横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

同じ姿勢をしていると痛みが出る症状

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長 国田康二と申します。

 

 

座っていたり、立っていたり、

横になっていたり(仰向け、うつ伏せ、横向

きなど)など

 

同じ姿勢をしばらくしていると

又は長い時間同じような姿勢をしていると

腰の痛みや肩の痛み、背中の痛み、

首の痛みなど様々な部分に痛みが出る方がおられます。

 

これはなぜ起きるのか?

この事について、ご説明させて頂きます。

 

同じ姿勢していると痛みが起きるのは「リンパ循環が悪い」ことの表れ

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

「同じ姿勢をしていると痛みを感じる人」は、

多いです。

 

長くこの症状がある方は、「ご自分の痛みがどんな時

に起きるのか?」徐々に気づき始めるからです。

 

”どんな時に痛いのか?”

”どんな体勢になると痛みを感じるのか”

 

これがわかってくるのです。

 

※同じ姿勢でいる事で痛みが起きる要因には

「持続的な過剰に緊張した筋肉の影響」が要因となることがあります。

 詳しくはについてはこちらをご覧ください

 

 

この症状が特徴的なのは、(人によってですが)

身体を動かしていたら、

歩き始めは痛いけど、「歩いていたり」、「体を動かしていると」、

この様々な痛みがなくなることがある

ことです。

 

もし、 

体を動かす事で「痛みが少しでも軽減するようであれば」、

筋肉を動かすことで、その周りの

リンパ管の循環を良くすることがあります。

(筋肉がポンプの役目をする為です)

 

体を動かすと「リンパ循環」が良くなる為に

痛みの軽減されることが起きるということです。

 

言い換えると、体が動いていない状態、

じっとしている状態(同じ姿勢)に痛みが出る

ということは、

 

この「リンパ循環」が悪いことで、

肉体に何らかの影響が起きている表れです。

それが「体の何処かに痛みが起きる」ことがあるのです。

 

リンパの循環が悪いのです。

 

 

同じ姿勢をしていると痛みが起きるのは「筋肉が硬くなり、ちゃんと機能しなくなるから」です

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

このように、リンパ循環が悪い状態は、

「体の痛みの表れ方」に違いが生まれるので

す。

 

痛みとは、「神経の働き」と関係がありま

す。痛みは脳で感じるわけですが、

その痛みは必ず神経を介しておきます。

 

痛みがあるのは、何か原因が体で起きおり、

それが、神経に影響を与えているのです。

 

その原因が、「リンパ循環が悪いこと」でも

神経の働き作用して、神経の働きを低下させてしまうのです。

 

この原因とは、リンパ循環に滞りが起きることが原因であることが多く、

それによって、今度は筋肉にも影響してしまい、

筋肉がちゃん機能しなくなってしまうのです。

そして、

この状態が長く続くと、痛みとなって表れるということなのです。

 

 

 

ここからの話は、

今までの医学の概念にない話ですから、

不思議に思われる方もいるかもしれませんが、

私達の体は、医学で言われているようなことだけで

機能していないという事です。

 

 

「リンパ循環」が悪くなることで、

神経の働きがおかしくなるということで、

その影響が肉体(筋肉)に表れ、

痛みを感じるということが起きてしまうのです。

こういう事が私達の体で起きているのです。

 

「神経の働きと筋肉の関係性=痛み」

ということに関しては、

医学でもハッキリとわかっていません。

(※リンパ循環の滞りは、神経の働きを介して、肉体(筋肉)に表れます。

  これはアメリカの代替医療という分野の研究でわかったことで、

  西洋医学とは異なる見解を持っています。この相違には、体が元々持っている

  自然治癒力を生かす方向から考える代替医療と外部から投薬、手術を考える

  治す方向性の違いにあります))

 

同じ姿勢をしていると痛みが起きるのは「精神的なストレス」も関係することがあります

ストレスが多くなることで、「同じ姿勢をしていて痛みが起きる症状」にも変化を与えます。

さらに、私達が精神的なストレスを感じる

と、体に痛みや張りを感じやすくなる事が

あります。

 

 

これは、私達が経験的に知っている事です

が、精神的なストレスが多くなったり、

ストレスを感じることが多くなると

 

「同じ姿勢をしていると痛みが起きる」症状を強くさせることがあります。

これが、慢性的ななかなか痛みが改善されないとな理由となります。

 

私達の体は、肉体と気持ちなどの精神が相互に作用して、

様々な痛みや症状を起こします。

 

 

このような症状の方はとても多く、

多くの方の「リンパ循環」が滞っていることに加えて、

ストレスも影響しています。

 

 

このような症状を改善するには、

まず「綺麗なお水の摂取が必要です。」

「綺麗なお水を飲むことが大切な理由は、

  こちらをご覧ください」

 

同じ姿勢で痛みがある症状には「綺麗なお水も必要」

綺麗なお水とは、「亜硝酸態窒素」という物質が入っていないお水のことです。
この成分は体に害を与えます。

このような

「同じ姿勢をしていて痛みが起きる症状」

は、体への施術、治療だけでは根本的な改善

は難しいことが多いです。

 

 

ですから、「綺麗なお水」(できれば、

亜硝酸態窒素が入っていないお水)

普段の生活で多く飲む事も、

必要になるのです。

当院(横浜ホリスティック治療室)は、キネシオロジーという方法を

使い、その方のお体の状態を調べる方法を行っています。

この検査によって、なぜその方に症状が起きているのか?

まず、この要因を調べる必要があります。

 

※キネシオロジーに関してはこちらをご覧ください

 

 

 

「同じ姿勢をしていると痛みが起きる症状」に限らず、

様々な症状がなぜ起きているのか?

これを明確にしないといけません。

 

 

キネシオロジーという方法は、、

症状の原因を、「肉体的な問題」から、「過去の事故や外傷」、

または「臓器的な問題」、「精神的なストレス」、「生活習慣」、「食生活」

など、様々な要因からお調べして、その方の今のお体に合った方法を

選択して、施術、又は生活の中に取り入れる事

改善していきます。

(例、先ほどお話したお水の摂取量を増やす事なども、その一つです)

 

 

どうしても良くならない症状がある方はご連絡下さい。

※ご相談、お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

同じ姿勢をしていると痛みが起きていた方の改善症例

「同じ姿勢をしていて」、足に痛みが出る方もいます。年齢を重ねると起きやすくなる方が多いです。

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

オンライン受付時間
(9:00~17:00)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分