横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

事故や外傷、スポーツのケガの後遺症で過剰な筋肉の張りや痛みが起きること

症状別治療方法

事故や外傷、スポーツのケガの後遺症で過剰な筋肉の張りや痛みが起きること

過去にぎっくり腰を起こし、

それが現在まで持病のようになり、

慢性的な腰痛になっている方もいます。

 

 

 

このような状態は

ぎっくり腰を起こした時に、

筋肉の過剰な収縮が原因で

起きることが殆どです。

 

 

この状態を何年も続けていると

膝に痛みを感じる方も多いです。

ぎっくり腰に限らず、

過剰な筋肉による痛みの症状は

とても多く、スポーツでの外傷や事故、又は急な動きの時に

筋肉を引き延ばしてしまうことで

筋肉の過剰な収縮を起こしますことも

多いです。

 

 

これは、筋肉に備わった機能の

特性が関係しています。

 

私達の体の動きは、

筋肉の長さや、力を感知して、

筋肉の収縮の強さや速さを

コントロールして、適切なタイミングと

速さで筋肉の収縮を行い、

同時に骨や筋肉に負担がかからないように

する為に、筋紡錘やゴルジ腱といった

受容器があることで、

行われます。

 

 

この受容器が自分の急な動きで、

筋肉を急に引き延ばしたり、

スポーツなどで、他の人と激しく接触プレーですることで、

筋肉を急に引き延ばさせたりすることで、

過剰な筋肉の収縮が起きます。

 

 

この為に、選手生命を短くする方もいます。

私もそうでした。

 

この過剰に収縮した筋肉は、

筋紡錘やゴルジ腱の

機能を元に戻さないと、

過剰に収縮した筋肉の状態は

持続的に続きます。

 

いわゆる筋肉が固まったような状態です。

 

※「筋紡錘」「ゴルジ腱」については

こちらからご覧ください

 

 

これが、他の筋肉との協調性を失い、

他の共同筋(力が同じ方向に働く筋肉)や

拮抗筋(反対に働く筋肉)の力を

抑制することで、痛みや重たいといった

症状を起こします。

 

 

これら過剰な筋肉の収縮には、

このような受容器の問題が起きる事で、

症状が慢性化することも多いです。

これは、神経機能がおかしくなった状態で、

筋肉を適切に自分でコントロールできない

状態です。

 

 

これが慢性的な症状が起きてし

まうこともあります。

 

 

 

事故や外傷や、スポーツ時のケガが

なかなか治らないのは、このような

受容器の機能の問題のことがとても

多いです。

 

神経の働きを筋肉の反応を

見ながら、客観的に調べる検査が、

体の症状を改善する為に必要なのは

その為です。

 

当院は、受容器の問題から、靭帯、筋膜などの軟部組織の問題の

改善をすることで、事故や外傷、スポーツでのケガの後遺症を

神経機能の面から診て、根本から改善致します。

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分