横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

頭や体が揺れる症状

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長

国田康二と申します。

 

「頭や体が揺れる症状」で悩まれている方が、

ここ数年でとても増えています。

 

(2010年ぐらいからこの症状が増えてきた印象があります。)

「頭や体揺れる」「ふらつく」「ふらふらする」といった、

めまいとは一言で表現できない症状をお持ちの方の問い合わせが増えています。

 

この「頭や体が揺れる症状」がなぜ起きるのか?

この原因と改善方法について、させて頂きます。

 

頭や体が揺れる症状の原因と特徴

このような頭や体が揺れるという症状の方には、

視覚や聴覚の症状も併発されている方も多く、

耳鳴り耳の閉塞感見える物が斜めに見える

聴覚が過敏でガサガサと音が聞こえる症状など)

様々な症状が複数起きている方もいます。

 

このような症状の要因には、

共通の問題があります。

それは「硬膜の状態」です。

 

この硬膜とは、脳と脊髄を覆った膜で、

この部分が脳と脊髄に密接に関わっています。

 

その為、この部分の問題が生じた時の多くが、重症な症状を起こすことが多いです。

 

五感に関係する症状

を起こし、感覚的な様々な症状を

起こすのが特徴でもあります。

 

(たとえば、目、耳、鼻、喉、平衡感覚などの感覚に関係する場所)

 

この問題が起きた時には、このような感覚的な症状が起きてしまう事が多い為、

硬膜の問題が発生した部位によって、

「様々な異なった症状が起き、お一人お一人の感じる感覚も違いますので、

「言葉で表現をされること」も異なることが多いです。

 

(以下が、実際に患者様が言われる、その例です)

 

「船に乗っているような揺れている感覚」

「地震が起きているように揺れている感覚」

「頭がグラグラ揺れているような感覚」

 

といった様々な体に感じ方で言われる症状が、違ってきます。

これが、「頭や体が揺れる症状」の特徴でもあります。

頭や体が揺れる症状の原因となる硬膜と脳幹の関係

この「頭や体が揺れる」といった平衡感覚に異常を感じる方は、

「視覚の症状」「聴覚の症状」を同時に併発している場合もあります。

 

 

 

視覚の症状でいうと、

とても特殊な症状である視覚の症状見えるものすべてが斜めに見える」症状

抱えておられる方もいます。

 

 

また、聴覚の症状でいうと

聴覚の症状「耳が塞がったような、耳がこもったような詰ったような耳の閉塞感」症状

抱えておられる方もおられます。

 

この「硬膜の問題」が関係している事が非常に多いのは、

硬膜の問題が、脳全体に影響する問題であるからです。

 

 

 

 

 

硬膜とは、脳と脊髄を覆った膜で、膜内は脳脊髄液という液で満たされており、

その中に脳と脊髄が収まっています。

少しイメージしづらいかと思いますが、イメージとしては、この脳脊髄液の中に

脳と脊髄がプカプカと髄液の中を浮いて、収まっている状態です。

 

構造的には頭蓋骨、頸椎123番に付着し、お尻の尾てい骨にも付着し、

ちょうど「頭の先とお尻の端(尾てい骨)まで」膜が繋がっている構造です。

「頭から尾てい骨まで」の体の端から端まで繋がったようなものなのです。

 

 

 

その膜の中に脳と脊髄が入っている為、

「硬膜の位置の変化によって脳や脊髄に与える影響が異なります。」

 

 

頭や体が揺れると言われる症状をお持ちの方の殆どが、

この硬膜が緊張していたり、捻れています。

 

 

この硬膜が緊張したり、捻れると脳と脊髄に影響を与えますが、

特に脳の一部である「脳幹」という部分に影響を与えます。

 

この部分は私達が生きる為に最低限必要な働き、

「呼吸」「血圧」「体温」「心臓の働き」などをコントロールする部分であり、

「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「平衡感覚」などの五感に関係する部分の神経も

司っている部分でもあります。

 

その為、硬膜が緊張したり、捻れたりすると、

この「脳幹」の部分に構造的にストレスが起きやすくなります。

 

このような、「頭や体が揺れる症状」のお持ちの方の多くが、

様々なこと(生活習慣、食生活、精神的なストレス、

過去の事故や外傷、幼少期のトラウマ、今までの薬の影響など)が

複雑に関係し、硬膜に影響を起こし、

「頭や体が揺れる」という感覚の症状を起こします。

 

 

この症状を改善するところまで至るには、

「その方の症状を起こしている原因」に対して、「適した方法」が必要になります。

頭や体が揺れる症状と精神的なこととの関係

「頭や体が揺れる症状には、

その他に、「精神劇なこと」も大きく関係します。

 

鬱的になったり、ネガティブな気持ちが多くなると

頭や体が揺れる症状が、起きやすくなるのです。

 

「頭や体が揺れる症状」を改善する為に必要なこと

頭が揺れる症状と「鬱的な気分が関係することもあります」

 

 

 

先程の項目でお話しした、

人によって揺れの症状の出方が違うことですが、

「どんな姿勢でも揺れる」方と

何かの姿勢「座っている時や立っている時にだけ揺れる」という方がいらっしゃいます。

 

まず、姿勢によって症状の出る方は、

硬膜の状態の緊張や捻れの部分が異なる為だと考えられます。

 

それによって、脳(脳幹の部分)に与える影響が異なってきます。

又、硬膜の状態によって、視覚に影響するのか、

聴覚に影響するのか、平衡感覚に影響するのか、

異なってきます。

 

一方、「いつもどんな姿勢でも頭や体が揺れる症状が、起きている方」は、

この硬膜の問題に加えて、「感情の問題」と言われる「ある感情に捉われている状態」

関係しています。

 

 

「脳幹」以外に脳(前頭葉都言われる脳の前側部分)は、

「このような精神的なことの影響を受けてしまう部分です。」

 

この部分は、「思考や判断、理性など」人間としての本質を支えている部分でもあり、

この部分が混乱すると、「ある感情がいつまでも離れない状態になり」

その影響は「硬膜にも影響する」と考えられます。

(頭や体が揺れる症状を抱えておられる方は、精神的な悩みや過去の人間関係、

 親子の関係等、ネガティブな感情を長い期間思い続けていた方が多いです)

 

 

又は「硬膜」の状態から、頭蓋骨の神経の通る穴の部分への影響なども、

「鬱症状」「判断力や記憶力の低下」など、

精神的な症状を起こす事もあります。

 

このように構造上、脳にも影響すること、それに加えて「精神的なこと」の

構造的なことではないことも大きく関係します。

 

このようなことが起こす要因になると考えられています。

頭や体が揺れる症状は「構造的な問題」「精神的なこと」
又は「生活習慣」「ストレスの影響」等様々なことが要因

このような、「頭や体が揺れる症状と精神的なこと」との関係は、

多くの患者様の状態を観察することでわかったことです。

私の臨床上、このような関係性を持った方が非常に多かったのです。

 

頭や体が揺れる症状は、硬膜という構造上の問題に加えて

ストレスといった精神的な部分が複雑に組み合わさって

起きていることが、昨今とても増えています。

 

ストレスに関してはこちらをご覧ください

 

精神的なストレスを改善する為の方法に関しては

詳しくはこちらからご覧ください。

 

 

現代社会にストレスが多い事、

それに加えて一人一人の生活スタイルが異なる事によって、

症状も複雑になっている事も感じます。

 

ですから、症状が何から起きているのか?

これを体の構造的なことだけでなく、精神的な面や食生活、生活習慣、

又は普段のストレスの影響など、広い範囲から分析することが

とても重要になってきています。

 

個人個人ことなることを考慮して、「原因を明確にすること」が

を改善する為に必要不可欠なのです。

 

 

 

的確に症状の原因を見つけ、

もし複数の問題が関係しているのであれば、

一つ一つの原因を改善していくことでが大切です。

 

この頭や体が揺れる症状は改善できる症状であることを

知って頂ければと思います。

 

 

 

お悩みの方は気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

ご連絡下さい。

頭や体が揺れる症状や平衡感覚異常の改善症例

その他「硬膜」「平衡感覚のこと」については
下記からもご覧ください

頭や体が揺れる症状が起きる要因について、詳しくは
こちらからご覧ください

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

オンライン受付時間
(9:00~17:00)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分