横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

【コロナ安全対策実施中‼】

Zoomによる無料オンライン問診
実施中オンライン受付時間

(9:00~17:00)

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

股関節の痛み、それに伴う慢性的な腰痛がなぜ起きてしまうのか?

 

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長

国田康二と申します。

 

 

いろんな症状を抱えている方がおられます。

その中で「股関節あたりが痛む」という方も

いらっしゃいます。

 

 

このページでは、「股関節あたりが痛む」という症状がなぜ起きてしまうのか?

このことについて、ご説明させていただきます。

 

 

 

「大腰筋」「腸骨筋」などの股関節に関係する筋肉は
(常に使われている筋肉であることを知っておくこと)

 

この股関節の周辺には、大腰筋、腸骨筋などの骨盤から股関節に繋がる

大きな筋肉があり、これらの筋肉が関係します。

 

この筋肉の状態によって、股関節周辺にかかる影響が変わってきます。

 

これによって、腰痛が起きる方もいますし、臀部の辺りの痛みや、

体の後ろ側や側面の股関節部分にあたる場所にも痛みや張りを言われる方もいます。

 

理由として、この大腰筋、腸骨筋は大きな筋肉なので、

臀部や大腿部周辺との筋肉の関係のバランスが悪くなることで、

いろんな部分に痛みや張りが起きることが多いです。

 

又、この大腰筋、腸骨筋は、体の姿勢を維持するためにも

常に使っている筋肉なので、

これらの筋肉の状態が他の筋肉にも影響してしまう関係性にあります。

 

 

「臓器」と「筋肉」の関係があります。
(ある臓器が弱ると→その臓器に関係する筋肉に影響)

 

「ではこれらの筋肉に、なぜ問題が起きるのか?」

 

・ケガや外傷もないのに、これらの筋肉の状態が緊張したり、

 弱くなる、又は「何かの変化を起こす」という現象が

 どうして起きるのか?」

 

一般的な医学の考え方ではないのですが、

「筋肉というものは一つ一つ臓器との関係があると言われています。」

 

「大腰筋、腸骨筋は腎臓」

「大腿四頭筋という腿の前側の筋肉が小腸」

「ハムストリングという腿の裏側が大腸」など。

 

これら筋肉の状態が変化する理由として、臓器の状態との関係があるからなのです。

 

臓器の機能が低下した状態があり、

病院の検査では数値が上がっていない、異常が見られなくても、

こうした数値に表れないレベルで臓器の機能低下があると考えられています。

 

実際に、腰痛が急に起きたり、股関節周辺が急に痛くなる方のお体の状態には、

この大腰筋、腸骨筋が異常な緊張をともなっていることも多いです。

 

次に実際にあった症例をご紹介して、ご説明させていただきます。

 

 

様々な「腎臓に影響する要因」
(実際の症例をご紹介します)

 

腎臓の働きは、

体の毒素を分解して排出する為に働いている臓器です。

 

腎臓の働きを低下させる、化学物質の影響もあります。

 

以前も患者様で、薬品に敏感な方がおられました。

 

その方が病院の検診で麻酔薬を注射して、

「この量がこの方には多かったのだと思います。」

「頭痛が起きて、一日病院に泊まることになったということがありました。」

 

 

 

この方は、

その後、何日かたって、歩けないほどの急な股関節の痛みが起きてしまいました。

 

他の方はこういう形にならなかったかもしれませんが、

この方の体の特性が、「こうしたことを起こす要因になったようです。」

※体のことはとても個人差があります

 

 

又、水をほとんど飲んでいなかった方の症例のケースもあります。、

その方は、「仕事も忙しく、飲食店の調理の仕事をされていた方です。」

慢性疲労状態で、慢性腰痛の状態でした、

 

要因は水の摂取量が少ない事が慢性腰痛の要因で、

それが、「腎臓の機能を低下させ」→「慢性腰痛が起きてしまっていた」

 

こうした根本要因に「お水が体に足りないことで起きることもあります。

 

 

 

こうした水の摂取量の不足だけでも身体に影響を与えてしまうことがあるのです。

 

 

体の状態とは、毎日のことが後々反映されることがありますので知識を得て、

自分の体のことを考えて生活をしないといけな胃のだと思います。

 

当院は(横浜ホリスティック治療室)は、

その為に、その方に何が要因で体の症状が起きているのか?

お調べします。

 

キネシオロジーという方法で原因をお調べして、

その方の症状を起こしている要因に合った方法を見つけ出して

改善方法をご提案いたします。

(それが、生活習慣や食生活を変えることも必要な事もありますので、

 この生活全般から方法を見つけ出します)

 

 

「股関節の急な痛み」「股関節辺りの慢性的な痛み」
の症状で悩まれていた方の症例はこちらからご覧ください

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

新着情報

令和2年6月9日

コロナ安全対策実施中‼ 当院は、 すべておひとり一人施術後にタオル交換して、感染予防を万全にしております。 ご案してご来店ください。

令和2年6月5日

明日、6月5日(土)15:00~16:00 「40代からの女性の為のセルフケアセミナー」を開催いたします。Zoomによるオンラインで開催いたします

令和2年6月4日

コロナ安全対策実施中‼

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分