横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

NL(神経リンパ反射ポイント)
この方法はリンパ循環を良くする方法です

 

NL(神経リンパ反射ポイント)

 

人体には血液の2倍のリンパ液と血管の2倍のリンパ管があります。

 

 

 

臓器などの細胞で使用されなかった水分、脂肪、

たんぱく質は、リンパ管に運ばれ、細胞で代謝され、

いらなくなった老廃物の排泄経路にもなります。

又、リンパ管はリンパ球という免疫細胞が循環する身体の防衛システムとしても

重要な部分です。

 

全般的なリンパ障害は、水を大量に必要とします。

 

水はリンパ系の全般的な障害に必要とされる最も一般的な栄養素です。

体はリンパ系による体の洗浄のために水分を必要とします。

 

 

※「綺麗なお水が体にたくさん必要になること」「綺麗なお水を摂取すること」の

必要性については、こちらからご覧ください

 

 

お茶、コーヒー、コーラなどの清涼飲料水、その他の飲料では同じ効果は得られません。

これらの飲料には、その消化の為に明らかに特定の代謝プロセスを活性化させる為に、

体はこれらの飲料に含まれる水分の最大の効果を得ることができません。

 

 

 

 

NLNeuro Lymphatic points)神経リンパ反射ポイントを押圧する刺激は、

関係する臓器周辺のリンパ管に影響を与えます。

リンパ管は神経支配も受けており、リンパ管の拡張を促すことで、

リンパ循環の流れを促進します。

リンパ反射ポイントは、リンパ排液を促す効果のある神経を刺激すると考えられています。

 

ツボと同じように、身体には無数のこうしたリンパ循環を促すポイント(反射区)が

あります。

 

この場所を押圧し、刺激することは、人体の内部のリンパ循環に影響を与え、

それは神経経路を伝った刺激となり、筋力の低下や過剰な筋肉の収縮の状態を

変えます。

 

これが、身体の各部(首、肩、背中、腰、膝、股関節、足首など

様々な部位の「痛み」や「張り」を軽減し、改善します。

 

このような筋肉の過剰な緊張や体の痛みが起る要因に

こうした体内のリンパ循環の流れが悪くなっていることで

「その影響が筋肉の状態(過剰な張り、又は筋力が弱くなってしまった筋肉により

 痛みが起きる。」

 

このことが実際に多くの方のいつまでも良くならない「痛み」「筋肉の過剰な張り」を

起こしています。(例、肩こり、背部痛、腰痛などの要因にもなっています)

 

 

※症状が慢性的で原因がリンパ循環にある時に、このポイントはとても有効です。

 

リンパ循環の問題が「体の様々な症状を起していた方々」
の症例(肩首の痛み)(右半身の痺れ)は
こちらからご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分