横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

背中の痛み(背部痛)が慢性的にある方へ

症状別治療方法

背中の痛み(背部痛)が慢性的にある方へ

何もしていないのに、背中が急に痛みだしたり、なにか違和感や張り感を感じる方がいます。

このような症状は、年齢問わず起きますが、共通するのは、とても疲れている状態の表れだということです。

 

 

 

人間関係のストレスで精神的に疲れていたり

仕事の休みがない状態家庭の仕事(家事など)介護など休む時間がない状態

ストレスにより「副腎」という臓器が疲れ、

その影響で背中の痛みや張り、違和感が出ます。

 

 

副腎についてはこちらをご覧ください

 

 

当たり前になっているような普段の生活が、実はとてもストレスフルな生活になって

いる方は非常に多いです。

また、加齢と共に背中の痛みを感じる方もいます。

この状態は、肩甲骨の内側の筋肉の「菱形筋」の過緊張が起きている事があります。

この筋肉は「肝臓」とも関係があり、加齢とともに

肝臓の機能が低下してきたことの表れです

 

 

又、肩甲骨の外側の筋肉の「小円筋」が過緊張していることも多いです。

この筋肉は、「甲状腺」というホルモンを分泌する臓器の機能と関係している筋肉で、

甲状腺の機能低下を表しています。

 

 

このような筋肉と臓器との関係は、医学的に言われていることではありませんが、

病気のなる前や臓器の働きが病院の検査で数値に表れるような状態の

前段階の「未病」という状態が「筋肉の過剰な張り」「痛み」となって

表れます。

 

 

当院は、「背中の痛み張り」という症状を 単なる「体の張り」という事ではなく、

もっと深い意味を持ったものだという、病気を未然に防ぐ「予防」にもなるという

考えの元に、施術を行います。

 

このような症状と臓器との関係性を明確にして、根本から症状を改善していきます。

 

 

背部痛の根本的な改善には、副腎の機能を改善し、機能を上げる事が必要です。

 

 

お悩みの方はご相談も受け付けております。

気軽にご相談ください。

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分