横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

横浜ホリスティック治療
キネシオロジー



関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

【コロナ安全対策実施中‼】

Zoomによる無料オンライン問診
実施中オンライン受付時間

(9:00~17:00)

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

朝起きたら肩首が痛い症状

 

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長

国田康二と申します。

 

・「朝起きて、目が覚めると肩や首が痛いと感じる」

・「肩や首が痛くて夜中に目が覚める」

・「痛くて、朝方早く目が覚める」

 

といった症状の方が、おられます。

 

 

このような症状は、体の内部の働き(臓器など)と関係が

あることがあります。

 

このような上記↑のような症状がなぜ起きるのか?

このご説明をさせて頂きます。

 

 

 

朝起きたら肩首の痛みと「普段の食生活や生活習慣」
との関係

今までの食生活や生活習慣、ストレスの等が、朝起きたら首や肩の痛む症状と関係

このような症状があると、

多くの方は、「単なる肩こりや首の痛み」だと思い、

マッサージに行ったり、

あまり気にしないで、そのままにしているか方も多い

です。

 

しかし、このような

「決まって朝に症状が起きたり」

「朝、痛くて目が覚めるような状態」

「いつも夕方になると、だるい、倦怠感が起きる」といった

 

ある特定の時間帯に「体の不調が起きる場合」

体の臓器の働き普段の生活でストレスに感じている事と関係があることがあります。

 

又、女性では、生理前に体調不良が起きることも多く

ホルモンバランスと関係していることも多いです。

 

女性でいうと、出産後に体の変化が起こり、

このような肩首の張りが、起きるようになってしまう方もいます。

 

 

これらの症状の原因は、多くの方が思ってもいない

御自分の

・「食生活」

・「生活習慣」

・「ストレスある生活環境」

・「人間関係のストレス」

 など生活の中のことが原因となっていることがあります。

 

 

 

 

朝起きたら肩首が痛むことと「体の働きの仕組みの関係」

体の働きの仕組みを知ることが重要です。

(体の働きの仕組みを知ること)

私達の体は食べた物の栄養や水によって

細胞が働き、その後、体でいらなくなった物

(老廃物)がリンパ管を通って、呼気や尿、便、汗に

よって体の外へ出されます。

 

 

この細胞の働きが正常でいることで、

新陳代謝が円滑に行われ、私達の体の細胞は

毎日作り出されています。

 

こうして私達の体は適切に働き、

新しい細胞と古い細胞が入れかわっています。

 

 

しかし、「食生活」「生活習慣(運動、睡眠、休息など)」に問題があり、

この状態が長期間続くと、体の働きを低下させ、正しい身体の内部の働きが

出来なくなってしまいます。

 

これが「体の神経の働きにも影響を与えてしまうのです」

それは、神経を伝わり、肉体(筋肉)に表れるのです。

 

 

 

この「食べ物、飲み物」によって私達の体は作られ、

「水」によって、老廃物が洗い流され、

運動によって体からリンパ管を通って老廃物が押し流され

睡眠、休息によってホルモンの働きが促進し、

体の細胞の修復がされる、という

「体を円滑に進めてくれている働きが、誰の体にもあるのです」

 

ですから、「体に取り入れる物」が自分に合っているのか?

ちゃんと睡眠はとれているのか?

 

こういった一つひとつのことが、徐々に体に影響を与えていくのです。

 

 

 

病院の検査でも出ない体の症状があります
(体の内部の変化は、筋肉に表れます)

病院でも原因がわからない症状が
あるのです

この体の働きのサイクルに問題が起きることで、

それが肉体(筋肉)に表れ、症状が起きます。

 

この原因をまず見つけ、

明確にすることがとても大切なのです。

 

 

 

このような「ある特定の時間に症状が起きたり」

「時間によって体調が悪くなったりすること」は、

実はよくあります。

(例、夕方になると体が揺れるといった「ふらつき症状」を言われる方もいます)

 

 

しかし、このような症状があっても病院では、

さっぱり原因がわからず、「この後どうなってしまうのだろう。。。」

と感じられる方も多いです。

 

その不安や心配は、

「どうして良いのか?」「まずます悪くなったらどうししょう」と

いう思いが強くなり、これが症状をさらに強めてしまうことも多いのです。

 

このような症状に原因が無いわけではなく、

原因が、「病院の検査の範囲以内にない為」に症状が起きているのです。

 

 

朝起きると肩首が痛む症状を「根本改善するには」

朝起きると肩や首が痛む、もう一つの大きな原因に、「精神的なストレス」が
関係していること

《 根本原因を解決するには 》

 

・「朝起きた時に肩首に痛みやコリの症状」

・「肩や首が痛くて夜中に目が覚める」

・「痛くて、朝方早く目が覚める」

・「いつも夕方になると、だるい、倦怠感が起きる」

 

などの症状を言われる方の多くには、

もう一つの特徴として、

 

現在または過去に大きなストレスや過去の持続的なストレスがあったと

言われることも多いことです。

 

また、「考えすぎてしまう性格」の方がこの症状を起こすことが多いです。

 

ストレスとは目に見えないものですが、

私達はこの目に見えないストレスの影響を常に受けています。

 

現在の科学でも適量のストレスは生命を維持させる為に必要で、

様々な環境の変化に適応する為になくてはならないものとわかっています。

しかし、適量のストレスは体にとって必要ですが、

「大きなストレス」や「持続的なストレス」は体にとって、有害となります。

そしてこれらは、体の各機能の働き(神経、ホルモン、臓器など)の妨げになります。

 

この影響は病院の検査

(血液検査、レントゲン、MRICTなど)ではわからないことなのです。

 

この状態は、

(長い年月のストレスはやがて臓器や肉体のにあらわれる、癌や糖尿病などの

 細胞レベルの問題まで発展して、人によっては病気という病院と診断される状態に

 なることもあります)

 

 

この「大きなストレス」や「持続的なストレス」は、脳の中では混乱が起こります。

特に脳の目側の「前頭前野」という部分に影響を与えます。

 

 

この影響は、

脳の働きを担っている

「神経伝達物質(セロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリン等)」

のバランスが徐々に崩れ、脳で電気の信号のやり取りが正しく行われなくなります。

この状態は物事に対する「適切な判断や思考ができない」状態になってしまいます。

 

そして、それは「行動にも表れます」

「なぜあんなことをいってしまったのだろう。」

「なぜあんな行動をしてしまったのだろう」と

後から後悔の念がでてくることもおおくなります。

 

この状態は、脳で「海馬」という記憶に関係した部分にも影響を与えます。

同時に感情を生み出す「扁桃体」という部分が常に発火したした状態になり、

脳の前側の「前頭葉」が適切に感情をコントロールすることが出来なくなった状態を

さらに促進します。

(通常は、「前頭前野」が感情をコントロールしていますが、それができなくなって

 ある感情に支配され、感情的に衝動的な行動が表れてしまうのです)

 

 

この状態は、神経の働きや自律神経をコントロールする中枢である「視床下部」に

影響を与え、体(筋肉)の緊張を起こします。

この状態は交感神経が過敏になっている状態です。

このようなストレスという目に見えない部分の影響を

当院(横浜ホリスティック治療室)では、

キネシオロジーという方法の筋肉を使った検査法で原因となる、

精神的な部分の影響の問題があるのか?

 

それを細かく分析します。

「現在のストレスによる感情の問題」なのか?

「過去の様々なストレスによる感情の問題」なのか?

「過去のトラウマ」などが原因になっているのか?

同時に、

普段の生活の影響「生活習慣」「食生活」なども、原因になっていないか?

(食べた物によって血糖を上げたり、腸に影響を与える物が体に影響し、

 それは腸内細菌叢にも影響を与えます。腸内細菌叢のバランス側憂くなると、

 脳にも影響することが、最近の研究でわかってきています)

 

こうした様々な広い範囲から原因を明確にして、施術をしていきます。

 

 

 

朝起きたら肩や首が痛い症状と中国医学との関係
(中国医学の考えが必要になることもあります)

中国医学の考えが必要なこともあります。

(中国医学の考えが必要)

・「朝起きた時に肩首の痛みやコリの症状」

・「痛くて目が覚めるような症状」には、

 

中国医学でいう「時間によって流れる経絡」のことが

関係していることもあります

 

 

時間によって症状が起きるのは、

私達の体にはこの経絡の流れが存在する事と関係があります。

 

 

ある時間になると「その時間のエネルギーが下がる↓」

ということが関係していることもあるのです。

 

その場合、経絡治療も必要になります。

 

 

お悩みの方は、ご相談も受け付けております。

気軽にご相談ください。

 

 

慢性的な肩こりや他の頭や首に関連する症状は
こちらからご覧ください

中見出し

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

新着情報

令和3年10月8日

関東では大きな地震がありましたが、いつでも動ける健康な体が大切だなと実感しました。


コロナ安全対策実施中‼
 

令和3年10月7日

受けたい方が多いので、10月からもオンライン個人セッション 初回限定30分3,000円(税込み)を受け付けています。

ご希望の方は、ご連絡ください。



コロナ安全対策実施中‼
 
 

令和3年10月6日

季節の変わり目のこの時期に、体調を崩さないようにして下さい。


コロナ安全対策実施中‼

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分