横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

過去に事故や外傷、スポーツでケガをした方は「靭帯の問題」が残っている可能性もあります

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長

国田康二と申します。

 

足の痛みや脚の痛みが起きる要因に

「靭帯」の問題があることがあります。

 

 

それは、「過去のスポーツのケガ」や「歩いていて足首を捻挫した」などの

ここ最近のことや、又は数年前のこと、

又は昔、子供の頃でも、こうしたことがあり、

その時に骨の状態は何ともなくても、”筋肉”やその奥の”靭帯”に

ダメージがそのままになっていることがあります。

 

この「靭帯の問題」は、その後の痛みや張りを起こすことがあり、

この状態は、慢性化してしまう事があります。

 

このような「靭帯の問題」根本からケアする方法について

ご説明させていただきます。

 

 

 

「足や腿の部分の痛み」

「歩くと痛い」「同じ姿勢を維持していると痛む」

「膝や股関節、肘関節、足首といった関節の痛み」

 

こうした症状は、関節の問題と思いがちですが、

「靭帯の問題」も関係している事もあります。

 

 

 

「靭帯」というと、何かの急な外傷や捻挫等の

急なケガだけの問題と思われる方も多いかと思いますが、

過去に何らかの影響がまだ完全に完治しておらず、

その影響が現在の痛みやある姿勢になると

関節にも負担がかかり、関節部位に痛みを感じる事もあります。

 

この状態は、「靭帯ストレッチ」という

修正方法が必要になることがあります。

 

 

過去に捻挫やスポーツ外傷や事故など、何かのアクシデントで

筋肉や筋膜、又は靭帯が引き延ばされたことが起きることは多く、

病院では完治されたと言われていても、実際はこれら

筋肉、筋膜、靭帯の問題が残っていることがあります。

 

病院では骨に関しては、レントゲンなどで確認がでいますが、

靭帯の断裂まで至らない損傷は、持続的に筋肉、筋膜の状態に影響を与えてしまいます。

 

 

こうして原因となる問題が隠れてしまうことがあります。

現在の痛みや張りの根本には、靭帯の問題が隠れていることがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

又は、

靭帯自体が伸ばされた状態が長く、(過去のケガやスポーツや何かの事故の要因等で)、

この状態が、靭帯を弛ませて、通常の靭帯のテンションではなくなり、

靭帯が本来の状態ではなく、上手く機能していないこともあります。

それが実際に筋肉の働きや、筋力の低下を起こす事があります。

 

 

 

 

この状態は、その部位の「痛み」「筋肉の張り」を伴い、

慢性化すると「しびれ」が起きる事もあります。

 

 

この靭帯の問題は、靭帯をもとのような一定のテンションがる状態に

戻す必要があります。

 

この方法を「靭帯ストレッチ」といいます。

同時に副腎の状態も診ていかないといけない場合もあります。

(過度なストレスがある生活状況、人間関係のストレス、

気温や湿度に対して体がついていけない、精製された炭水化物の過剰な摂取等も

この副腎に影響します。)

 

 

 

「靭帯」と「副腎」という臓器との関係

この靭帯の問題が長く続いている要因には、

「副腎」という臓器との関係もあることがあります。

※副腎についてはこちらをご覧ください

 

 

 

また、自分を追いつめるタイプの性格であったり、

自分が何かを達成する為にあきらめない

そうした人が、副腎の状態にも影響し、副腎を疲れさせます。

 

その影響が、靭帯の修復を遅らせることもあるのです。

その場合、この「靭帯ストレッチ」の問題が起きやすくなります。

 

「靭帯の問題」を修復すると同時に「副腎」の機能を改善する必要があることもあります。

 

 

靭帯の状態としては、靭帯が伸びてしまい、

この状態が「筋肉の収縮」にも影響します。

 

靭帯ストレッチが必要な状態とは、

その部位(例、膝関節、股関節、足関節、肩関節など)周辺の

筋力が低下している事で、その周辺に痛みや張りを起こします。

 

痛みや張り、慢性になると痺れが起き始めることもあります。

 

 

「靭帯ストレッチ」が必要な状態とは?

又は、

靭帯自体が伸ばされた状態が長く、

(過去のケガやスポーツや何かの事故の要因等で)(又は慢性化した状態)、

この状態が、靭帯を弛ませて、通常の靭帯のテンションではなくなり、

靭帯が本来の状態ではなく、上手く機能していないこともあります。

それが実際に筋肉の働きや、筋力の低下を起こし、

もし、それが膝の靭帯に起きた場合は、

「膝が不安定で、ぐらぐらする状態になります。

 

 

 

この状態は、その部位の「痛み」「筋肉の張り」を伴い、

慢性化すると「じんじんしたり」「しびれ」が起きる事もあります。

このような感覚異常症状とも関連があります。

 

 

この靭帯の問題は、靭帯をもとのような一定のテンションがる状態に

戻す必要があります。

 

この方法を「靭帯ストレッチ」といいます。

同時に副腎の状態も診ていかないといけない場合もあります。

(過度なストレスがある生活状況、人間関係のストレス、

気温や湿度に対して体がついていけない、精製された炭水化物の過剰な摂取等も

この副腎に影響します。)

 

 

「靭帯ストレッチ」の施術方法

(施術方法)

靭帯をある方向に、2分から3分維持することで、

靭帯はリセットされます。

 

(例)足首の場合

足首の靭帯が引き延ばされ、伸びてしまった状態にある靭帯に対して、

靭帯が延ばされない方向に靭帯を持っていきます。

 

靭帯をもっとも短くなる方向にもっていくということになります。

これによって靭帯はリセットされ、元のテンションに回復します。

 

施術方法としては簡単な方法ですが、

「この正しい方向を決定する」ことが重要になります。

 

この為に、キネシオロジーの筋力テストが

 

必要になります。

 

 

(副腎の修復も必要な場合)

①副腎に必要な栄養素(例、多くがビタミンⅭ、E、)(その他ミネラルが必要な場合もあり)

②副腎の回復に必要な生活スタイル(例、休息やリラックスする時間を増やす事など)

②副腎のリンパ循環、血液の順を促す施術(NL、NVという施術方法)

※これらをキネシオロジーの筋力検査で確認していきます。

 

 

このような、

病院でも原因がわからない症状や

なかなか治らない「痛み」や「張り」があり、

慢性化している状態は「靭帯ストレッチ」の方法をお試しください。

お悩みの方はご連絡下さい。

 

 

過去の事故や外傷の後遺症、影響で「腕や肩」「膝痛」が
起きていた方の症例は、こちらからごらんください

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

オンライン受付時間
(9:00~17:00)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分