横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

筋膜の問題を改善すること(筋膜リリース)

 

(筋膜リリースとは?)

 

 

筋肉は通常、ストレッチをすると一時的に緊張レベルが上がります。

 

これが正常な筋肉の反応なのですが、何らかの要因で、筋肉をストレッチすることで、

筋力が低下してしまう異常な反応が起きてしまう事があります。

 

 

これが、筋膜の問題です。

 

 

 

筋膜は、筋肉と同じ長さで、他の組織に沿って滑らかに自由に移動できることが

理想です。

しかし、筋肉に傷がついたり、筋肉を損傷するようなことがあると

他の損傷組織と同じように短くなり、薄くなると言われています。

 

 

傷や特定の炎症は、筋膜細胞との他の組織が癒着してしまう原因となります。

 

これによって、この損傷した筋肉、又は関連した筋肉の運動範囲が限定され、

血液やリンパ液の自由な循環が抑制されてしまうことになります。

 

 

このような状態は、神経の働きを狂わせ、筋膜及び筋肉にある、ストレッチ受容器は

神経系に誤った信号を送ってしまい、筋肉の過剰な収縮やそれに伴う痛みを起こす事が

あります。

 

 

これが慢性化すると、「ある筋肉が伸びない」「硬く収んでしまったり」

筋肉が硬い状態を起こします。けれはケガにも結び付き、

特定の動きに制限され、組織の損傷をさらに起きやすくしてしまいます。

 

 

さらに、このような状態は、筋肉に関連した臓器にも影響を与え、

臓器の機能不全の要因にもなります。

 

こうした問題が起きている筋膜の部分に、筋膜を正常な状態にすることを

筋膜リリースといいます。

 

 

 

 

(施術方法)

 

筋膜リリースとは、筋膜を引き延ばす方法です。

筋膜リリースが必要な「筋膜の状態」は筋膜が縮んでしまっている状態です。

 

本来、筋膜は筋肉と一緒に動く軟部組織で、筋膜が縮んでいる状態は、

筋肉は動いているけど、筋膜は動いていない状態です。

 

これは、その筋肉の筋力の低下を起します。

この障がいは、神経的な問題を起します。

 

この筋膜をちょうどアイロンがけのように

筋膜を伸ばすような施術方法を行います。

 

やり方として、筋膜の走行に沿って、

手により引き延ばすような施術を行います。

 

これを数回繰り返し、筋膜を正常な状態に戻します。

 

 

これによって、筋膜は筋肉と同じ滑らかな動きが出来るようになり、

筋力の低下が改善し、それで起きていた痛みや緊張が起きなくなります。

 

これが、筋膜リリースの方法です。

 

 

その他の筋肉関連で起きうる問題で「筋紡錘」
「ゴルジ腱」「靭帯」の問題については、
こちらからご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分