横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

症状別治療方法

脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

 

病院で「脊柱管狭窄症」と診断され、

下肢の痛みやしびれで悩んでおられる方は

当院へご相談ください。

 

「脊柱管狭窄症」は一般的には、

「先天的または後天的に脊柱管が狭くなって、

 脊髄(せきずい)や神経根が圧迫される病気で加齢、外傷による

 椎骨の退行性の変化および軟部組織の肥厚(ひこう)が原因となります。

 腰椎の場合はすべり症、黄色靭帯(おうしょくじんたい)の

 肥厚や石灰化も原因となります。」

 

 

 

 

 

頸椎、腰椎に起きることが多く、

頸椎だと、「上肢の痛みとともに脱力感、疲労感、手指の感覚異常、冷感、

      こわばりを感じることがあります。

      また手先の仕事、書字、物を摘むなどの動作ができにくくなり、

      時間がかかるようになります。

 

腰椎だと、「両側または片側の下肢の痛み、感覚障害、筋力低下が主な症状です。

      また歩行すると下肢痛のために歩行ができなくなりますが、

      安静にすると痛みは消えて再び歩行が可能になる

      間欠性跛行(かんけつせいはこう)がしばしばみられます。

      症状が進行すると、排尿障害が出現します。

 

このような様々な症状を起こす「脊柱管狭窄症」ですが、

病院で診断されたとしても、実際に今のご自身が感じられている症状

「痛みやしびれ等」「歩いていると痛みが起きてしまい、しばらく休まないと歩けない」

こういった症状が、「脊柱管狭窄症が原因ではない場合があります」

 

実際にレントゲンやCT、MRIで検査され、診断されたとしても

現在の「痛み、しびれ等」の原因が異なることが実際にあります。

 

これは、実際のお話しですが、

病院では患者様の症状を聞いて、これと機器の検査で診断を決定しますが、

実際に患者様の「お体(筋肉や靭帯の状態)や神経の働きを的確に検査する筋力検査」

を行って、総合的に判断している訳ではありません。

 

 

この筋肉や靭帯の状態を細かく調べる事、

そして実際に筋力を低下させる「神経の状態」を調べること、

これは病院では行わない、盲点になっている部分でもあります。

それには、お体の筋肉や靭帯、筋膜などの軟部組織を丹念に調べることが

重要です。

病院では手術を勧めますが、実際はこの「筋肉、靭帯、筋膜」「神経の働き」が

どのような状態なのか、確認することで、手術を回避することもできます。

実際にこのような「筋肉や靭帯、筋膜」、「神経の働きを低下させている問題」が

原因で、「痛みやしびれ」を起こしていることが殆どです。

 

このようなことは、実際にあります。

当院での実際の症例がありますので

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

《 「脊柱管狭窄症」のような症状が起きてしまう原因 》

 

このような「脊柱管狭窄症」と思われる症状の原因は、多くの方が思ってもいない

御自分の「食生活」「生活習慣」「ストレスある生活環境」「人間関係のストレス」

など生活の中にあります。

 

このような「生活の中」のことはとても個人的な事ですが、

例えば、ご自分の生活で「お風呂に浸からないで、シャワーで毎日済ましている」

といったことは、一般的にはごくごく普通のことですが、

このような生活を毎日続けていると、

自分で気づかないうちに「体が冷えやすい状態」になります。

 

このような生活は、体の体温が低下したり、体の深部が冷えていたり、

こういった事が、下記にで御説明する「体の働きのサイクル」に

影響し、いつの間にか様々な症状が表れ始め、

これがいつしか当たり前のような体質になってしまいます、

 

このような「生活の中ことが原因」で、

私達の体の神経の働きが正常に働かなくなり、「筋力の低下を起こします。」

または「筋肉の過剰な緊張を起こします。」

これは老化ではなく、若い方でも起きる、体の働きと神経の関係性から起きることなのです。

 

 

 

(体の働きのサイクル)

私達の体は食べた物の栄養や水によって細胞が働き、その後、体でいらなくなった物

(老廃物)がリンパ管を通って、呼気や尿、便、汗によって体の外へ出されます。

この細胞の働きが正常でいることで、新陳代謝が円滑に行われ、私達の体の細胞は

毎日作り出されています。

 

「食生活」「生活習慣(運動、睡眠時間、休息時間など)」が

自分の今のお体に合っているのか?

このことが、この細胞の働きを 正常で働かせる為に必要不可欠です。

これが個人的なことですが、今の現代は「自分で自由なライフスタイルを行える環境」に

誰もがいるので、自分の体に合っていない生活をしている方が

とても多いです。

 

 

しかし、この毎日の「食べ物、飲み物」によって私達の体は作られ、

又「綺麗なお水」によって、老廃物が洗い流され、

運動によって、更に体からリンパ管を通って老廃物が押し流され

そして、睡眠、休息によってホルモンの働きが促進し、

体の細胞の修復がされます。

 

この体の働きのサイクルに問題が起きることで、

様々な症状を起こす原因となる、「神経の働きの低下」が起き、

それは、筋力に現れます。

 

「症状を改善するには」、この原因をまず見つけ、明確にすることがとても大切です。

 

 

 

《 根本的に改善するには 》

 

1、「脊柱管狭窄症」の症状の原因をまず明確にする必要があります。

2、 病院で診断された「脊柱管狭窄症」が今のご自身の症状を起こしているのか?

   他の原因があるのか?これを当院の検査で明確にします。

3、 実際に「症状」を起こしている原因は何が原因で起きているのか?

   これを明確にして、どのような施術が必要なのか?生活習慣、食生活を変える

      ことが必要なのか?これらを明確にして治療を進めていきます。

4、 実際にどのくらいの施術回数が必要なのか?これも判断していきます。

   ※脊柱管狭窄症のような症状を抱えた方は、多くが女性で、高齢の方も多い為

    実際に通うことも大変な方がいます。 そんな方には、出張治療も行っております。

    そして、この問題は、「老化」と思いがちですが、そうではなく、

 

「腸の働き」と関係していることも多いので、腸の働きが正常に戻るまで

    どのくらいかかるのか?これも判断していきます。

 

 

ご相談も受け付けております。

気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分