学応用健康科学部に設置されました。

 

運動生理学や人間工学バイオメカニクス生体力学)、神経科学などが身体

運動科学分野の主要な学問領域であります。当初は医療家や治療家向けのもの

だったのですが、1973年にジョン・F・シー博士が、治療家向けのキネシオロ

ジーを一般家庭で使えるようにと簡単にまとめ、「タッチ・フォー・ヘルス」

という学問を作りました。これ以降、キネシオロジーは世界的に広がりを見

せ、今では、キネシオロジーは200種類以上にものぼり、世界の105カ国以上

で何百万人もの人々に活用されています。 (ウィキぺディア参照)

 

 

 

※筋力検査について(人の筋肉の力にある一定の圧力を加える事で、

その圧力に対して検査される側が抵抗することで、

その筋肉の力(筋力)の変化を「筋力の検査」という。

リハビリの現場でも、昔から使われていた「ケンダル法」を

元に考案された、ジョージ・グッドハートDCによって

作られた検査法です。

 

この方法で、心身で起きる症状との関連を探る道具として、

今も発展し続けています。

 

当院は、この「キネシオロジー」という筋力検査を行い、

症状の原因を明確にし、その方に最適な施術方法を選択して、

症状を改善します。

※キネシオロジーで行う検査法(筋力検査)に

 ついて詳しくはこちらもご覧ください

 

※キネシオロジーについて、もっと詳しく知りたい方は

こちらをご覧ください(歴史、この方法が出来た経緯が記載されています)

 

 

 

 このように体に起きる症状には、

 様々なストレスが心身に影響することを

 知ることが必要です。どのような「ストレス」があるのか

 それは、以下のようなストレスがあります。

 

 

 

 

 (主なストレス)

・過去の事故や外傷

精神的なストレス

・肉体的なストレス

・日常摂っている物の影響

  (化学物質や普段食べている物で、自分に合わない物の影響など)

・自分に今必要な栄養素の不足

・仕事や家事の日常の生活の忙しさによるストレス

・今まで服用してきた薬の影響など

 

 

 

 

  これらが、心身に与える影響を筋力検査(筋力テスト)

  によって評価し、その心身への影響をなくす為に

  その方に必要な施術方法を 

  その方のお体の状態によって変え、

  あらゆる方法から選択し、

  その方の今のお体に合った方法で改善していくことを

  当院ではキネシオロジーの方法を使って行っています。

 

 

※もう少し詳しく知りたい方は

こちらをご覧ください

 

 

 

 

(主に施術に使われる手技)

 

(経絡治療、リンパ循環、血管循環の反射ポイント、

 筋紡錘やゴルジ腱の修正、筋膜リリース、靭帯ストレッチ、

 靭帯連鎖、神経リンパ循環、神経血液循環の反射ポイント、

 感情反射ポイント、感情の解放、各臓器の機能を高める手技、

 頭蓋仙骨療法(硬膜治療)、リアクティブ、

 アネロビックエアロビック、逆行性リンパ、回盲弁の修正、

 裂孔ヘルニア、各膜の修正(横隔膜など)など

 

 

 

 

 又は生活全般のご提案も致します。

※症状を起こしている要因が、御自分の生活の中にあることも

多いです。その為、いくら施術をしても

症状が改善されないことがあります。

そのような方は、

「生活を見直して、改善することが症状を改善します」

その為、その方の症状を改善する為に、

今のお体に合った生活改善の方法や食生活を

筋力テストでお調べして、

その方に合った生活の仕方、食事で何の栄養素を摂る事が

今のお体に最適か、これらのご提案を致します。

ご自分の生活にこれらを組み込むことで症状が改善されます。

 

 

※「自分に必要な栄養素を摂る」ということは

  どういう事なのか?

  詳しくはこちらからご覧ください

 

 

※「綺麗なお水をたくさん摂ること」の理由については

  こちらからご覧ください

 

 

※ご相談も受け付けております。気軽にご相談ください。

ご相談、お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

 

(生活習慣)「水の摂取、汗をかくこと、体を温める事、

      運動(どのような運動が必要か?)、

      休息をする事、睡眠時間、電磁波の影響をどうするか、

      など」

 

 

(食生活) 「今の自分に必要な栄養素を摂る事、

       自分に合わない物を一時的に摂らない事、

       主食の摂り方を変える、腸に溜まった重金属を

       出す為に摂る物の必要性など、明確にする」

 

 

 

 

その選択された方法(手技又は生活習慣を変えたこと)によって

 もたらされた心身の変化を再び筋力検査(筋力テスト)で

 評価し、これによって体が変わっていく変化を筋力検査で

 評価し、体の状態に合わせて手技又は生活の仕方を変えていく事を

 提案して、体の変化を追っていき、改善していきます。

 ※体や気持ちの部分は常に変化します。施術、又は生活を

  変える事で、変化していきます。この変化が起きる事が

  改善には必要です。それを常に確認する事が大切です。

  その為に、筋力検査を行う事はとても効果的です。

 

 

 

 

この改善の結果は、心身の関係性を明らかにするものであると

同時に、起きている症状の原因が明確になれば、

 人間の体は自らの治癒する能力によって改善することが

 わかります。

 

 当院では、この自分の体で治癒する能力が低下した状態を

 治癒できるように、手助けをします。

 

 

 

 

 キネシオロジ―という方法は、神秘的な感じやスピリチュアルな

 印象を持たれている方もいますが、この方法は過去の先人の科学者達によって

 築かれてきた自然界や人体や他の動物、植物などの研究でわかってきた
 法則性に基づいた科学的な方法です。

 

 キネシオロジ―の語源は、ギリシャ語の運動を意味する「キネシス」からきています。
 元々はギリシャ時代からの運動を研究する学問から初まった学問でした。

 

 この学問に、アメリカのカイロプラクティックドクターである、ジョージ・グッドハート

 DC(ドクターオブカイロ)が患者を治療の際に発見された、

 筋力の変化がキッカケとなっ独自の発展を遂げました。

 

 

 人体には何らかのストレスが加わると、体の筋肉の筋力が弱化、又は過剰に緊張したよう

 状態になります。

 

「人体に起きる様々なストレス(薬物、添加物、などの化学物質、暑さや寒さ、

 湿度、気候の変化、又は精神的なストレスなど)が加わると、

 筋肉が弱化、又は硬直したように筋肉が固まったようになる反応が起きます。」

 

 

 

 

 このような人体の反応があることは、まだ多くの方に知られていません。

 しかし、これは私達人間が進化の過程で身に付けた能力の一つであり、

 私達は触れる物、口に入る物など、人間関係を築くことなど、

 環境に接する行為によって、様々な外部の環境に適応する為に、

 このようなストレス反応が備わったと考えられます。

 

 この誰にでも備わった能力の最大の特徴は、

 無自覚のストレスをも感じとっているということです。

 体が勝手に反応してしまうことに、驚きと人間の叡智を感じます。

 私達の脳も含めた身体は、自ら身を守ること、身の危険(ストレス)になることを

 常に感じとっています。

 

 この人体へのストレス反応を利用した、筋力検査がキネシオロジーの筋力検査です。

 この筋力検査で、私達の体で起きている変化の要因(症状や病気が起きる要因となる原因)

 を知る方法として、使われるようになりました。

 

 この誰にでも備わった能力を使って、その人の症状の原因や病気の原因を知り、

 自らの自然の治癒する力を活かせる方法を選択して、

 その方に合った方法で、効果的に症状を改善していきます。

 

 

 

 

 ストレスには様々あります。以下がストレスの種類です。

 

 (様々なストレス)

 

 ・気温の変化、気圧の変化、湿度の変化などの外環境の変化

 ・化学物質(薬品、食品の添加物、化粧品、シャンプー、大気汚染など)

 ・電磁波 (携帯電話、パソコン、コピー機、テレビ、オーディオなど)

 ・精神的なストレス

 ・労働過多(仕事、家事、人間関係の付き合いなど)

 ・過去の事故や外傷、スポーツ障害

 

ストレスによって起きる、私達の体の反応、又は影響は?

  (様々なストレスによって起きる心身への影響)

 

 1、身体の構造(体の歪み)(硬膜の機能障害)(筋肉、筋膜、靭帯)の機能不全。

 

 2、体内環境(臓器、リンパ循環、血管循環)の機能低下又は不均衡。

 

  (細胞又は基質で起きる化学現象)

  「細胞又は基質に流入出する栄養素の不足や過剰、

   又は水の不足による細胞、基質の不均衡、

   又は様々な化学物質などの影響による細胞、基質の不均衡」

 

3、生活習慣「偏った食生活、運動不足、又は過剰、睡眠不足、休息の不足、余暇の不足、

   活動意欲の低下、生活の仕方の偏り(とても忙しい生活、又は怠惰な生活)」

 

4、感情的、心理的な変化によって起きる精神の不安定。

 

5、エネルギー(東洋でいう「気」の流れ)の不均衡(エネルギーの過少過剰)。

 

 

 このような様々なストレスによってもたらされた要因により、

 心身の変化15を筋力検査(筋力テスト)によって評価します。

 筋力検査(筋力テスト)をするのは、様々なストレスの影響は、

 殆ど無自覚に筋肉に現れる為、自分でも気づいていない影響を知る事になります。

 これは客観的に心身のバランスを崩す要因を知る事になり、

 現在起きている症状の根本原因を解決する為に必要です。

 

 又、これを知ることで、健康を維持する為に、「自分に何が必要なのか?

 または、何を取り除かないといけないのか?を知る事にもなり、

 とても心身にとって有益です。

 

 

 15の状態は、ホメオスタシスの低下が起きることがあり、一般的に言われている

 免疫力の低下を起こす要因となります。免疫力を高めることにもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から
徒歩1分