横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

変形性股関節症でお悩みの方へ

症状別治療方法

横浜で変形性股関節症ことは当院へ

股関節の痛みは、耐え難いといいます。

最近はよく松葉杖をついている方を

見かけますし、

人工股関節をいれている方も多いです。


 

 

これは、変形性股関節症の方が多いことの表れだと思います。

 

 

 

変形した股関節自体を改善することは

できませんが、この股関節周辺の筋肉、靭帯、筋膜の状態を

適切に機能することはできます。

これにより、歩いたり、座ったり、立ち上がったり

動く事での痛みや張りの軽減を促せます。

 

 

 

 

 

変形性股関節症になると、

これら周辺の筋肉は、正常な状態で行なわれる

脳からの神経の伝達が筋肉に伝わりづらくなってしまい、

歩く、座る、立ち上がる、寝返りをうつ、

仰向けの状態など様々な姿勢で、

「痛みや違和感を感じます」

 

 

 

 

 

靭帯の硬直も起きていることもあり、

この靭帯の状態も正常な状態にする必要があります。

 

同時に筋膜が、縮んでしまって、筋肉と筋膜との

連携がうまくできなくなっていることも

姿勢や体の動きに影響します。

 

これらをまず機能するようにすることが必要です。

 

 

※このような、筋肉の機能、靭帯、筋膜の

詳しい事はこちらからご覧ください

 

 

 

 

 

又、この股関節に痛みが起きている状態であっても、


股関節自体にまで、問題がいっていないことが

とても多いです。


 

これは、股関節の周辺の筋肉に問題が生じている事がある為です。

痛みは、このような股関節の状態が

悪くなる前に、股関節周辺や腰部、膝などの

関連部位の筋肉に問題が生じ、

痛みや違和感がおきることがあります。



よくあるのは、歩いているときの痛みです。



 

 

現在、過去にバイク事故を起こした方の治療をしていますが、

もう20年以上前の事故ですが、

ここ4年まえぐらいから、痛みが出始めました。


 

 

 

歩くときの違和感はずいぶん前から感じていたそうですが、

人ってなかなか痛みが起きないと治そうと思わないので、

どうしても治療の時期が遅くなってしまいます。




このような過去の事故や外傷の問題は、

筋肉や靭帯の問題が起きていることが多く、

病院ではこの筋肉や靭帯の機能の部分を診ないですし、

治療方法がないので、そのままになっていることがほとんどです。


 

 

このような筋肉や靭帯の機能のも問題をケアする方法として、

キネシオロジーという方法は適しています。

 

 

 

それは、筋肉や靭帯の機能の根本にある

神経の働きから改善するからです。

 

 

※キネシオロジーについては

こちらからご覧ください

 

 

このような筋肉の機能や靭帯の機能を改善することが、

このような状態には必要なことがとても多いです。

 

※ご相談も受け付けております。気軽にご相談ください。

ご相談、お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分