横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

【コロナ安全対策実施中‼】

Zoomによる無料オンライン問診
実施中オンライン受付時間

(9:00~17:00)

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

慢性的な痛みや様々な症状が起きるのは?

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長

国田康二と申します。

 

 

「慢性的な様々な症状」が起きてしまう事について

ご説明させていただきます。

 

 

 

 

一般的な考えとして、体の状態は大きく分けて、

「健康な状態」と「病気」といった状態の

二つがあると考えられていますが、

 

実際には、この二つの間の状態があり(未病という体の状態)

多くの方がこの状態で悩んでおられます。

 

 

 

「何だか疲れている」

「慢性的な肩こりや腰痛」

「慢性的な痛みがある」

「眠れない」

「頭痛が度々起きる」

「首が痛い」

「時々ふらつく」

「風邪をひきやすい‥」

 

 

こういった症状の時は、殆ど、病院で何かの数値として表れることは少なく、

しかし、体調が思わしくないといった状態です。

 

 

こうした状態はお身体が慢性的に浸かれている状態で、

体が病気にならないように常にがんばっている状態です。

 

体は、今できる体の状態でできることをしようと、

頑張って適応しようとしている状態なのです。

 

 

 

体はこうした、常に病気にならないように常に働き続けています。

この働きを(ホメオスタシス)または(自然治癒力)とも言います。

 

 

 

ですが、こうした働きのことは言葉では聞いていても

実際はどうしたら「こうした働きが高まるのか?」

「有効利用する為に何をすれば良いのか?」

 

こうしたことは、聞く機会も少ないです。

病院では薬を処方されますが、これは自分の体の働きを使うわけではなく、

逆に体が薬に頼ってしまうようになります。

それは自分の意識や気持ちもそうです。

「辛い時は即効性の薬に頼る。」といったようなことです。

 

 

病院では、何度も検診が行われ、その度に決定的な数値がでない状態だと、

何かの処置を取るということもされないままで、

「少し様子をみましょう」と言われることもあります。

 

 

こうして、何の処置もされないまま日々を過ごしている方もいます。

(この時に、痛みを抑えたり、睡眠導入剤など、何かの薬を処方されることは

 多いかと思います。それを常備薬のように飲んでいる方も多いです。

 はたしてこれで良いのか?ご自分でも考える必要があります。)

 

 

慢性的な症状がある状態とは「未病という状態にある」
このことを知ること

 

こういった、病気との境界線のような状態があります。

 東洋医学では、未病と言われている状態です

 

 

(例)

人によっては、度々膀胱炎になったり、

検査で尿にタンパクが出ているが、抗生剤を

飲み、それが治まったかと思ったら、

今度は目の炎症(強膜炎)が起き、それも薬で治まったかと思ったら、

 帯状疱疹になったり。。

 

 

 

 

 

こうした次々に何かの症状が起きたり、

病名がつけられる状態になって、何年も過ごしている方も

います。

 

 

こうした状態の時に、こうした対処療法ではなく、

生活を変えたり、食生活を変えたり、今のストレスの度合いは

どうなのか。この「普段の生活を見直すことを考える事」が

現在の慢性的な痛みや症状(未病という状態)を改善する為に

とても重要なことなのです。

 

 

 

こうした「今の症状」を根本から変える事が必要だということに

気づく必要があります。

 

 

慢性的な痛みや症状を抱えている方が増えている理由とは?

 

こうした「慢性的な痛みや症状(未病)」の状態になっている方が多いのは、

昔と病気の成り立ちが違うからだと言われています。

 

 

昔は感染症が多く、今は西洋医学のお蔭で、

こうした状態は現代では少なっています。

(また再び、コロナウイルスという問題は発生してしまっていますが、

 これも今までの私達の生活と密接に関係があると思います)

 

しかし今は、それとは異なった、生活環境の変化

(自由に自分の好きなように生活スタイルができることで、睡眠時間の不足、

 休息の不足、体をゆっくり温める時間が持てない‥)

 

又は食生活も、いろんな物が手に入りますが、

今の体に本当に栄養となっている体に必要な物は摂れているのか?

それに加えて、様々な出来事による、ストレスの影響は今の体に

どう影響しているのか?

 

 

こうした生活の中から体調を崩し、

この状態を何年も何十年も続けていることで

病気に至る事が多い事」が、

今の病気になる流れです。

 

しかし、多くの方の本音は、「では何処に行けばいいの?」

「病院では薬を処方されるが、具体的な解決方法を教えてもらえない」

こうした状況が現実です。

 

 

こうした流れをもう変える必要があります。

自分から情報を鶏肉必要があるのです。

 

当院は、こうした原因がわからないことで悩んでいる方のケアをして

多くの方に「自分の体は自分で守る」という意識になて頂くことが

「本当の健康になる方法」だと思って、発信しています。

 

現在のお体の状態をお調べして、自分で何をすれば良くなるのか。

又はその先の健康になり、それを維持する為に何が必要なのか。

このこともお伝えして、自分で病気にならない方法もお伝えしています。

 

 

 

慢性的な疲れや痛みが、年齢と共に起きやすくなること
についてはこちらからご覧ください

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

新着情報

令和2年8月4日

コロナ安全対策実施中‼
8月から金、土曜日に行っている朝活が、リニューアルしました!

あとZoomによるオンラインセッションも開始しました!

ご希望の方はご連絡下さい

令和2年7月24日

 コロナ安全対策実施中‼
 当院は、 すべておひとり一人施術後にタオル交換して、感染予防を万全にしております。 ご安心してご来店ください。

令和2年6月9日

コロナ安全対策実施中‼

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分