横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

病院の検査で数値が急に高くなってしまい、しかし原因がわからない症状が起きてしまうのは

 

いろんな方から聞く話で最近多いのは、病院の検査でいきなり、数値が高くなっていて驚かされた、、

というようなことです。

 

 

 

急にどうしたのか。。

体がどうかしてしまったのか?

 

 

 

 

私の知り合いの方で同じように

 

病院の検査で「大腸癌です」と言われ、考える余地もなく、そのまま即

 

入院、手術。ということになっている方もいます。

 

 

こうした自分の数値が高くなっていたり、

急に何かの病気が発見されて、急に選択を迫られることもあるようです。

 

 

本当に。。まさか自分が。。というようなこと

だと思います。

 

 

一方、病院の検査で何度も何度も検査をしても、

自分の体調不良の要因がわからないこともあります。

 

 

このようなことが現実に多くの方に起きています。

それは、おそらく病院の検査でわかる病態とそうではない別の病態があるということだと

思います。

 

 

「病気」とはどういう状態なのか?

このことを私達も知っておかなくてはいけないのだと思います。

 

 

 

 

病院で診断されている病気という状態とは異なる、

「グレーゾーン」というか黒でも白でもない状態があり、

 

 

それが多くの方に起きているということだと思います。

 

 

 

未病ともいう状態だと思います。

 

 

(病院の検査だけでは、ではこうした未病と病気の違いをハッキリとしていないこともあって、どちらかにハッキリと断定できないこともあるのだと思います。

 

 

 

数値によって「~病」ということを判定することに無理がある病態も

 

あるのだと思います。しかし、こうした話は患者、医師双方が同じ認識

 

の元に解決に向かわないといけないこともあり、こうしたことで患者様

 

も不安になり、何が起きているのか?これを知るだけでも安心される

 

方もおられるのは事実です。)

 

 

病態とは、常に揺れ動いている病態もあり、その状態をいつの間にか

 

振り切ってしまうことで、病気と診断されるような状態にもなるうるし、そ

 

うではない状態を長い時間過ごす方もいらっしゃるのだと思います。

 

 

こうした病気になるかもしれない病態があり、いつ自分がこうした不安

 

定な状態に陥るか、わからないことが現実にあります。それは、どこか

 

らそうなっていくのか?どういう経路からなってしまうのか?

 

この部分を知ることが大切なのだと思います。

 

 

 

グレーゾーンには、自分が気づかないうちに起きてしまうことが多いので、

その要因が自分の生活の中にあることも多い為、

多くの方が自分が気づかないうちに起きてしまうこともあるので、生活自体がそのまま

反映されてしまうことに大きな要因があることもあります。

 

 

 

 

病院の検査の数値が急に悪くなり、様々な症状が起きてしまった方の症例はこちらからご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分