横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

「生理不順、生理痛、吹き出物、腰痛がある」(生理不順、生理痛の改善症例)

症状別治療方法

「生理不順、生理痛、吹き出物、腰痛がある」(生理不順、生理痛の改善症例)

(症例)

Sさん 女性(20代)

 

 

 

(症状)

・生理不順(生理が遅れる)

 

・生理痛(下腹部の痛み、下痢、胸の痛みや張り、腰痛)

 

・顔に吹き出物が出てしまう

 

・長時間立っていたり、座っていたりすると腰痛が起きる

 

・冷え性(手足、下腿、下肢、お腹、臀部など)

 

・お腹にガスが溜まりやすい

 

 

 

 

 

 

(問診をして)

まだお若いのに、いろんな症状が起きていました。

この方のように、「生理不順(生理が遅れる)」

という方は、とても多いです。

 

他の患者様でも、生理不順になられている方は多く、

「1年も生理がきていない」という方も多いです。

 

特にそれによって何かの症状が起きている訳ではないので

そのままにしている方もいます。

 

このような生理に関係している症状は、

「ストレス」との関係がとても大きいです。

 

このような、ストレスによる生理不順や生理痛が

起きる背景には、多くの女性が男性並みに仕事をすることで

起きているように思われます。

 

女性の雇用が多くなり、責任や負担も大きくなってきて

女性も働いて社会の貢献したい、自分の能力を仕事でも

活かしたい、と思っている方も多く、

バリバリ仕事をする方も多くなってきています。

 

 

しかし、これが女性性である子宮の働きに大きな影響を

与えています。そして、このような「ストレス」が多い環境は、

ホルモンの分泌に影響します。

 

それが、最近このような多くの女性に「ホルモンバランスの崩れ」

多くなってきている現れでもあります。

「子宮筋腫」「子宮内膜症」「子宮頸がん」「乳がん」など

これら女性特有の症状が起きているのは、

このような「ストレス」に加えて、「食生活」「生活習慣」

加味されて起きています。

 

※詳しくは「ホルモンバランスの崩れ」の

 ページをご覧ください

 

 

 

この方は3,4年前くらいに、ぎっくり腰もされていて、

この身体的な影響もあり、体がいつも疲れている状態にも

ありました。

 

これら、仕事やプライベートでの影響で、

自律神経の乱れが起き、ぎっくり腰‥

身体的な問題なども加わり、症状が複合している

状態でした。

 

※「ホルモンバランスの崩れ:」は女性に顕著に出ますが、

男女問わずこのような症状が起きます

 

 

 

 

 

 

 

女性の生理前の症状には、「ストレス」が関係していることが

多いのは、現在は、多くの女性が、男性並みに仕事をして、

ストレスを抱え、自律神経も乱れている方が多い為です。

 

このような「ストレス」の影響で、

生理前の頭痛や気持ち悪くなって吐いてしまう生理不順

下痢や便秘下腹部の痛み、又は首が張る、腰痛といった

身体的な症状など、様々な症状を言われる方もいます。

 

 

 

 

 

 

 

(施術内容)

1、起きている症状の原因を知って

  筋肉の状態を変えることが「症状」を改善する

 

 

 

当院は、この方の症状である「生理不順、生理痛など」

様々な症状が、

「生活や食生活」「ストレス」又は「過去の事故や外傷」

といった様々なことが、どのように関係しているのか?

 

結果として、どのように「自律神経の乱れ」

影響しているのか?

まず、この原因をお調べします。

 

 

 

 

日常での様々な「ストレス」によって、

私達の身体は常に「ストレス反応」という「ストレス」に対して

反応を起こしています。

 

その影響は、「筋肉」に表れます。

 

 

「脳」で感じたストレスは、「神経」を介して、

「運動神経」に影響します。

(運動神経⇒筋肉の筋力)

 

よって、お体の状態(筋肉の状態)は、

私達の様々なストレスの影響の表れる場所でもあります。

 

 

 

当院は、「キネシオロジー」という方法を行いますが、

これは、簡単に説明すると、

その方の筋力の検査を行うことで、

その方の「ストレスの影響」を診ていく方法です。

筋肉の状態(過緊張など)がそのままその方の

ストレスの状態を表しています。

 

※ストレスとは(精神的、肉体的なストレスだけでなく、

 普段食べている物が体に合わない事、自分の体に必要な栄養素が足りな事、

 生活習慣の影響で、体が冷えていること、お水が体に足りない事‥)

 これらすべて体ではストレスと認識します。

 

このキネシオロジーという方法で、

これらの中で何が、症状を起こす要因になっているのか?

お調べして、その方のお体に合った方法を選択して、

施術又は食生活、生活の仕方を変えて根本から改善していきます。

 

 

※キネシオロジーについては、

 こちらからご覧ください

 

 

 

 

 

この方に施術で行ったことは、

①筋肉の状態を正常にし、その関係している臓器の働きを高める

(この方の場合は、子宮の働きを高めること)

 

②過去のぎっくり腰の影響が未だにあるので、

 この影響である、「過緊張した筋肉」の状態を正常化する。

(「筋紡錘」「ゴルジ腱」といった筋肉の内部にある

 「固有受容器」と呼ばれる部分を正常化する。)

 

 

当院は、いくつかの選択肢から、

 

 

その方に適した方法で施術をしていきます。

 

 

 

 

 

 

筋肉の状態を変える為に、

「筋紡錘」「ゴルジ腱」という

筋肉の内部にある、「固有受容器」に働きかける方法を

使う事が多いです。

(受けている側は、マッサージを受けているような感覚です)

 

・臀部の筋肉(梨状筋、大臀筋、中臀筋)と腿の内側の内転筋に

 施術を行いました。

 

※上記の臀部の筋肉は、

 「性ホルモンと関係する筋肉」です。

 

 

 

 

 

 

※このようなことは、一般的には言われていていない事ですが、

過剰に緊張した筋肉の状態は、

身体の内部の事と関係が

あることの表れでもあるので、

この「過剰な筋肉の状態」を改善する事には

とても意味があります。

 

 

 

 

※「筋紡錘」「ゴルジ腱」について詳しくはこちらからご覧ください

 

※こちらも合わせてご覧頂くと、分かりやすいと思います。

こちらからご覧ください

 

 

※「臓器と筋肉の関係性については、

こちらからご覧ください

 

 

※「ふくらはぎの張りや痛み」は、

「副腎」という臓器との関係があります。

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

※「視床下部の働き」自律神経に関しては

こちらをご覧ください

 

 

 

慢性的な張りによる、筋肉へのダメージは、

この筋紡錘やゴルジ腱といった、筋肉の内部にある

固有受容器と呼ばれる、

神経との繋がりの部分を改善することで良くなっていきます。

筋肉が持続的に過剰に緊張した状態には、この神経機能に

関係した部分を正常化することが大切です。

 

 

 

このような筋肉の過緊張は、

筋肉を正常に動かせない、「神経的な機能の問題」でもあり、

慢性的な肩コリ、腰痛、又は様々な体の部分の痛みや張りを起こしている

状態は、この神経機能が上手くいっていないことの表れでもあります。

これは、とても多くの方に起きている問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2、自律神経を正常にする為、ホルモンバランスを整える為に

「生活の中に取り入れること」の必要性

 

1の筋肉への施術のみでは、日常の長い期間受けていたことで起きている

自律神経の状態を変えられない事も多く、

その方に普段の生活の中で、

行って頂くことも必要になることも多いです。

 

その為に、今の症状又は自律神経の乱れを

改善する為、又はこの方のような「ホルモンバランスの乱れ」

に対して、その方に合った方法をご提案して

普段の生活に取りいれてもらいます。

 

 

の方には、

①体を動かす事こと

 (週4日、1日30分歩くこと。

  もし外に出る時間が無い場合は家の中でもよいので歩く、

  又は踏み段昇降のように脚も上げる運動を行う)

 

  ※ストレスを除去する為に、「歩くこと」は効果的だと

   現在の脳科学でも言われています。

   歩くことで、脳の神経伝達物質の状態も変わるという

   報告もあります

 

 

②体を温める事

 (お風呂で、温度42,43℃のお湯に10分毎日浸かる)

 (出たり入ったりして、トータル10分であれば良い)

 

③休息をとる事

 (交感神経が緊張しているので、リラックする時間を増やすこと)

 (又は横になったりして、体を休ませること)

 

④綺麗なお水を2ℓ以上摂る事

 (体に溜まった毒素を排出する為)  

 

 

※「自分に合わない物」の体に与える影響については

こちらをご覧ください

 

 

※「綺麗なお水をたくさん摂ること」の意味については

こちらからご覧ください

 

 

 

 

 

 

これら1の施術と2の生活を変えることをして頂いて、

計5回の来院で改善しました。

 

 

 

 

 

 

 

ストレスがホルモンバランスを崩していることに関連する体の表れ方(冷え、臀部や下腹部が冷える)について

その他の生理前に様々な症状が起きてしまう方の症例は
こちらからもご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分