横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

ふらつきやめまいなどの症状を改善する為 に普段食べている物をチェックしてみること 

 

様々な症状を起す要因は様々あります。

 

 

 

 

 

普段いつも食べている物の中に、

 

自分の体調を崩す要因になる物があることがあります。

 

 

 

 

まさか。。と思うようなことですが、実際にあります。

 

 

日々が忙しかったり、ストレスがあると、

 

どうしてもすぐにエネルギーに変わる物(甘いもの、高脂肪なもの)

 

が欲しくなります。

 

 

 

 

 

これらが無意識に欲しくなり、ついつい多く摂ってしまい、

 

結果、毎日のように摂ってしまっている。。という事にも

 

なりがちです。

 

 

 

 

 

こうして、自分の体にある物が過剰に入ってくることになり、、

 

これが体調を崩す要因になることがあります。

 

 

 

 

 

 

私も自分で、最近 砂糖と小麦の摂り過ぎだと感じて、

 

砂糖と小麦を一切摂らないという生活を1週間しました。

 

お水の量も少なかったと感じていましたので、

 

お水の摂る量も増やしました。

 

 

 

 

 

体に砂糖や小麦がたくさん入っていたのだと思います。。

 

砂糖と小麦を摂らなくなって、すぐに

 

「背中や腰、おしりなどいたる所が、かゆくなりました」

 

「だるく、風邪のような鼻水がたくさん出て、咳も出て。。」

 

(※かゆくなるのは、毒素が体から出そうとしている反応で

  ある事が多いです。)

 

 

 

 

このようなことが4、5日続いて、その後何も出なくなり、

 

快調になりました。

 

 

 

 

 

このような自分の体を実験台にすることは、

 

体の働きを知ることにもなり、普段の食べ物の影響が

 

大きいことを実感できます。

 

 

こうしたことは、原因がわからないめまいやふらつきの方にも

 

多く見られます。御自分の食生活を見直す事が

 

症状を改善する為に必要な事は、実はとても多いのです。

 

詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

今はファスティングやプチ断食が流行っていますが、

 

普段、自分に多いと思うものを しばらく摂らないように

 

することも体の中を変える事になります。

 

 

やはり、いろんな物を食べすぎていることが多いのだと

 

思います。

 

 

 

 

当院は、こうした原因がわからないことで悩んでいる方の原因をお調べし、

根本から体をケアしております。

 

 

 

 

「ふらつき」や「めまい」などで悩まれていた方の症例は
こちらからご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分