横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

顔や目の周辺の痛み、生理前に気持ち悪くなって吐いてしまう症状の改善症例

症状別治療方法

顔や目の周辺の痛み、生理前に気持ち悪くなって吐いてしまう症状の改善症例

(症例)

Sさん 女性 30代

 

 

 

 

 

(症状)

 

・3年ぐらい前から、首肩の痛み張りと

 首の前側の部分の張り(鎖骨にかけて)

・右目の周り、右の頬の部分の痛み

・頭痛

・生理の前に気持ち悪く吐いてしまう。

 

 

 

 

 

(治療経過)

お話を伺うと、

「右の目の周辺、右の頬の部分に痛み」

「顔の痛み症状」があり、

生理前、生理中になるとこの痛みが強くなることもあると言われていました。

 

いろんな整体やカイロに通っても症状が改善されない

ということで、知り合いの方からの紹介で来院されました。

 

生理前に気持ち悪くなることも多く、頭痛も度々あり、

これらも改善したいと言われていました。

 

こちらの検査で、感情の問題が原因だということがわかり

感情の解放の施術を行いました。

 

※感情の問題の治療については

こちらからご覧ください

 

 

 

 

 

※綺麗なお水をたくさん摂ることの必要性についてはこちらを

 ご覧ください。

 

 

 

 

 

(普段の生活の影響が「顔の痛み」を起こす)

この方のお体をお調べしていく過程で、

症状を改善する為に、この方の体に不足している栄養素があり、

この栄養素の不足が「顔の痛み」を起こしていることもわかり

普段の生活でこの栄養素を摂っていただきました。

 

更に、お水の摂取量も不足しており、

綺麗なお水の量を1日1ℓ~1,5ℓを摂取することを

して頂きました。

この方は、お水を今まで殆ど摂っていなかったようで、

これも症状を改善することを妨げていました。

(いつもお茶かコーヒーのみで、お水は飲まない日もあったようです。

 このような女性はとても多く、このようなお水の摂取量が

 体を改善する為にとても大切です))

 

 

以下がこの方に、ご提案した詳細です。

 

 

セロリ(又はきゅうり)、ニンジン、ホウレン草、

トマト(又はカボチャ)春菊を摂ることを実施してもらいました。

 

 

 

※このような自分に不足している栄養素が要因で

症状を起こしていることは多いです。

この為、この方のように、いろんな施術(カイロ、整体、鍼灸など)

をしても症状が改善されない事があります。

 

 

 

お水の摂取は、まずは、少しずつ摂って頂きました。

このようなお水を飲んでいない事で、リンパ循環が悪くなっている方も

とても多く、これが体調を崩す要因となることも多いです。

 

 

合計4回の治療で改善されました。

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分