横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

雨が降ると肩や首が張る症状が起きるのは

 

雨が降ると「肩や首が張ってきたり」「疲れやすくなったり」体調が崩れる方がいます。

この雨が降ったり、前日に気圧が変化してくることが、体の変化(だるかったり、肩や首が張ったり、頭痛がしたりなど様々な症状を感じること)によって、体調が崩れるのは、体の細胞の中にある基質という部分と
関係していることがあります。 (※右上の図で⑪が基質です)

 

 

基質とは、細胞と細胞の橋渡しをして、栄養の供給や
神経やホルモンを通じて、細胞同士のやり取り、コミュニケーションを
促している膜の部分です。
 

 

この基質は、

外部の環境にうまく適応する為に働き、ホメオスタシスという
私達の体を常に環境の変化に対応する為、

私達の体を中庸(常にかわることなく、かわらない状態)に、

促しているシステムの中心的な役割にあり、

体の中の働きを調節しています。

 

 

この調整系の働きが、私達の生命を支えているとも
言えます。

常に細胞間でコミュニケーションを

行い、新陳代謝する(新しい細胞を作り出すこと)ことで
この持続的な健康な体の状態を保っていられます。
 

 

 

しかし、慌ただしく忙しい生活や悩みが多い人間関係、
自分に合わない食生活の影響は、
次第に私達の体のホメオスタシスを
低下させます。


その影響で、私達は、

いつのまにか体が天候や湿度、気温に

適応できなくなってしまいます。
 

 

当院は、キネシオロジーという方法で、

この基質に働きかけ、細胞間でのコミュニケーションを

適切に出来るように促します。

 

その為に、その方の食生活や生活習慣に何が一番最適なのか?

お調べして、体が常に環境に適応できるように

促します。

 

ホメオスタシスが低下してしまうと体では「肩首や背中、腰など」様々な部分の筋肉の状態に影響します。それが慢性化すると「耳鳴り、ふらつき‥」自律神経症も起きるようになってしまいます。詳しくはこちらからもご覧ください

ホメオスタシスが低下して様々な症状(肩や首、背中、腰の慢性的な痛みや張り」を起こしていた方の症例はこちらからご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分