横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

「ぎっくり腰」が度々起きてしまうのは

症状別治療方法

「ぎっくり腰」が度々起きてしまうのは

 

ぎっくり腰は、突然起きたように感じる方が殆どですが、大腰筋、腸骨筋という腎臓に関係した筋肉が関係しています。

 

慢性的な疲労や仕事が忙しく、休んでいない状態など、とても体が疲弊している事と、腎臓は関係している為に、この影響が肉体に表れます。

 

それが、大腰筋、腸骨筋に表れます。

大腰筋は姿勢を維持する為に必要な筋肉でもあり、

デスクワークのように、長時間座っている状態や

運転を仕事にしている方や長距離のトラックなどの運転は、

これらの筋肉を過剰に緊張させます。
また、急な長時間のランニングでこの筋肉を過緊張させてしまうこともあります。
 

 

このぎっくり腰を起こす時は、

ちょっとした体の動き(手を伸ばして

何かを取ろうとしたりする時、くしゃみをした時など)

に起きる事が多いですが、この行動をする以前に

大腰筋、腸骨筋が過剰に緊張していたことが

要因です。

 



この大腰筋、腸骨筋は、腎臓とも関係がありますので、

慢性的な肉体の疲労や精神的な疲労も、

関係していることもありますから、

忙しい生活の影響に気を付けないと知らないうちに疲労が溜まり、

その結果、大腰筋に影響がでます。

 

 

多くは過緊張した状態になり、
物を手を伸ばした時に、これらの筋肉を過剰に引き延ばしてしまうことが

要因となります。

(筋肉の特性で、筋肉は引き延ばされると過剰に緊張します)
 

 

 

腎臓は毒素を濾過して、排出する場所ですから、

常に綺麗な水を沢山飲んで、
腎臓の働きを高める必要があります。

 

これが慢性腰痛やぎっくり腰を未然に防ぐ方法でもあります。

 

 

当院では、ぎっくり腰の状態に対して、

大腰筋、腸骨筋などぎっくり腰で起こした、

下半身の筋肉のアンバランスな状態に限らず、

体全体筋肉のアンバランスもチェックして、

腎臓の状態もチェックして、

今後、ぎっくり腰が起きないように

根本から改善致します。

 

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分