横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

ふらつき、耳の閉塞感、不眠症、湿疹などのかゆみ(人間関係のストレスが体に影響します)

症状別治療方法

ふらつき、耳の閉塞感、不眠症、湿疹などのかゆみ(人間関係のストレスが体に影響します)

人間関係の考え方で、

人との関わりをあまり密にしたくない、

という考えでいる方もいます。

 

 

 

 

 

「こんな人もいた」「こんなひどい目に合った」

という日常の何気ない会話で聞いたことで、

「人とあまり関わらない方がいい。。」

思ってしまう方もいます。

自分が被害をこうむらない為に、

誰でも自分を防衛する本能が人間にはあります。

 

 

 

 

 

 

そんな方は「人は怖いもの」という感情が

記憶されてしまうのだと思います。

 

それが要因で、

感情の問題を起こすことがあります。

 

 

 

 

 

感情の問題とは。

 

感情本来は、≪喜怒哀楽≫

誰でもいろんな感情が湧き出て、

それが常に循環している状態が正常な状態だと

言われています。

 

「さっき泣いていたのに、今は笑っている、

その後、怒ったり‥」

 

このような喜怒哀楽が起きるのは、

人間として当たり前の事なので、

これは悪い事ではありません。

 

 

 

 

 

ですが、先ほどの話のように

日常で、いろんな出来事に遭遇して、

誰でも「自分のこだわりの思い」

持つことがあります。

 

 

それが、この感情の循環をストップさせ、

これが感情の循環を妨げることがあります。

 

※感情の問題に対して、当院が行う

「感情の解放」について

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

 

この方のように「人と関係を密にしない方が良い」

=「相手に自分の気持ちは言わない方が良い」

という行動をとることを繰り返していると、

自分の気持ちを抑えて生活をするという事が

普通になります。

 

 

 

自分の気持ちを人にそのまま伝えない事は、

相手に対しての配慮で、人に対する思いやりだから

という方もいます。それでその場での関係性は

何事もなくすみます。

 

 

 

 

 

ですが、人との関係はこの後も続くので、

この事を繰り返していると、溜まります。

 

それが要因で、体の症状を起こす事があります。

痛みふらつき耳の閉塞感不眠症など)

 

(自分の本当の気持ちを言える間柄の人に言ったり、

又は誰もいない所で自分の思いを思いっきり

出して吐きだす‥)何かの形で表現する事が

大切なんだと思います。

 

 

 

 

 

当院は、キネシオロジーという方法で

症状が起きている要因を 身体の部分(筋肉、靭帯など)、

臓器的な問題、過去の事故や外傷、生活習慣、食生活、

人間関係のストレスなど、様々なことからお調べして、

その方の今のお体に合った方法で改善していきます。

 

 

どうしても改善されない症状の方は

ご連絡下さい。

 

 

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分