横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

【コロナ安全対策実施中‼】

Zoomによるオンライン問診実施オンライン受付時間
(9:00~17:00)

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

様々な要因で原因がわからない症状が起きてしまいます。(病院の検査が原因となること)

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長

国田康二と申します。

 

 

体に状態とは、

思いもよらないことで、体調を崩す事があります。

 

 

それが病院で行う様々な検査をしたことがキッカケで、

起きる事もあります。

 

このような「病院での検査で実際に起きている」

「体調を崩すことについて」、ご説明させていただきます。

 

 

「MRIの検査」の体に与える影響について

患者様の問診をする時に、症状が起き始めた時のことを

お聞きします。

 

その時に、多くの方はこちらに来られる前に

病院に行って検査をされています。

 

 

 

たとえば、多くの方が、めまい感がある時、病院では脳に何か疾患があるのではないか?

ということで、MRIを行い脳の状態を検査します。

 

この時に体に影響を受ける方もいます。

このMRIをした後、体調を崩す方もいるにのです。

 

 

 

誰でもこのような影響がある訳ではないのですが、

人によって自律神経が乱れた状態の時には、このような

 磁気の強い検査器具によって、

体の自律神経の状態を さらに崩す事があります。」

 

 

 

MRIの検査後から、「頭の違和感、頭がフラフラする、足元がふらつく」、

このような症状が起きたと言われる方もおられますので、注意が必要です。

 

 

「電磁波」の影響が私達の体に与えている
(自立神経との関係)

 

この自律神経の状態が乱れている時に、

磁気を伴った検査を受けることで、影響を与えてしまう事は

多いです。

 

こうした「電磁波の影響」は多くの方に現在起きています。

 

 

自律神経が乱れすぎた状態と電磁波との関係性は、

普通の方が何でもないと感じられることでも

体調を崩す方がおられます。

 

「会社でパソコンをする」

「オフィスなどの証明が多い場所、繁華街を歩く、又はその場にいること」

「コピー機を使う」

 

又は「電車に乗る」

  「新幹線に乗る」など

これら乗り物に乗ることなど。

 

 

これらは、普通なんら問題がないと感じられている方が殆どだと思いますが、

電気機器に接する事や乗り物に乗ることで、

肩こりや首のコリ、めまい感、ふらつき、不眠症、耳の閉塞感など

様々な症状が起きたり、これらの症状が強く出る方もおられます。

 

 

 

又は、慢性的な様々な症状や肩コリや首の痛み、腰痛などの要因が、

こうした普段の生活の中で体に受けていることが原因になっている方もいるのです。

 

 

殆どの方は、体の症状が電磁波の影響で起きているとは思っていません。

しかし、実際にこうしたことが、体に起きている方も多いのです。

 

「電磁波過敏症」についてはこちらをご覧ください

 

 

 

 

このMRIのような強い磁気の影響も、同じ電磁波や磁気作用が要因で

起きていると考えられています

 

 

磁気治療という機材を使って、体の施術をする方法もありますが、

これで症状が悪化することもあります。

なので、注意が必要です。

 

 

 

その他の「体に影響を与える可能性のある病院の検査」
「(腰椎穿刺)の影響」について

 

又、磁気の影響ではないのですが、「腰椎穿刺」といって、

頭痛の要因を調べる為に、腰の部分の脊髄から髄液を採取して、

脳の代謝で分泌される成分を調べることを行う事があります。

 

 

これによっても体調を崩し、

「その後ずーと体調が悪くなる方もおられました。」

(これは脳と脊髄を覆った膜の、「硬膜」の状態によって起きます)

 

 

 

人によってはこうした、病院の検査で体が影響を受けてしまう事が

ありますので、とても注意が必要です。

 

まさか、、と思うようなことでもありますから、

防ぎようのないこともありますが、自律神経が乱れた状態の時は

このようなことが起きる時もあります。

 

私達は、こういう事があることを知っておく必要があります。

 

 

 

 

こうした様々な要因があります。

当院(横浜ホリスティック治療室)は、こうした様々な要因

お体にどのように影響し、現在、身体がどのような状態なのか?

そして、その状態を回復する為に何が悲痛用なのか、これらを見つ出して、

原因を明確にして、その方に必要な方法をとって改善していきます。

お困りの方はご連絡下さい。

 

 

※↓下記は「腰椎穿刺」の図です。

病院の検査で行う様々な「薬品」や「薬の服用」で
体調を崩された方の症例はこちらからご覧ください

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

新着情報

令和2年6月9日

コロナ安全対策実施中‼ 当院は、 すべておひとり一人施術後にタオル交換して、感染予防を万全にしております。 ご案してご来店ください。

令和2年6月5日

明日、6月5日(土)15:00~16:00 「40代からの女性の為のセルフケアセミナー」を開催いたします。Zoomによるオンラインで開催いたします

令和2年6月4日

コロナ安全対策実施中‼

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分