横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

膝の痛みや膝がぐらぐらする症状がある方へ

症状別治療方法

膝の痛みや膝がぐらぐらする症状がある方へ

 

高齢の方は膝や足首の痛みを言われる方が多いです

が、これは老化ではなく、食生活の影響で起きている

方も実は多いです。

 

高齢に限らず、膝の痛みを言われる方が、

40代過ぎると増えてしまうのは、

年齢と共にホルモンの変化もあり、

今までの生活習慣や食生活の影響が出始める時期でもある為です。

 

 

砂糖や果糖などの糖分が多い食生活や油ものが多い食生活は、膝の痛みを起こす事が多いです。

これは、膝の裏の筋肉(膝窩筋)が「胆のう」と関係している為に下肢、又は下腿の筋力のバランスが崩れる事で起きます。

 

又は、小腸に関係した大腿部の前側の筋肉(大腿四頭筋)とも関係した

臓器の影響が表れ始めたことにあります。

 

(食べる物が体に影響することの詳しい事は、こちらをご覧ください)


 

 

 

このような、食べ物による臓器の機能低下が、
筋力の低下を起こす事で膝の痛みを起こす事があります。
 

 

 

このような状態は、食べる物を変えたり、一時、上記のような食べ物をひかえる事で、
症状が改善します。

 

 

 

筋肉のケアなど体へのアプローチだけでは、改善されないのは
このような生活の中に要因がある為です。

 

当院はキネシオロジーという方法で、これらの臓器の関係や

生活習慣、食生活が体にいかに影響しているか、

明確にして、膝の症状が起きている原因を改善していきます。

 

膝の痛みには「筋肉の働きに関係した筋紡錘、ゴルジ腱」という部分も大きく関係している事も多いです。詳しくはこちらからもご覧ください

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分