横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

耳の閉塞感が起きる要因とは

症状別治療方法

耳の閉塞感が起きる要因とは

 

耳の閉塞感の症状で悩まれている方は、とても増えています。

 

 

 

・「耳がヘッドホンで塞がったような状態で

  声や音がこもって聞こえて人の声や音が聞こえづらい」

 

・「最近、人の声が聞こえづらくなる」

 

・「新幹線やエレベーターに乗っている時のように、

  耳が詰まったような状態」

 

 

 

 

 

耳の閉塞感の症状で来られる方は、

このような様々な症状の感じ方を言われます。

殆どが「耳が何かで塞がったような症状」です。

 

中には、「聞こえが悪い」「人の声が聞き取りにくくなる」

といった「聞こえ方の異常症状を起こす方もいます」

 

 

 

 

このような耳の閉塞感の症状は、

病院ではなかなか治らない症状だと言われています。

それは、この症状の原因がわからない為です。

 

※お悩みのご相談、お問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください

 

 

 

病院では「耳が聞こえずらい」「耳が詰まったような感じ」

「耳が塞がったような状態」などの症状を言うと、

MRIやCTといった、脳の状態や内耳の状態を調べます。

耳鼻科で聴覚の超音波の検査なども行うかもしれません。

 

しかし、殆どが異常がなく、医師からも原因がわからず、

「様子をみてください」と言われたり、耳石の問題だと

言われる方もいます。

 

そして多くの方が、そのままにしています。

 

 

 

 

 

 

このように原因が分からないが、

「耳の閉塞感」の症状が起きている状態の方が

事実たくさんいらっしゃいます。

しかし何処で自分の症状を診てもらえばいいのか、わからないで

悩んでいる方もとても多いです。

 

 

そして、このような「耳の閉塞感」の症状は、

最近なぜ多くの方に起きているか。

 

これは、精神的なストレスと大きく関係しています。

 

※ストレスが体に与える影響についてはこちらから

 

 

 

 

 

※「耳の閉塞感」「聞こえがおかしい症状」の

改善症例をご覧になりたい方は

こちらをご覧ください。

 

※「耳鳴り」「耳の聞こえが悪くなった」方の改善症例は

こちらからご覧ください

 

※「耳でガサガサ音が聞こえる症状」の方の改善症例は

こちらからご覧ください

 

 

※「職場のストレスで、耳鳴りと耳の閉塞感が起き始めた方」の

改善症例はこちらからご覧ください

 

※「耳が詰ったような(耳の閉塞感)」

以前から耳鳴りや頭痛があった方の

改善症例はこちらご覧ください

 

 

 

 

 

このような多くの方が思ってもいない

ストレスが体に与える影響は大きく

「耳の閉塞感」の症状には、

御自分の「食生活」「生活習慣」「ストレスある生活環境」「人間関係のストレス」など生活の中にあります。

 

 

この生活の見直しが必要ようになるのは、

多くの方がストレスの影響を受けていることの現れで、

このストレスの影響は、体、脳に影響し、

 

それによって、体や脳で消費される栄養素や水の必要量などが

増し、それに対して、今の生活の仕方では、

これらをまかなえきれなくて、

 

生活の仕方を変えないといけない状態になります。

 

 

 

※自分に必要な栄養素を摂る意味についてはこちらから

※自分に合わない物が体に与える影響についてはこちらから

※水の摂取量を多くすることや綺麗な水を摂る意味についてはこちらから

 

 

 

このような生活の部分が影響して

「耳の閉塞感」に限らず「体調を崩したり」

「様々な症状を起こしている方」は多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私達の体は食べた物の栄養や水によって細胞が働き、その後、体でいらなくなった物(老廃物)がリンパ管を通って、呼気や尿、便、汗によって体の外へ出されます。

この細胞の働きが正常でいることで、

新陳代謝が円滑に行われ、私達の体の細胞は

毎日作り出されています。

 

「食生活」「生活習慣(運動、睡眠、休息など)」は

この細胞の働きを起こす為に必要不可欠です。

 

この「食べ物、飲み物」によって私達の体は作られ、

「水」によって、老廃物が洗い流され、

運動によって体からリンパ管を通って老廃物が押し流され

睡眠、休息によってホルモンの働きが促進し、

体の細胞の修復がされます。

 

この体の働きのサイクルに問題が起きることで、

症状が起きます。

 

 

 

 

 

この原因をまず見つけ、明確にすることがとても大切です。

 

原因が無いわけではなく、

原因が病院の検査の範囲外にあることで

症状が起きているのです。

 

 

 

 

 

 

 

《「耳の閉塞感」の症状の大きな原因 》

 

「耳が聞こえずらい」「耳の閉塞感」の症状を言われる方の多くには、

現在または過去に大きなストレスや

持続的なストレスにあっている方が多いです。

 

また、「考えすぎてしまう性格」

「真面目な性格であるために人の言う事を

きかないといけない」など

このような思考になりやすい方が多いです。

 

ストレスとは目に見えないものですが、

私達はこの目に見えないストレスの影響を常に受けています。

 

 

 

※精神的なストレスによる体への影響については、

 症例を御紹介しながら詳しく説明しています。

 こちらをご覧ください

 

 

※ストレスが感情の問題を起こす事に関しては

 こちらをご覧ください 

 

 

 

 

 

現在の科学でも

適量のストレスは生命を維持させる為に必要で、

様々な環境の変化に適応する為になくてはならないものとわかっています。

 

しかし、この適量のストレスは体にとって必要ですが、

大きなストレスや持続的なストレスは体にとって、有害です。

そして体の各機能の働き(神経、ホルモン、臓器など)の妨げになります。

 

この影響は病院の検査

(血液検査、レントゲン、MRI、CTなど)ではわからないことです。

(長い年月のストレスはやがて臓器や肉体のにあらわれる、

 癌や糖尿病などの細胞レベルの問題まで発展して、

 初めて病気という病院で診断される状態になります)

 

 

 

 

 

 

 

この大きなストレスや持続的なストレスは、

脳の中では混乱が起こります。

脳の働きを担っている

「神経伝達物質(セロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリン等)」

のバランスが崩れ、脳で電気の信号のやり取りが正しく行われなくなります。

この状態は「適切な判断や思考ができない」ストレス状態に陥ります。

 

脳で「海馬」という記憶に関係した部分にも影響を与えます。

同時に感情を生み出す「扁桃体」という部分が常に発火したした状態に

なり、脳の前側の「前頭葉」が適切に感情をコントロールすることが

出来なくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態は、

神経の働きや自律神経をコントロールする中枢である「視床下部」に

影響を与え、視覚、聴覚、平衡感覚などを司る脳幹にも影響します。

 

 

このような脳が混乱したストレス状態が、

聴覚をコントロールする神経の働きを

低下させ、「耳が聞こえずらい」「耳が詰まったような状態」

「耳が塞がったような状態」

の症状を起こします。

 

 

 

このようなストレスという目に見えない部分の影響を

キネシオロジーでは、筋肉を使った検査法で原因となる、

精神的な部分の影響の「現在のストレスによる感情の問題」

「過去の様々なストレスによる感情の問題」

「過去のトラウマ」などが原因になっているのか。

または普段の生活の影響「生活習慣」「食生活」などが

原因になっているのか。

様々な広い範囲から原因を明確にして、治療をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《「耳の閉塞感」の症状などの聴覚に影響を与える問題 》

 

私達が意識しなくても、

腸が働いたり、血管の収縮や弛緩、血圧の安定、

夜眠くなったり、朝になると起きて、日中活動する‥

このような様々な意識しなくても、適切に狂いもなく働いているのは

自律神経が適切に働いているからです。

 

※自律神経に関してはこちらをご覧ください

 

 

しかし、現代ではこの自律神経が、

少しずつ乱れてしまうことが増えています。

 

耳の閉塞感という症状が増えているのは、

この自律神経を乱す要因が私達の生活に多く存在しているからです。

この耳の閉塞感という症状を起こす大きな原因は、ストレスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

耳の閉塞感の症状のある方の殆どが、

持続的で長い精神的なストレスがあり、

現在もそのストレスが続いていること。

肉体的にも精神的にもストレスがあり、

体や気持ちが休まる時間が極端に少ないこと。

休みもなく、仕事に追われている状態なこと。

 

このような様々な長期的なストレスを抱えていることで、

自律神経が乱れてしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

耳の閉塞感で病院に通われている方は、

耳の症状が、このような日常の生活に立ち入るような

広い範囲の問題が原因で起きてているとは考えていないこともあり、

いっこうに改善されていない方が殆どです。

ストレスは薬では改善できません。

 

この耳の閉塞感の症状の原因がストレスにあるからといって、

改善しようがないとあきらめることはありません。

 

ストレスの問題を改善する方法があります。

 

ここで言う「ストレスの問題を改善する方法」は、

ストレスを全く感じないようにするとかそんなことではありません。

ストレスが無くなることはありませんし、

ストレスが無くなってしまうと私達は成長も人間自体の進化もありません。

 

 

 

 

 

 

 

ストレスに感じてしまっている「ある思い」「感情」を無くすこと

ストレスの影響を無くし、その影響で起きている症状である

「耳の閉塞感の症状」を改善するという事です。

 

 

今の医学では、まだ体と心や感情の関係性についての治療方法が確立されていません。

しかし、心や感情の影響は確実に身体に影響しています。

感情や思いは、私達の神経の働きに影響を与えるからです。

 

 

 

 

 

 

自分にとってストレスに感じるネガティブな感情や思いは、

神経の働きを低下させ、それは私達の聴覚にも影響を与えます。

ストレスに感じることで、私達の耳の働きである人の声や環境などの

様々な音を振動と感知して、その情報を脳に送る神経の働きに影響を与えます。

同時に自律神経にも影響を与えます。

このように精神的なストレスが長い期間続くと、神経の働きが低下してしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

不思議に思われるかもしれませんが、私達人間は、

現在のストレスだけではなく、過去のストレスでストレスを感じています。

私達は過去のストレスに対しても、今起きているように感じる能力があります。

正確に言うと「体が過去のストレスに反応している状態です」

それが起きるのは、私達の脳の仕組みに理由があります。

 

 

私達人間の脳は日常の様々な出来事に対して、

無意識に感情と出来事をラッピング(一緒にして)し

記憶しています。

 

脳の海馬という部分は、

出来事と感情を無意識に記憶していると言われています。

日常で起きる様々な情報をストックするかのように

記憶するとも言われています。

 

それは、この記憶を経験として、

今後生きていく為の指針にする為です。

 

脳の海馬には私達が生きていく為に必要な情報収集を

たえず行っているという事です。

しかし、この能力が自分を苦しめることになることもあります。

 

 

それが、多くがネガティブな感情を抱いてしまったことによって起きます。

 

 

 

 

 

 

 

これは脳科学の研究でわかってきています。

 

今までこのような脳科学でわかっていたことが、

実際の治療という現場で活かされる方法がなかったのですが、

西洋医学の足りない部分を補う代替医療という分野から、

このような脳の働きが起きしまうことが、

多くの臨床からキネシオロジーという方法が生まれました。

 

 

 

 

 

 

 

ある出来事に対してストレスに感じてしまっているのは

出来事に対して、その方の思いや感情がある為です。

 

その感情を出来事から切り離すことを「感情の解放」と言います。

 

これによって、神経の働きが正常に働いていくことで

症状が改善されていきます

 

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分