横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

階段から落ちて足を打撲し、その後腰痛が起き始めて治らない(打撲からの腰痛改善症例)

症状別治療方法

階段から落ちて足を打撲し、その後腰痛が起き始めて治らない(打撲からの腰痛改善症例)

(症例)

Hさん 女性(40代)

 

 

 

(症状)

・階段から落ちて右脛をうって、その後歩く時に、足の振動があると

 足首周辺の痛み、違和感

 

・階段から落ちてから、長い時間立っていると左腰部から仙腸関節、

 臀部の痛み

 

・疲労感

 

 

 

 

 

(問診をして)

階段から落ちて脛をうって、

その後「左右の足首周辺の痛みと違和感を感じ」

「左の腰部から仙腸関節、臀部の痛み」も出始めて、来院されました。

 

 

このような「打撲」から筋肉のバランスを崩し、

いろんな部分に痛みや張りが起きる事はよくあります

 

強い体への衝撃は、そのぶつけた部分は、「防御」の体勢に入り、

筋肉も過剰に緊張します。

その打撲が癒えても、その過剰に緊張した筋肉は、

「硬い状態」を保ちます。

 

 

 

 

 

①このような打撲による筋肉の過剰な緊張に対して

当院が行う事(どんな方法を行うのか)

 

 

 

 

過剰に緊張した筋肉は、筋肉の内部の「筋紡錘」「ゴルジ腱」

という筋肉の長さや張力をコントロールしている部分

(固有受容器)の不具合を起こします。

 

 

この固有受容器が上手く働かない状態は、

過剰な筋肉の状態を保ち、この固有受容器の状態が正常にならない

限り、この状態は続きます。

 

これは、自分の筋肉を上手くコントロール出来ていない状態で、

体の動きや、持続的に筋肉を使って同じ姿勢を取ったり、

すること(立位、座位、歩くなど)の様々な動きに影響を与えます。

 

これは言い換えると、神経が上手く筋肉に伝わっていない状態でも

あります。

 

 

 

このような「過緊張した筋肉」の状態を正常化する為に、

当院では、

(「筋紡錘」「ゴルジ腱」といった筋肉の内部にある

 「固有受容器」と呼ばれる部分を正常化する方法を行います。)

 

 

この方法は、(受けている側は、マッサージを受けているような感覚です)

 

 

 

 

 

又、このような、「筋紡錘」「ゴルジ腱」といった固有受容器の

問題の中で「リアクティブ」という

「ある部位の影響」「ある部位に反応」を起こす。

ということがあります。

 

これが、ある部分の筋肉の過剰な緊張が、

他の筋肉とのバランスを崩す要因となります。

 

※リアクティブについては

 こちらをご覧ください

 

 

腰痛に関しても。足首の痛みや違和感は、

この筋肉のアンバランスが要因でした。

この「筋紡錘」「ゴルジ腱」の機能を元に戻す事で

歩いても、持続した姿勢「立っている」「座っている」状態を

しても痛みや張りは起きなくなります。

 

 

 

 

 

※このようなことは、一般的には言われていていない事ですが、

過剰に緊張した筋肉の状態は、

他の筋肉とのバランスを崩します。

この「過剰な筋肉の状態」を改善する事には

とても意味があります。

 

 

 

 

※「筋紡錘」「ゴルジ腱」について詳しくはこちらからご覧ください

 

※こちらも合わせてご覧頂くと、分かりやすいと思います。

こちらからご覧ください

 

 

※「臓器と筋肉の関係性については、

こちらからご覧ください

 

 

※「ふくらはぎの張りや痛み」は、

「副腎」という臓器との関係があります。

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

※「視床下部の働き」自律神経に関しては

こちらをご覧ください

 

 

 

慢性的な張りによる、筋肉へのダメージは、

この筋紡錘やゴルジ腱といった、筋肉の内部にある

固有受容器と呼ばれる、

神経との繋がりの部分を改善することで良くなっていきます。

筋肉が持続的に過剰に緊張した状態には、この神経機能に

関係した部分を正常化することが大切です。

 

 

 

このような筋肉の過緊張は、

筋肉の正常な働きを低下させ、「神経的な機能の問題」でもあり、

慢性的な肩コリ、腰痛、又は様々な体の部分の痛みや張りを起こしている

状態は、この神経機能が上手くいっていないことの表れでもあります。

これは、とても多くの方に起きている問題です。

 

 

 

 

 

この「筋紡錘」「ゴルジ腱」の施術を行い、

計2回の来院で改善しました。

 

 

 

 

 

 

 

外傷や事故などの後に様々な症状が起きてしまう要因についてはこちらからご覧ください

その他の過去の事故や外傷の影響がある方の症例はこちらからご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分