横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

視床下部の働き(自律神経)

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長

国田康二と申します。

 

自律神経の働きとは、体にとってとても重要な部分

です。

この自律神経が、視床下部という脳の中にある部分

と関係しているご説明をさせて頂きます。

 

病院でも原因がわからないと言われる症状が、

この「自律神経の状態と大きく関わっています。」

体のことをより知って、普段の生活に役立てて頂きたいと思います。

 

 

視床下部が私達の体を常に良い状態に保ってくれている

視床下部は、体温の調節にも大きく関係しています。もし、寒がりであれば、何か「視床下部」に影響していることがあり、
自律神経の働きが、うまく働いていない

視床下部とは自律神経系の最高中枢として、

体の中、又は外の環境(気候の変化、気温の変化、

湿度の変化に対して)に対して体が常に良い状態を

保つ為に必要な脳の部分です。

 

私達が、普段何も意識していないのに、

「呼吸ができて」「血液が上手く流れ」

「食べた物が消化されたり」「血圧が一定に保たれること」

「体温を一定に保つ」又は「食欲」「性欲」の部分も。

こうした働きは、自律神経のお陰ということです。

 

生体の恒常性(内部環境を一定の状態に保ちつづけ

ようとする傾向のこと)を保ち、内外の環境の変化

に対して、常に安定した条件で生命を維持しようと働きかける

性質を持っています。

 

この外の環境の変化に対してどのように体が反応するかというと、

呼吸や血圧などの調節以外に、自律神経が支配するのは、全身の筋肉、血管、分泌腺などです。

これらの場所に対して、私達の体は無意識に作用します

しかし、これらの体の働きがストレス長年の悩み、又は身体的な疲労が長く続くと

私達の体は、「体の感じ方に変化を起こします。」

それが、普段の生活で感じられる変化で起きるのです。

普段何気なく生活をしていますが、見たり、聴いたり、匂いを嗅いだり、舌で味を感じた

り、など普段は何ともないこうした生活の営みに変化が起き始めます。

「いつもと変だな。。」と感じることが、多くなってきます。

このように、自律神経の働きが乱れ始めたら、こうした様々な五感の働きに影響します。

 

自律神経の中枢は視床下部ですが、視床下部は大脳辺縁系大脳皮質

という「感情をコントロールしたり、理性や判断に必要な部分」から

直接的・間接的に影響を受けていることもあります。

(大脳辺縁系とは、感情を生み出す場所でもありますから、

 精神的なことの影響を受けてしまいます)

 

・大脳辺縁系「本能的欲求(食欲、性欲など)や情動(感情)をつかさどる場所」

 

又、ある出来語が起きたり、人間関係のトラブルが起きると、

こうした外部からの刺激によって、ある情動(感情の変化)が生じると、

大脳辺縁系から視床下部に情報が伝わります。

れにより視床下部は、「この出来事に対処しようとして」

自律神経の働きに、変化が起きます。

聞いたことがあるかと思いますが、「交感神経(興奮した時や活動的な時に働く神経)」

の働きが、活発になります。

これは、現在の状況に対して、「適応する為に」身体の各器官に、

今の状況(ある出来事が生じた状態)に合わせた働きをするように

適切な指令を出します。

 

これで、ある出来事に対応することが出来るのです。

 

このように、私達は日常で起きる出来事に対して、常に自律神経が働いて、

今の状況に一番良い状態を保とうとするのです。

しかし、この「ある出来事がなかなか解決しないと、交感神経がずーと働いた状態になります」

これが、体に大きな問題となってくるのです。

 

この次の項に、「こうした状況が長く続いた時の、体への影響」について、

ご説明させて頂きます。

 

 

 

 

 

視床下部は「ストレス」の影響を受けると
(働きが悪くなる)

心理的なストレスは、視床下部の働きを低下させて、「自律神経の乱れ」を
起こしてしまいます。

しかし、ストレスを受けると、

この自律神経の働きがいつものように働きづらくなって

きます。

この状態が長く続くと、「目や耳の働き」、

「平衡感覚」などの感覚に影響します。

最近では、「病院でも原因がわからない症状」である、

「視覚の異常」「聴覚の異常」「平衡感覚の異常」などの

様々な奇妙に感じる、症状が起き始めまる人も増えています。

 

(心理的なストレスとの関係)

視床下部は、

感情の変化や情動(激しい感情、例、強い怒り、悲しみ、不安や恐怖など)

の活動と密接な関係があり、

大脳皮質全域(大脳皮質と辺縁系皮質を含んだ人間として理性や判断が適切に出来る為に

重要な部分)の調整の中枢でもあります。

 

気持ちや感情の変化が、体の緊張を起こし、心臓がドキドキしたり、

手のひらや足に汗をかいたり、又は胃腸の状態がおかしくなったり(下痢など)

するのは、このようなストレスや気持ちの変化が脳に与えることから起きる為です。

言い換えると、自律神経の働きにも影響を受ける為です。

 

こうした心理的なストレスは、

「過去の記憶による感情の変化」が起きていることもあり、

私達は自分でも気づいていない「無意識の感じている気持ちの変化」というものもあります。

このような時は、何か理由がわからないけど「不安や気持ちの不安定さ」だけ感じることも

あります。

又、その時、不安や気持ちの不安定さを感じなくて、

身体に様々な変化だけが起きることもあります。

(例、目の異常、耳の聞こえ方の異常、なんだか足元がふらつく、めまい感など)

 

それが人によっては、「頭や体フラフラする」「見える物の見え方がいつもと違う」

「聞こえ方が違う、聞こえづらい」等の様々な感覚的な症状を起すこともあるのです。

又は体の痛みが起きる事もあるのです。

 

病院の検査でもわからない、体の状態があり、

多くがこうした「視床下部と自律神経の働き」に変化が起きていることで

起きているのです。

 

日常で、リラックスする時間や睡眠時間をちゃんと確保すること、

大笑いする時間が大切なのは、

誰でも「ストレスを抱えてしまうことがあるからです」

しかも、

「自分で気づかないでそうした長い時期を過ごしてしまうことも多いからなのです」

 

 

 

 

「自律神経の乱れた状態」が様々な症状と関係します。
詳しくはこちらからもご覧ください

「自律神経の乱れ」と関係する様々な症状の症例については、こちらからご覧ください

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

オンライン受付時間
(9:00~17:00)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分