横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

頭痛後に吐いてしまう症状が起きるのは?

症状別治療方法

頭痛後に吐いてしまう症状が起きるのは?

 

頭痛が起きて、その後に吐き気が起きて、

その時の体の状状態よっては、吐いてしまう症状が

ある方がいます。

 

 

このようなことが、よく起きる方は、

ホルモンバランスの崩れが、関係していることが

要因としてあります。

 

ホルモンバランスの崩れに関してはこちらをご覧ください。

 

 

 

女性に起きることが多く、

生理前、生理中にこの症状が起きることが

度々ある状態は、

ホルモンバランスの崩れが、慢性的になっている状態と

考えられます。

 

 

人によっては、下痢をすることもあり、

慢性的な下痢の症状がある方もいますし、

体調が悪くなると下痢をする方もいます。

 

 

ホルモンバランスの崩れた状態の、身体的な特徴は、

臀部の筋肉が張ってしまう状態になることです。

 

 

あまり感じていない方も多いですが、

臀部の部分を触ると痛みを感じる方が殆どです。

 

 

施術する為のポイントとして、

この臀部の筋肉(特に大臀筋、梨状筋の張りがあらわれます)の

状態を改善することが、このホルモンバランスの崩れを改善する為に

必要となります。

 

 

このホルモンバランスの崩れが起きてしまう要因を

明確にすることが、「頭痛をした後に吐いてしまう症状」を

今後、出ないようにする為に、必要なことです。

 

 

多くは、人間関係のストレスなどの

精神的なストレスです。

 

 

このストレスが身体に影響することは、

まだ医学では明確な治療方法が無いために、

このホルモンバランスの崩れた状態の方が、

近年増えています。

 

その表れが、「子宮筋腫」や「子宮頸がん」などの

女性特有の病気です。

 

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

 

ストレスを無くすことは不可能ですが、

ストレスを感じてしまう、感情の問題に要因がありますから、

この部分を改善することが、

ストレスの影響によって、ホルモンバランスを崩している

状態を改善しくために、必要なことはとても多いです。

 

 

感情の解放という方法があります。

これは、私達が過去からの様々な出来事に対して、

感情を抱いたことで、(出来事と感情)がセットとなって

記憶されてしまうという、人間の特性から考えられた方法です。

出来事と感情を切り離すようなことが、可能です。

 

それは私達が、その時に思ってしまった感情が

強く思ったり、又はその時の状況で言えなかったりしたことで、

無意識に脳に残ってしまうことがあることにあります。

その時の思いを今思い出すことで、

この時の感情は解放されます。

 

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

このような、ストレスの影響をなくすこと、

そしてそれに加えて、食生活や生活習慣を

変えることが必要なこともあります。

 

 

とても広い範囲で、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

 

 

当院は、キネシオロジーという方法で、

その方の症状を起こしている要因を

調べ、その方に適した方法を選択して、

その方に一番合った改善方法を提案いたします。

 

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分