横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

慢性疲労のある、疲労感が抜けない要因となる臓器とは?

症状別治療方法

慢性疲労のある、疲労感が抜けない要因となる臓器とは?

 

体の疲れが取れない、なんだか疲れやすいなど、

疲労感が抜けなくなっている状態は、

慢性的に疲労が続いている状態です。

 

この状態は、ある臓器が関係していいます。




副腎という臓器です。

聞いたことがない方もいるとは思いますが、

この臓器は、私達の体をいろんな状況下で

働いてくれている大切な臓器です。



環境の変化(気温や湿度の変化や気圧の変化など)や

嫌な気分になった時など、いろんなストレスを感じたときに、

私達の体の内部では平行状態を保つために

一連の臓器間の連係した対応を起こします。



その時に最も重要な部分になるのが、副腎です。



腎臓の上にちょこっと乗っかっているような

小さな臓器ですが、ここからホルモンを分泌します。

聞いたことがあるかも知れませんが、

副腎皮質ホルモンです。



精神的なストレス、体に感じる暑さや寒さ

などのあらゆるストレスを感じると、

副腎皮質ホルモンを分泌して、

このホルモンによって、

今のストレス状況に対応する為に、

肝臓に働きかけ、貯蔵されていた糖を分解して、血糖値上げ、

エネルギーを体内に回します。

同時に、自律神経の交感神経にも働きかけ、

血管を収縮させ、心臓の働きを活発にさせ、

今の状況に素早く対応する敏感な状態にします。


しかし、長期間ストレスを受けていると

この一連の反応がしづらくなってきます。



このような反応が徐々にできなくなる状態が、

疲れが取れない、なんだか疲れやすいと

いった症状を起こします。

 

 

この副腎を回復させることが、

慢性疲労を改善する為に必要不可欠です。

 

副腎を回復させるには、生活のサポートも必要になります。

疲弊した状態を回復させる、栄養(特にビタミンCが必要になることがあります)、

生活習慣など、これらの事も必要になります。

 

しかし、状態によって一人ひとり異なります。

遺伝的な要素、生活習慣、生活環境、ストレスの度合い、食生活など。

これら、一人ひとりに合わせた治療、改善方法が必要です。

 

 

当院は、キネシオロジーという方法で、

その方の慢性疲労の要因をお調べして、

その問題に対して、適切な治療、生活の中で必要な

改善方法のサポートも行います。

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分