横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

ふらつきなどの、原因がわからない症状が起きるのは

症状別治療方法

ふらつきなどの、原因がわからない症状が起きるのは

ふらつきや突発性難聴のような自律神経症状が起きている方は多いです。

 

しかも、このような症状の原因がわからない方も増えているのは、このような症状が体だけの問題で起きているわけではないからです。

 

人によっては、精神的なストレスを感じたこと。

とてもショックな事と関係していることがあります。

 

 

 

 

 

 

急なショックな事があると、

誰でも物事をすぐに受けれられなくて、

今起きている現実に現実感がなく、

その時は、何の感情も表面に出なくて、

時間と共に、このことを忘れていくことが

あるのだと思います。でもその事は

記憶に残っていて、これが本人が気づいていないぐらい

ショックな事として、記憶に留まっていることも

あります。

 

 

 

 

 

 

治療の際に、このような感情の記憶が残っていることで、

それが体に与えることを知ると、

感情を表現できない事は、心身の病気に繋がる、

病気の根のような物だと感じます。

 

 

 

 

 

 

先日もこのような事が、頭や体が揺れる症状の要因に

なっている方がおられました。

このことが、幼少の頃にあり、

それは現在では。そんなに思い出すということでは

ないのですが、どちらかというと、

もう忘れている事のようなことでしたが、

ご本人が気づいていないくらい、

ショックで悲しいことだったのだと思います。

でも不思議とその当時は、涙もでなくて、

冷静にいろんなことを考えていたようです。

 

 

 

 

 

 

このように、あまりに急なことがあると、

状況を受け入れられないことがあり、

人は、このような反応を起こすのだと思います。

 

 

 

 

 

ご自分が、この当時の記憶を思い出すと、

この当時こんなに悲しい事とは思ってもみなかった

と言われていました。

このような感情を 気づかないで溜めてしまっている

ことが、体の症状と関係していて、

日常の何かのキッカケで思い出して、

症状が出始めるのだと思います。

 

 

 

 

しかし、これは無意識なので、ただ体が反応するという

ことが起き、それがふらつきや体が揺れたり、

突発性難聴のような自律神経症状を起こします。

それが自分では気づけないので、

常に反応している状態が続いてしまいます。

このような症状の原因は、とても多いです。

 

 

当院は、このような原因がわからない症状の原因を

明確にして、治療していきます。

原因がわからなくて様々な症状で悩まれている方は、

ご連絡下さい。

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分