横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

スポーツ外傷で完治しない痛みが現在もある要因とは

症状別治療方法

スポーツ外傷で完治しない痛みが現在もある要因とは

 

スポーツ時のケガは、大きなケガから足首を捻ったような捻挫まで、様々あると思います。



このようなケガは、学生の頃の部活が多く、

熱心にしていれば、ケガも多くなります。

ケガが完治していない状態で、サポーターを巻いたりして

練習を続ける方も多いと思います。

 

私もスポーツをしていたので、

この練習を休めない気持ちは良くわかります。

(私はこの練習が休めない事で、自分の思ったプレーが

 出来なかったので、もっとちゃんとケガを治しておけばと

 今でも思っています。)

 

しかし、これが後あとの体の状態と関係があることを

忘れないで頂きたいです。




いろんなスポーツがありますが、


バレーボールであれば、腰痛。

野球であれば肩関節や肘の痛み、

サッカーであれば膝や股関節の痛み、足首の痛み。

陸上競技では腿の肉離れや足の痛み。

 

 

このようなスポーツ外傷は、その後の生活にも影響を与えることが

あります。


 

 

このケガが原因となって、慢性的な腰痛や膝の痛み、

股関節の痛みや肩や背中の痛み
が、

現在の年齢になって、

慢性的な症状(腰痛、肩や肘の痛み、腰痛など)を

起こしていることも多いです。



このような学生の頃のケガが要因になるのは、

病院に行っても、適切な処置がされていないことにあります。

その為、いまだにこのケガが要因となって、様々な身体の症状を

起こします。

筋肉のアンバランスな状態が起こっている為です。

 

 

このような、身体のアンバランスな状態を改善するには、

筋肉と神経機能の関係性を考えた治療が必要です。

 


 

筋肉の収縮は、神経の働きによって行われています。

脳から脊髄を通って、筋肉まで伝わる運動神経が繋がっていることで、

筋肉は自分の思った通りに動かせます。

慣れた動きだと、そんなに意識しないでも

思い通りに動かせます。

(自転車の運転や、あるスポーツの動きなど、練習で身に付くもの)

 

 

 

この筋肉と神経の関係性で、一般的に余り知られていない機能があります。

 

それは、筋肉の筋紡錘という受容器

(筋肉の長さや張力を感じとる筋肉に備わった部分)

ゴルジ腱(筋肉の骨の近くの部分で、筋肉の緊張し過ぎた状態を関知し、

弛める部分)
という部分です。

 

これらは、ケガや外傷、ぶつけたりすることで、

機能しなくなることが起きます。

 

 

私達の脳は、外部の情報をキャッチする為に、

このような受容器というものが備わっています。

(耳も目も、鼻も舌も、平衡感覚も感覚的な情報を捉える為に

 必要な部分で、筋肉にも今の筋肉の状態を脳に知らせて、

 この情報を元に脳では、筋肉の力加減や動きの速さや

 視覚の情報や肌に触れる情報や相手との距離など、

 様々な情報から、筋肉と使い方や動かし方を

 コントロールしています。)



 

 

この受容器が元に戻らないと、筋肉が自分の思い通りに

コントロール出来なくなってしまうのは、この受容器が

神経と繋がっていて、筋肉を適切なタイミングで、又は状況に応じて

上手く筋肉を使うための情報の元だからです。



これは、結果として神経機能が正常に働かなくなってしまうことになり、

動かすと痛みが起きたり、筋肉の収縮に関係した痛みや

体のあると既定の動きの時に起きる痛みとも関係しています。

この為、治ったと思っていた症状も再発させます。




これが多くの方に起きています。

 

※筋紡錘、ゴルジ腱について詳しくはこちらをご覧ください

 

 

 

当院はこのような、現在スポーツ外傷で、良い成績が得られていない、

競技スポーツをされている方、学生の頃のスポーツ時のケガで、

いまだに症状を起こしている方、

又は学生の頃の影響で今の肩こりや腰痛や

様々な痛みを起こしている症状に対しても

効果がある、キネシオロジーという方法で改善していきます。

 

又はメンタルな部分も、このキネシロジーで

自分の競技で結果を残せない要因も

見つけて、自分の要因を知って

競技成績の向上のサポートもしています。

 

 

 

 

《 スポーツのメンタルな部分に関して 》

 

スポーツの試合でのメンタルな部分は、

良い結果を出す為に重要な部分です。

 

 

多くのプロスポーツ選手は、年々この部分のケアを

重要視しています。

練習の通りに結果を出せない選手は、たくさんいます。


 

 

 

いかに筋肉を効率よく、状況によって素早く反応させるかが、

勝負の鍵になります。この状況に素早く反応することが、

出来るか、出来ないか、

これが、メンタルな部分と関係があります。



いつもの実力を出せる選手と

出せなかった選手といます。

 

 

 

この差は、メンタルな部分が関係しています。

試合に入る前の部分が、

とても重要です。


 

ルーティーンが流行っていますが、

これは意識して、自分のペース、落ち着いた状況を

自分で作る作業です。



さらに、一般的には良いイメージで望むのが良いと

言われています。

 

試合をイメージして、

どんな状況でも、どんな劣勢な場面でも対応できる

イメージトレーニングをすることです。

 

 

 

 

しかし、これが なかなか出来ない方もいます。

 


イメージの練習も必要ですが、

もっと自分の無意識の部分にアプローチすることが

大切です。


 

 

自分は試合前にどんなことが、不安になるのか?

自分に自信が持てないのは何故か?

試合をイメージすると体はどう反応しているのか?



このような試合に対しての思いは人それぞれですが、

このような思いや気持ちは、

実は試合以外のことが、関係していることが

あります。

 

自分の思考の仕方や思い癖の傾向がそうさせます。

 

 

このような感情の部分の改善方法に関しては、こちらをご覧ください)


 

 

 

スポーツ時で感じる、同じような

「プレッシャーを感じる場面」は、

過去に、スポーツ以外の過去の出来事で感じていたり、

することがあります。


 

 

筋肉を試合で上手く動かす為には、

この神経機能を狂わす、感情や思考の仕方の影響が

脳の状態に変化を起こしていることにあります。



 

 

 

このような脳と筋肉の関係性を

研究されたものが、キネシオロジーです。

試合でのパフォーマンス向上の為や

上手く結果が残せないことには、

このような自分では気づけない部分のことが

関係しています。

 

 

 

この自分でも気づけない部分の無意識の部分に

アプローチする方法が、キネシオロジーにはあります。

 

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分