横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

「高血圧」「めまい」「頭がボーとする」「手足のしびれ」(高血圧とめまいの改善症例)

症状別治療方法

「高血圧」「めまい」「頭がボーとする」「手足のしびれ」(高血圧とめまいの改善症例)

(症例)

Xさん 男性 (40代)

 

 

(症状)

・高血圧(それに伴うめまい

 「フラフラする」)

 

・頭がボーとする、呼吸もしづらい

 

・集中力の低下

 

・左手、左足がしびれる

 

・寝つきが悪く、夜中に目が覚めてしまう

 

・アキレス腱の痛み

 

 

 

 

 

 

(施術内容)

仕事場、ストレスがかなりあると自覚されていて、

高血圧も3年前から起き始め、降圧剤も飲まれています。

それに伴って、「フラフラするめまい」が起き始め、

その為、精神安定剤も飲まれています。

 

「薬を止めたい」と思われていますが、

不安で止められないと言われていました。

 

昨年、頭部を強打して、それも影響しているのかしれない

ということで、来院されました。

 

 

 

こちらで、お体をお調べすると、

頭部の強打だと思われる「硬膜の問題」があり、

これをまず施術しました。

 

※硬膜の問題については

こちらをご覧ください

 

 

 

身体全体の筋肉が、過緊張な状態で、

これは、ストレスが慢性的にある状態の方の

特有の身体反応です。

 

ご自身が言われるように、

アキレス腱の付近の筋肉(ふくらはぎ)の痛みや張りは、

ストレスと関係している部分であり、

「副腎」という臓器と関係があります。

 

※「副腎」については

こちらをご覧ください

 

 

 

このことからも、そうとうなストレスによる

身体の影響の大きさが、わかります。

 

身体的な事で言うと、

「広背筋」という背中の筋肉が、弱化していて、

これは、膵臓と関係があることがあります。

又は脾臓という臓器とも関係していることも

あります。

 

(脾臓は西洋医学では、血液を作る場所であると

言われ、東洋医学的には、免疫力と関係している

部分だと言われています)

 

 

 

 

 

このような筋肉の筋力が弱化した状態は、

体の内部(臓器)の機能の低下と関係があります。

このような身体にたくさんある筋肉の中で

「ある特定の筋肉」が弱化していることは、

現在の症状との関係もあります。

 

※筋肉と臓器の関係、

ストレス⇒臓器⇒筋肉の関係については

こちらをご覧ください

 

 

 

 

 

この方は特に「ストレス」の影響が大きかったので、

身体の様々な筋肉の弱化、又は過緊張した状態の

身体全体がアンバランスな状態、

「いわゆる体の歪み」も顕著に起きていました。

身体の歪みとは、身体内部の臓器の影響によって、

起きる事もあります。

 

 

 

このような「臓器の機能低下」がある場合、

こちらでは、身体の筋肉に直接アプローチして、

関係する臓器の機能に良い影響を与え、

「臓器の機能を回復させること」を行います。

 

 

 

同時に、筋肉の内部にある「筋紡錘」「ゴルジ腱」という

固有受容器と呼ばれる、脳から筋肉へ伝わる

「神経との繋がりの部分」に作用する方法を

行います。(受けている方は、マッサージを受けている感覚です)

 

※「筋紡錘」「ゴルジ腱」に関しては

こちらをご覧ください

 

 

 

このような施術で、

「副腎」「膵臓」「脾臓」「腎臓」の機能が

徐々に回復してきて、「めまい」が減ってきて、

下の血圧が下がり始め、上の血圧も下がり始めました。

 

しかし、まだ薬を止めることが出来ない状態でした。

 

 

一時的には血圧も下がり、めまいも減りますが、

仕事場のストレスが根本にあり、

又、血圧が上がったり、めまいが起きたり

といったことが起きてしまっていました。

 

この仕事場の影響の部分を変えないと

根本から改善できないので、この場合、

この方が意識を変えることが重要になってきます。

 

 

当院では、このような意識の部分の問題に対して、

「感情の解放」という

ストレスの要因になっているご自分の捉われてしまっている

「思い」「感情」を吐きだして、

「今、自分の最優先にすることは何か?」

 

「これに気づいて」頂くようになる方法も

行います。

 

※感情の解放に関しては

こちらをご覧ください

 

 

 

 

この方法を行うことによって、

「会社を少し休む」という決断ができました。

 

「会社は辞めないけど、休職という形を取れる」という

ことになり、3か月休職できるようになりました。

 

 

この期間のうちに、ある時、

「薬を今日は止めてみよう」と思われて、

止めたら、血圧に何も変化がない事がわかり、

これで「薬を飲まなくても大丈夫」という

意識になれて、薬も止められました。

 

この後、生活習慣、食生活を変え、

自分の生活を変える事で、

健康をコントロールできることに

気づかれてそれを実践されています。

 

 

 

この方のように、仕事場の影響を無くさないと

いけないようなことがあります。

その場合、ご自身が決断して、環境を変える必要があります。

 

計10回の来院で改善しました。

 

 

 

薬の飲み過ぎで体に影響することはこちらから
ご覧ください(薬害の影響の話) 

その他の手足のしびれ症状の改善症例はこちらから
ご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分