横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

横浜で腰痛を根本から改善されたい方は当院へ

腰痛は多くの方で起きている症状です。しかし腰痛といっても様々な症状があります。

 

仰向けになれない、長時間座っていると痛みや臀部から足まで痺れがある、朝起きると腰が痛い、歩いていると腰から臀部、足まで痛みや痺れがある、寝返りや立ち上がる時に腰や臀部に痛みが出るなど。。。

 

・ 腰痛が起きたキッカケが、ギックリ腰を起こしたことからある方。

・ いつか分からないが、気が付いたら腰が重い、だるいといった症状がある方。

・ 同じ姿勢(寝ている、歩いている、座っている、立っているなど)を長時間していると

  痛みが出る方

・ 病院で 椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症など 病院で診断された方

 

 

このような様々な状態の方がいますが、

このような腰痛のすべての症状は、

(病院で診断されたとしても)、

 

 

筋肉に備わった機能である受容器

筋紡錘、ゴルジ腱)又は筋膜や靭帯の問題があり

 これらが、正常に働いていないこと、それに加えて日常の生活の影響が殆どです。

※筋紡錘、ゴルジ腱に関してはこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

それは、病院で診断された症状(椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症など)でも、

現在起きている症状(痛みや痺れ)がMRI画像診断で診断されていたとしても、

症状との関連性がないことが、とても多いからです。

実際に起きている痛みの要因が、画像診断で分かる情報

だけではわかりません。

 

 

脊柱管狭窄症の方が、こちらでは改善されています。

※様々な症痛で悩まれている方は、お気軽にご相談ください

 

※お悩みのご相談、お問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※慢性腰痛、ヘルニアの改善症例はこちらから

ご覧ください

 

 

※「毎朝起きる時に、腰が痛くて起きる症状」の

改善症例はこちらからご覧ください

 

 

※「急なぎっくり腰」「臀部、下腿、下肢のしびれ」の

症状の方の改善症例は、こちらからご覧ください

 

 

※「20代後半から肩首の張り、ケガの後遺症」の方の

改善症例はこちらからご覧ください

 

 

※「坐骨神経痛(臀部から腿の裏までの痛みや張り)」と

ホルモンバランスの関係の改善症例は

こちらからご覧ください

 

 

※「顔にブツブツが出てきて、慢性腰痛があり、

パニック障害と病院で診断された方」の改善症例は

こちらからご覧ください

 

 

 

 

以前、NHKの放送で、多くの方が見られたと思いますが、

「腰痛」が起きる要因が、今まで病院で言われていた「椎間板の問題」「神経圧迫の問題」

などは一部の問題で、多くは「脳でいたいと感じること」が原因だと、

科学的に証明されました。西洋医学での「腰痛」の取り組みも海外では、

カウンセリングをしています。

この放送で、今まで手術をしていたことが間違いだったと、医師は認めています。

 

慢性的な症状であれ、突発的に症状が起き、病院に行って診断されたとしても、

画像診断は一つの情報であって、実際の体(肉体)と症状を照らし合わせてみる

検査をしないと、本当に現在の症状の原因は何なのか?わかりません。

キネシオロジーではその原因を明確にします。

 

 

 

《 様々な腰痛の原因 》

 

「様々な姿勢で起きる腰痛」「持続的に続いている腰痛」「頻繁に起きるぎっくり腰」などの

 慢性的な腰痛の方には、原因が思ってもいないことから起きている方が殆どです。

 

 それは、御自分の「食生活」「生活習慣」「ストレスある生活環境」

 「人間関係のストレス」など生活の中にあります。

 

私達の体は食べた物の栄養や水によって細胞が働き、その後、体でいらなくなった物

(老廃物)がリンパ管を通って、呼気や尿、便、汗によって体の外へ出されます。

この細胞の働きが正常でいることで、新陳代謝が円滑に行われ、私達の体の細胞は

毎日作り出されています。

 

「食生活」「生活習慣(運動、睡眠、休息など)」はこの細胞の働きを

起こす為に必要不可欠です。

 

この「食べ物、飲み物」によって私達の体は作られ、

「水」によって、老廃物が洗い流され、

運動によって体からリンパ管を通って老廃物が押し流され

睡眠、休息によってホルモンの働きが促進し、

体の細胞の修復がされます。

 

この体の働きのサイクルに問題が起きることで、

症状が起きます。

 

この原因をまず見つけ、明確にすることがとても大切です。

 

原因が無いわけではなく、原因が病院の検査の範囲以内にない為に

症状が起きているのです。

 

 

 

《 慢性的な腰痛を根本から改善するには 》

 

毎日何気なく食べている物や飲み物の中に、自分に合わないものがある事、

水分の摂取量の不足、仕事や用事で休みのない生活など、

その方によって要因となることは様々ですが、このような日常の生活が臓器に

影響することがあり、

(この臓器の影響は数値の変動にまで至らない、機能の低下による影響なので、

 病院の検査では何も出ません)

この臓器の影響は神経を介して、下半身の筋肉の筋力を弱めてしまい、

これにより痛みや張りが出ます。

 

 

慢性的な腰痛症状がある方は、この日常の影響があったとしても

今までここに問題があるとは思ってもいないので、

病院や鍼灸やマッサージ、カイロプラクティックなど通っても症状が

完全に解消されない方が多いです。

 

生活に問題がありますから、これを変えないことにはいつまで経っても

根本から改善されません。

生活を改善することを提案することで、

今まで改善されなかった症状が改善するのはその為です。

 

あとは、気持ちの変化や過去の感情の影響が現在に影響している、

精神的ストレスの影響もある方もいます。

その影響がある方は感情の解放を致します。

最近は人間関係など様々なこの精神的なストレスの影響から腰痛になる方も多いです。

 

 

キネシロジーで改善した腰痛の症例

・ 脊柱管狭窄症

・ 椎間板へルニア

・ すべり症

・ 下腿下肢の痺れ

・ 長時間歩いていることで、痛みやしびれが起きる

・ 仰向けになれない

・ 寝返りや座っていて立ち上がる時の痛み

・ 常に腰部や臀部の張りや痛み

・ 膝や股関節の痛み

腰痛が膝と股関節の痛みと関係していること

腰痛があり、膝の痛みや不安定感を感じている方も多いです。又、腰痛があり、股関節の痛みや違和感を感じている方もいます。

それとは異なり、腰部に痛みや張りがなく、膝の痛みや不安定感を訴える方も多いです。又、腰痛がなく、股関節だけに痛みや張り、違和感を感じている方もいます。

 

このように、腰痛と膝、股関節の関係は多くの方に見られる症例としてとても多いです。

実際は腰痛がなく、腰の負担が膝や股関節にかかる事で、膝痛や股関節痛を起こしていることがとても多いです。

このような膝と腰の関係は構造的なことから関係性があること、それによって膝や股関節の症状と腰痛の症状を併発しやすいことがあり、この関係性を知っていることで、膝の治療が同時に腰痛の治療になることもあります。

 

良く言われることですが、私達が二足歩行になったことから腰痛は始まった。又は農耕するようになってからとも言われています。

いずれも構造的な影響があることで腰痛が起きることがわかります。このように二足歩行、農耕を考えた場合、大腰筋、腸骨筋という股関節から腰部、骨盤という腸骨、腰椎を繋ぐ筋肉の使い方が関係しています。(大腰筋、腸骨筋は身体の姿勢を維持する為に必要であること。身体を屈曲する為に使う主要な筋肉であること)

 

さらにキネシオロジーでは、この大腰筋、腸骨筋が腎臓と関係していることがわかり、より腰痛になる原因が明確になりました。

 

それは、水の摂取不足から腎臓の機能低下の状態になること。水の摂取に関しては、いろんな情報が流れていますが、水の摂取不足が殆どだということ。

腎機能を高める為に、水が必要で一日2リットル摂る事が必要な方がとても多いです。

慢性的な腰痛を改善する為に、水を2リットル摂るだけで改善可能になることも多いです。

又は、腎臓の機能を高める栄養素を摂る事で、慢性腰痛を改善することもあります。

このような臓器に関係した症状は、非常に多く、病院で診断されるような腎機能の数値に出ていなくても、機能低下が筋肉に反映されることで御自分の遺伝的な傾向もわかります。

 

 

腰痛が感情や気持ちの変化で起きること

キネシオロジーでは、症状の原因を明確にする為に様々なことから要因をお調べしています。

 

その中で、最近とても多いのが感情や気持ちの変化による身体の症状です。私達は、生まれてから様々な出来事があります。その出来後事に対して、個々によって様々な反応を起こします。

それが、感情や気持ちです。

 

この感情や気持ちは、私達が生きていく為に生存していく為に必要なものだと言われています。良く言われることですが、私達の祖先が猛獣に出会った場合、逃げるか闘争するか。

という選択を迫られることで起きる「恐怖」という感情は、扁桃体という感情を生み出す部分から生み出され、記憶を司る「海馬」という部分に「出来事と感情」が記憶されます。これが経験となり、同じような状況に会ったとしても、この感情が出来事と付随して記憶されていることで、危険を回避できる可能性が高まります。

このように感情は、自分を安全な状態にする為に必要があり生まれたとも言われています。

 

しかし、この感情が記憶されることで、同じ状況が起きたり、又起きるのではないか?という先を予測できるようになった人類は、実際に起きていなくても実際に起きているように感じ、その感情に支配されてしまうことで、身体は緊張し、結果として痛みや張りを常に感じてしまう状態になる事があります。

このような状態は、無意識で起きていることが殆どで、自分は全く意識していなくても起きてしまっていて、これが腰痛となって起きている方もいます。

 

持病のようにいつまでも痛みや張りが慢性化している状態は、腰痛に限らず肩こりでも同じような感情が原因で起きてしまっていることが、非常に多いです。

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

 

市営バス「小港」停留所から徒歩1分

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分