横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

パーキンソン病、又は類似した症状でお悩みの方へ

症状別治療方法

パーキンソン病、又は類似した症状でお悩みの方へ

ここ数年、パーキンソン病、又はまだパーキンソン病と診断されていませんが類似した症状(手や足がふるえる、手や足に力が入りづらい、よろけて転んでしまう‥)の方が増えています。

 

 

 

 

・「足に力が入らない」

・「足がおぼつかなく、よちよち歩きになってしまう」

・「手足が震えて、字が書けなくなってきた。パソコンも難しくなってきた」

 

 

 

このような症状の方が、とても増えています。

多くが年齢を重ねて(50代~60代くらい)から症状が起きる傾向にあります。

私の親戚にもいて、とても深刻な問題となっています。

 

 

高齢に近づいてくる年代になると、徐々に「パーキンソン病」は起きると言われています。

この病気の症状の要因は、脳の大脳基底核にドーパミンという神経伝達物質が不足して起きると言われています。

 

このような症状があると、多くの方は病院に行き、

「パーキンソン病」と診断される方もいます。

 

又、このパーキンソン病と診断されている方の中には、

脳に異常が見られないで、パーキンソン病の疑いがあると診断され、

ハッキリとした確証がない状態で、薬を処方されている方もいます。

 

実際に原因がわからないと言われてる方もいます。

 

 

 

「パーキンソン病の疑いがある方」、「原因がわからないような状態の方」

このような両方の方が、現在多くいらっしゃいます。

 

こちらにもこのような方が、多く来られます。

この両方の方に共通点があります。

それは、腸の働きが低下しているということです。

 

 

※お悩みのご相談、お問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください

 

 

 

 

 

 

症状としては、便秘や下痢、軟便の方が多いことです。

腸の状態は、医学でも「腸内フローラル」のことが話題になっているくらい、

腸の状態は医学でも大切だという医師も増えています。

 

しかし、腸の状態の腸内細菌ということだけでなく、

「腸の働きの低下」はこれとは異なります。

 

自律神経の状態と関係性があり、自律神経が乱れた状態は、

腸の働きが低下しやすくなりやすく、

それに加えて自分に合わない食べ物や飲み物を長年摂っていると、

腸が上手く消化できなかったり、吸収できなかったりします。

その状態は、食べ物が腐敗した状態、腸で残ってしまうことが起き

毒素も発生してしまうこともあると言われています。

 

 

この状態はガスを発生させ、このガスは腸から血液を介して脳までいくことがあるのではないかと現在言われています。

 

この結果、脳も細胞ですから、酸化し、細胞自体が徐々に破壊されていきます。

 

このように腸の状態が原因で、脳の細胞にダメージを与えることもあるということです。

 

現在、多くの方が腸の問題から様々な体のトラブルが起きています。

このパーキンソン病であったり、パーキンソン病に類似した症状をお持ちの方が

増えている要因は、このうような「腸の状態」と関わりがあるという説も

だんだん有力になっています。

 

当院では腸の問題がこのような症状が起きることを研究してきました。

このような症状の原因には「腸の状態」との関係性が事実あります。

そして、ストレスも関係している複雑な症状でもあります。

遺伝が関係していることもあります。

 

 

 

 

 

 

《 様々な問題が重なって「パーキンソン病のような症状」を起こします 》

 

これらの症状の原因は、多くの方が思ってもいない

御自分の「食生活」「生活習慣」「ストレスある生活環境」「人間関係のストレス」など

生活の中にあります。

 

私達の体は食べた物の栄養や水によって細胞が働き、その後、体でいらなくなった物

(老廃物)がリンパ管を通って、呼気や尿、便、汗によって体の外へ出されます。

この細胞の働きが正常でいることで、新陳代謝が円滑に行われ、私達の体の細胞は

毎日作り出されています。

 

「食生活」「生活習慣(運動、睡眠、休息など)」はこの細胞の働きを

起こす為に必要不可欠です。

 

この「食べ物、飲み物」によって私達の体は作られ、

「水」によって、老廃物が洗い流され、

運動によって体からリンパ管を通って老廃物が押し流され

睡眠、休息によってホルモンの働きが促進し、

体の細胞の修復がされます。

 

この体の働きのサイクルに問題が起きることで、

症状が起きます。

 

この原因をまず見つけ、明確にすることがとても大切です。

 

原因が無いわけではなく、原因が病院の検査の範囲以内にない為に

症状が起きているのです。

 

 

 

 

病院の検査でも原因がわからない「足に関する症状」に
ついてはこちらからもご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分