横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

手足のしびれの症状やジンジンするような違和感がある症状でお悩みの方へ

症状別治療方法

手足のしびれの症状やジンジンするような違和感がある症状でお悩みの方へ

しびれにも様々な種類があります。

 

「ジンジンする感覚があって、何かおかしい」

「触っても感覚が鈍い感じがする症状」

「何か他の部分と違うような違和感がある」

 

患者様のお話を伺うと、こうした様々な症状を言われます。

 

 

しびれと言っても、一人一人要因も異なりますので

言われる症状も当然異なります。

 

 

こうしたしびれの症状を起こす部位も、様々あります。

 

 

足の裏やお尻から腿の裏側にかけてのしびれ症状、

又は指先から手、腕にかけてのしびれなど

の症状で悩まれている方も多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

いろんな治療院や鍼灸院に行かれても

どうしても改善されない「しびれの症状」には、

治療だけでは難しい根本的な問題があります。

 

 

 

なかなか治らない「しびれ症状」には、

栄養素の不足や自分の普段食べたり飲んだりされている物の影響もあります。

 

自分でも気づいていない、必要な栄養素が足りなくなってしまっている状態もあり、

これが「しびれ症状」が治療だけではなかなか治らない要因です。

 

又、精神的なストレス「しびれ症状」

起こす事があります。

 

こうした一人一人異なる症状の要因を見つけ出すことが

お体の状態によっては必要です。

 

 

 

   

 

※精神的なストレスが、体に与え、

様々な症状が起きる要因となることに

ついては、こちらからご覧ください

 

※自分に合わない食べ物や飲み物などの影響については

 こちらからご覧ください

 

※自分に必要な栄養素を摂り入れることで症状が改善される事とは?

 

※綺麗なお水をたくさん摂ることの必要性についてはこちらから

 

 

 

 

   以下は「しびれ症状」の改善症例です。ご参考にしてください。

 

※「首の前側から胸にかけての痛みや張り、臀部から下肢までの痺れ」の方の

  改善症例は、こちらからご覧ください

 

 

※「急なギックリ腰のような腰のいたみと下肢の痺れの方の

  改善症例はこちらからご覧ください

 

※「脊柱管狭窄症」と診断された方の改善症例は

  こちらからご覧ください

 

 

※「坐骨神経痛(臀部から腿の裏までの痛みや張り)」と

ホルモンバランスの関係の改善症例は

こちらからご覧ください

 

 

 

 

 

 

病院で「しびれ」という症状を訴えると

脊椎や脊髄の問題が原因で神経を圧迫や干渉していることを考えますが、

実際に「しびれ」の症状を訴える方の多くの原因が、

御自分が普段食べている物が原因で起きていることが要因で

その影響は、筋肉の過剰な緊張や筋力の低下を起こすことで、

筋肉の周辺を通る神経を干渉することで「しびれ」を起こすことがあります。

 

原因が ≪食べ物≫ というと、不思議に思われる方もいるかもしれませんが、

多くの改善されない「しびれ」「ジンジンした違和感」

「感覚が薄れているような感覚覚」などを治療してきて、

このような原因があることがわかりました。

 

 

しびれの原因には筋肉の状態が関係していることがあります。

もし病院で診断されていたとしても、

しびれ症状がなかなか改善されないのであれば、

しびれが起きている要因がは脊椎や脊髄の問題にあるのではなく、

他の要因の可能性もあるのです。(病院で画像診断されていたとしても)

過剰に緊張した筋肉の状態が神経を干渉し、

しびれ症状を起すことも多いのです。

 

ではなぜ過剰に緊張した筋肉が体で起きてしまうのか?

 

 

一つの例として、先ほどお話しした「自分に合わない食べ物」を例にとると、

合わない物を長い期間食べていると、腸の状態を悪くし、

腸の状態が神経の働きに異常を起こします。

 

この影響は、神経を介して、筋肉の状態を変化させます。

(多くが筋力の低下した状態、又は過状に緊張した筋肉の状態を起こします)

このような「普段の食べる物、飲み物など」が原因が

影響しているとは、殆どの方は知らないので、

気づかないで毎日のように食べてしまった結果、

筋肉の状態に健康な方と異なる、慢性的な筋肉が硬い状態や

筋力が弱くなった状態を起こします。

 

 

これが運動神経に作用することで、

筋肉の状態に影響を与えます。

 

過剰に緊張した筋肉、筋力低下した筋肉が、

慢性化した状態が、手や指先、足先、脚など様々な部分につながる神経に作用し、

「痺れ症状」を起こします。

 

 

 

このような個人的な「食という問題」が症状を起こす事があります。

 

又、この「自分に合わない物の影響」は「しびれ」に限らず、

様々な症状が起きる事があります。

「肩や首の張り」「あらゆる部分の痛みや張り」といった

「痛みや張り」を起こす要因となります。

 

 

食べる物など口にから入って栄養となる物から、私達の体は作られます。

体内では胃や腸など様々な器官の働きの調整をしている生命活動の土台には、

細胞と細胞との連携も行われています。

 

その細胞と細胞の間に「基質」という細胞と

細胞の間のコミュニケーションを行う部分があります。

 

この部分に問題が起きると、普段は正常に機能している細胞間のやりとりが

出来にくくなり、このことで、新陳代謝が低下したり。

体内で発生したいらない老廃物を排出したりすることにも、

支障が起き始めます。

 

様々な生命活動が成り立っている根本が徐々に崩れていきます。

 

 

この表れが神経を介して、筋肉の状態にも影響を与えると言われています。

 

 

食べ物がこのような「しびれ」に関係するのは、入ってきた栄養を

エネルギーに変える過程で、

自分に適さない食物を毎日のように食べたり飲んだりしている状況があり、

それは好きでいつも食べているような物であることも多いので、

どうしても過剰に摂取していることになります。

 

 

これが神経の働きを低下させ、「しびれ」または様々な症状の原因になると

言われています。

どうしても改善されない「しびれ」「ジンジンした状態」「感覚が鈍っている状態」

をお持ちの方はこのような原因がある可能性があります。

 

当院(横浜ホリスティック治療室)は、キネシオロジーという方法で、

症状の根本原因を特定して、

その方のお体に合った方法を見つけ出し、改善していきます。

 

※ご相談も受け付けております。

 ご相談、お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

今の自分の体に必要な栄養素や綺麗な水が症状を改善すること、又は今の自分の体に合わない物を避けることで
体が良くなっていくことについてはこちらからご覧下さい

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分