横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

【コロナ安全対策実施中‼】

Zoomによる無料オンライン問診
実施中オンライン受付時間

(9:00~17:00)

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

耳でガサガサ、ガチャガチャ音がする症状

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長

国田康二と申します。

 

 

耳の聞こえの症状で、悩まれておられる方の中で、

特殊な症状で悩まれておられる方も増えています。

 

「耳でガサガサ音が聞こえる」

「耳でガチャガチャ、ガラスがあたる、擦れる音が聞こえる」

 

 

このような症状で悩まれておられる方は、病院での検査でも原因がわからず、

常に聞こえるこの音が、とても辛いと言われます。

 

こうした症状がなぜ起きるのか?

この要因について、ご説明させてただ来ます。

「耳がガチャガチャ音がする症状」と「生活との関係」

「耳でガチャガチャと音がする」と言われる方はおられます。

当院でも、何人かの方がこうした症状で悩まれて来られます。

 

 

お話を伺うと、「急に起きた」という方と「徐々に聞こえてきた」という方がいて、

キッカケとして大きな音(ライブ、カラオケなど)、

大きな音響を長い時間聴いた後から、起き始めたという方もいます。

また、音に対しても過敏な状態になる方もいます。

 

外の環境の音(クラクション、工事現場、お店の音などいつもは気にならなかった音)、

家での音(冷蔵庫の音、時計の音、食器があたる音など)など様々な環境音が

過敏に大きく聞こえる方もいます。

 

 

 

これらの症状の原因は、多くの方が思ってもいない

御自分の「食生活」「生活習慣」「ストレスある生活環境」「人間関係のストレス」など

生活の中にある可能性があります。

 

 

(体の症状と生活の中の問題との関係)

私達の体は食べた物の栄養や水によって細胞が働き、その後、体でいらなくなった物

(老廃物)がリンパ管を通って、呼気や尿、便、汗によって体の外へ出されます。

この細胞の働きが正常でいることで、新陳代謝が円滑に行われ、私達の体の細胞は

毎日作り出されています。

 

「食生活」「生活習慣(運動、睡眠、休息など)」はこの細胞の働きを

起こす為に必要不可欠です。

 

この「食べ物、飲み物」によって私達の体は作られ、

「水」によって、老廃物が洗い流され、

運動によって体からリンパ管を通って老廃物が押し流され

睡眠、休息によってホルモンの働きが促進し、

体の細胞の修復がされます。

 

 

この体の働きのサイクルに問題が起きることで、

症状が起きます。

 

この原因をまず見つけ、明確にすることがとても大切です。

 

原因が無いわけではなく、原因が病院の検査の範囲以内にない為に

症状が起きているのです。

「精神的なストレス」が「耳の異常症状」を起こす

又、「耳でガサガサ、ガチャガチャ音が聞こえる」の症状を言われる方の多くには、

現在または過去に「大きなストレス」や「持続的なストレス」にあっている方が多いです。

また、「気になるとその事がずっと気になる性格」

「まっ、いいかしょうがないと思えない性格」などの方が多いです。

 

 

ストレスとは目に見えないものですが、

私達はこの目に見えないストレスの影響を常に受けています。

 

 

大きなストレスや持続的なストレスは体にとって、有害です。

そして体の各機能の働き(神経、ホルモン、臓器など)の妨げになります。

 

この影響は病院の検査(血液検査、レントゲン、MRICTなど)

ではわからないことなのです。

長い年月のストレスはやがて臓器や肉体のにあらわれます。

人によっては、癌や糖尿病などの細胞レベルの問題まで発展して、

初めて病気という病院で診断される状態になります

 

 

この大きなストレスや持続的なストレスは、脳の中では混乱が起こります。

脳の働きを担っている「神経伝達物質(セロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリン

等)」のバランスが崩れ、脳で電気の信号のやり取りが正しく行われなくなります。

この状態は「適切な判断や思考ができない」ストレス状態に陥ります。

 

脳で「海馬」という記憶に関係した部分にも影響を与えます。

同時に感情を生み出す「扁桃体」という部分が常に発火したした状態に

なり、脳の前側の「前頭葉」が適切に感情をコントロールすることが

出来なくなります。

 

これが、長いストレスを受けていると、徐々に体の症状が起きてしまう

体と心の関係のメカニズムです。

 

この状態は、神経の働きや自律神経をコントロールする中枢である「視床下部」に

影響を与え、視覚、聴覚、平衡感覚などを司る脳幹にも影響します。

ストレスと脳と自律神経との関係

このような脳が混乱したストレス状態が、自律神経を介して、

聴覚の関係する神経の働きを低下させ、

「耳で音が過敏に聞こえる」「ガサガサ音が聞こえる」

「ガチャガチャ音が聞こえる」「ガラスや物が擦れる音が過敏に聞こえる」

などの症状を起こします。

 

この状態は自律神経が乱れ、「神経が過敏になっている状態」とも言えます。

 

 

このようなストレスという目に見えない部分の影響を

当院(横浜ホリスティック治療室)では、

キネシオロジーという方法を使い、筋肉を使った検査法で原因となる、

精神的な部分の影響が「耳がガチャガチャする症状」とどう関係しているのか?

 

「この関係性を明確にして、施術だけでなく、

生活習慣や食生活の見直しをしていきます。

 

 

ストレスに関して詳しくはこちらから詳しくもご覧ください。

ストレスが脳や体、心に影響する

「耳がガチャガチャする症状」を起こす「人間関係」の
影響とは?

 

このような症状をお持ちの方の治療をさせて頂いて、

原因を調べていくと、殆どの方が

「人間関係のストレス」からきていることがわかります。

 

 

会社や友人、知り合い様々な人間関係で、「我慢していたり」

「御自分の思いや気持ちを言えない状態」「聞きたくない話があること」など、

このような状態が長期間続いていると、耳の聞こえに影響してしまうようです。

 

毎日、精神的ストレスがある状態が、自律神経を乱し、

音という振動をキャッチする能力に狂いが起きている状態です。

 

自律神経が乱れてしまうと、「音が大きく聞こえてしまったり」、

「妙な音(ガサガサ、ガチャガチャ)が耳の奥の方で聞こえてしまう聴覚の問題で」

が起きる事があるのです。

 

病院の検査で何も出ないのは、起きている問題が、

「現在動いている神経の働きの変化であり」、

神経の伝達に必要な、電気の信号が正常に行われておらず、

不具合が起きている為です。

 

また、医学や現在の科学でまだわかっていない、人間の無意識の部分や

無意識の感情のことが、関係しています。

中見出し

ストレスに感じていることの裏には、「ある思いや感情があり」

「それは御自分ではもう意識していない、もう忘れてしまっているようなこと」

 が現在のお体の状態と関係していることがあります。

 

このような原因に行きついたのは、

実際に患者様がこの問題を解決することで改善したからです。

このようなの答えがなかったら、このような原因に行きつきませんでした。

 

 

このような「耳の聞こえの症状」の方が改善されたことから考えると、

「感情の問題」が原因となり、神経の働きが低下するのです。

 

 

ここ10年ぐらいで脳の研究が進み、新しいことが脳科学者によって

わかってきていいます。

 

それは、ストレスを感じると私達の脳では、神経伝達物質に大きな影響を与え、

いつもは出ているセロトニンやアドレナリンが出なくなってしまい

脳での信号のやり取りが出来なくなってしまうということです。

 

原因がわからない症状には、このような医学の範疇にない部分、

そして、いまだ科学でわかっていない問題であり、

「ストレスが体に影響する」ということが大きく関係しています。

原因がわからない症状も「量子生物学」という学問から
解明されようとしている

《 今後は最先端の「量子生物学」で解明される 》

 

私達の体にも、野生の動物がもっているような、働きが文明が進んできたことによって

退化した部分もあると言われています。

 

その部分が「磁気受容器」と呼ばれる、地球の磁場を感じ取るセンサーの働きです。

 

私達の体には、様々な「受容器」と呼ばれる、外部の環境や目や耳、鼻、手や足、

体に触れることなど、いろんな外部の変化に対応する為に

こうした「受容器」が数多く体にあります。

 

体の症状とは、こうした「受容器」が上手く働かなくなることが

大きな問題ではないかと、言われています。

 

 

最新の科学の「量子生物学」では、渡り鳥や蝶、ハエなど様々な動物や昆虫には、

地球の磁場波を感知する「磁気受容器」があり、

これを使って渡り鳥は、冬になると暖かい場所へ渡り、

暖かくなると又もとの生まれ育った場所へ帰るということを

何世代も途切れることなく行われています。

 

 

これら動物や昆虫には、子孫に受け継がれ生命を存続している能力があり、

人間にもこの「磁気受容器」があることがわかっています。

 

この「磁気受容器」は小さな電磁波を感知し、

それによって神経から脳という経路をたどると言われています。

 

この小さな電磁波は、「量子」という目に見えない物質でできており、

この影響が鳥や昆虫にも現在は大きく影響しているという話を聞きます。

 

私達の「感情や思い」といった目に見えない部分のことも、

こうした見方を変えると「量子」ということで表せます。

 

「感情や思い」といった、目に見えない物も、身体に影響するという裏づけになるという、

まだ科学者が研究段階にある学問から、

体に影響することは、必ずしも医学の範囲にあることだけではないことが

わかります。

 

私は、「この学問で今まで原因がわからないと思われていた症状が、

説明のつくものになると思います。」

 

今まで「耳でガサガサ音がする、ガチャガチャする音がある」症状を

キネシオロジーという方法の治療で改善してきましたが、

このような科学的な説明がされることで、

多くの方に「キネシオロジーという方法」が、多くの方に認知され、

多くの方が健康になる事を願っています。

 

ご質問や気になる事がある方は、気軽にご連絡して頂ければと思います。

ありがとうございました。

 

「耳の異常症状」については、こちらからもご覧ください

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

新着情報

令和2年6月9日

コロナ安全対策実施中‼ 当院は、 すべておひとり一人施術後にタオル交換して、感染予防を万全にしております。 ご案してご来店ください。

令和2年6月5日

明日、6月5日(土)15:00~16:00 「40代からの女性の為のセルフケアセミナー」を開催いたします。Zoomによるオンラインで開催いたします

令和2年6月4日

コロナ安全対策実施中‼

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分