横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

頭がグラグラする症状が起きてしまう要因とは

症状別治療方法

頭がグラグラする症状が起きてしまう要因とは

 

頭の中がグラグラして、

体が揺れているような、

脳で何か起きているような症状を

言われる方がいます。

 

 

 

 

 

最近、この「頭が揺れる」「頭の中が飛び出そう」

とか「頭の中で何かが起きているような感覚」

という症状を言われる方が増えています。

 

 

 

 

病院に行っても、MRI、CT等の画像検査で、

脳には何も異常がなく、

又は医師に言っている症状が理解されない事も

多く、心療内科にまわされたりして

精神が疲れていると思われてしまうことも多いそうです。、

 

症状がどうして起きているのか?

 

 

このような症状の方は、どうして良いのか?

何処に行けば自分の症状が改善されるのか?

何処へ行けば良いのかわからない状態になっている方が

殆どです。

 

このような症状の方の共通の問題は、

硬膜という脳と脊髄を覆った膜の

問題があることです。

※詳しくはこちらをご覧ください

 

※「平衡感覚の異常(フワフワする症状)」の方の改善症例です。

詳しくはこちらをご覧ください

 

※「歩いていて足元がフワフワする症状」の方の改善症例は

こちらからご覧ください

 

 

このような

「頭がグラグラする症状」又は「頭や体が揺れる症状」など

平衡感覚の異常と思われる症状の方が

多く来院されるようになり、

こうした症状の要因にはいくつかの共通点があることがわかりました。

改善するところまで治療した経験もあります。

 

精神的な部分と今までの生活、食生活も関係する

複雑な状態です。

 

このような症状を改善する為に必要な事は、

起きている要因が様々なので、

原因をまず明確にすることです。

 

 

当院でも難しい状態の方もいます。

そうした方は、初診でこちらで難しい問題に精通した、

他の専門の方をご紹介しています。

まずは、いち早く症状が起きている要因を

知る事です。

 

 

頭や体が揺れる症状に関してはこちらをご覧ください

頭や体が揺れる症例①は、こちらからご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

このような症状の原因は、

身体的な問題ではなく、他の問題から起きています。

 

生活習慣、食生活、人間関係のストレス、

過去の事故や外傷、長年飲んでいる薬の影響、

過去のトラウマ。。。様々な要因があります。

その方にこれら問題が複数起きていることもあります。

 

これら要因を一つ一つ改善する事が

大切なことです。

 

 

 

 

こちらに来られる方は、多くが病院で原因がわからないような

症状があり、長年改善されないでいる方が多いです。

※ご相談、お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

めまい頭や体が揺れる耳鳴り耳の閉塞感

最近多いのは、視覚の症状で「見える物が斜めに見える」など

そして、急に息苦しくなる頭の中がおかしくなっている感覚など

病院では理解されない症状が多いです。

 

 

 

このような症状が起きるのは、

ストレスによって、脳が混乱した状態になってしまうことに

要因があります。

 

脳がストレス状態になることについて

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

症状の主要な原因には、

過去に思ってしまった感情によって起きる、

過去の記憶と関係していることもあります。

 

 

 

こんな事を書くと、こんなことが本当にあるの?

と思う方も多いと思いますが、

事実、現場で起きている事しか

ここには書いていません。

 

 

 

 

 

 

幼少の頃の親との関係が要因となっている方も多いです。

赤ちゃんから6歳までの間に、脳の形成は急速に進み、

脳の基本的な構築が完成して、この頃までの

子育てがとても重要だと言われています。

 

 

この時期に、親の愛情を感じること(抱きしめられたり、

親の思いを感じる言葉を聞くことなどが、とても大切なようです。

同時に子供は親のしぐさ、態度を見てこれを確認しています)

が、とても重要で、親が子供に愛情をそそいでいると

思っていても、子供がどう受け止めているか?

これがとても重要です。

 

 

 

 

 

そして、子供は親どうし仲が良いのか?

親が日常で何をどう思っているのか?

このようなことをいつも気にかけています。

 

 

子供が親に気を使うという状態があったり、

愛情を思う存分感じられない状態は、

子供が、ネガティブな感情を思ってしまう傾向があるようです。

さらに、この思いを幼い頃は言えないという状況が、

多いようで、感情のしこりとなって残ることが

とても多いです。

 

感情の影響に関してはこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

これが、ある年齢になって、

いろんな現実に遭遇するh美の出来事で、

この時と同じような感情を抱くことがあると、

この過去の記憶を無意識に思い出してしまい、

それが症状を起こすキッカケになります。

 

 

それが、とても辛かった思いであれば、

おそらく視床下部を含めた、脳全体が混乱した状態になり、

いわゆる脳がストレス状態になってしまうと考えられます。

 

 

 

このような「揺れの症状」が起きる方が、年々増えているのは、

多くの方が幼少の頃からストレスを

感じてきているからではないかと思います。

 

時代背景や社会情勢など、様々なことが

関係していた時期だったのかもしれません。

 

幼少の頃の子育てがとても大切で、

この時期、にどれだけ愛情を受けたか、

この体験が大きいことを表しています。

 

 

 

 

この脳に関する事は、脳科学の分野でここ数十年の

間にとても研究が進んできました。

 

ですが、まだ実際の医療現場では、取り入れるに至っていません。

それは、精神的な部分の事は、「心療内科」、

脳の事は、「脳神経外科」、腎臓の事は「泌尿器科」等と、

すべて体の部分を別個に考えた治療が行われていることが、

関係していると感じます。

 

起きている症状に対して、

広い範囲(身体から感情、過去の事故や外傷、生活習慣

食生活、今までの薬の歴など、その方の個人的な事が

症状にすべて反映されるからだと思います。)から

体を診るということがなされていない事にあります。

 

 

当院が行う、キネシオロジーとは、

現在、脳の事で科学的にわかっている事、

肉体と神経を繋ぐシステムである神経生理学の理論を

取り入れ、それだけは説明できなかった部分である、

心と肉体の関係性を東洋医学的な観点からも見る事で、

今まで理解できなかった様々な症状の原因を

解明してきて、学問となっているものです。

 

 

すべてのことに、要因があるということを前提に、

追究されて作られた方法です。

 

原因がわからないで悩んでいる方の助けになる

方法だと思います。お悩みの方はご連絡下さい。

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分