横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

痛みや痺れなどが慢性的にあり、薬を何十年も飲んでおられる方へ

60代、70代になると今までの事が

体の状態に表れることを感じます。

 

現在、薬害で体がふらついて、

歩く時も蛇行してしまう方がいらしています。

 

※薬の影響についてはこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

簡単に言うと、今まで自分の体に対して

どう取り組んできたか?

これが、この60代、70代に年齢になると

体に如実に表れます。

 

痛みを軽減したり、何かの症状を和らげたりする為、

又は血圧を下げる為、コレステロールを下げる為など様々なことで

薬を使ってきたことが、その後の年齢を重ねた時に

体に大きな負担となって表れはじめることもあります。

 

薬によって副作用だけでなく、毒素が体に溜まってしまうこともあります。

 

 

 

今までの、こうしたいろんな体からの

サイン(症状や病院の数値の変化も含め)を

どういう風に捉えて、対処してきたか、

これが歳をとってくると出でくるようになります。

 

 

生活面では、運動の量が減ることで、汗をかくことが減ってくること、

それに伴う水の摂取量の低下があります。

又、年齢により、根本の体の代謝や体温の低下による免疫力の低下もあり、

体が今まで上手く働いていたものが低下し始めることも要因となります。

 

 

 

 

病院の検査である数値を超えると

当たり前のように薬を飲んで、

それを何十年も飲み続ける事での

体への影響は大きな事です。

 

 

 

 

歳を取ってきて

体力も落ちて、体の排泄機能も

落ちるので、体に溜まった今までの

薬の毒素の影響は体の外へ出す機能も若い時より低下しますし、

歳を取ってくると体の毒素を排出することにも

時間がかかります。

 

 

 

 

歳をとってくると、尿だけだと体に溜まった毒を排出するには

少ないので、汗から毒出しをしようとしても、

汗をかこうと思っても、汗がなかなか出なくて、

毒だしにも時間がかかります。

 

そして、今まで飲んでいた薬を急に

ストップ出来ない事も大きいです。

 

 

 

 

自分の体のことを病院に任せっきりだった

こともあるので、自分で生活を変えたり

新しいことに取り組むことも動機づけが必要な方も

います。

 

このような御自分の体に対しての考え方は

自分自身で気づいて、自分から積極的に取り組むことがとても大切です。

 

その為には、若い頃からの体への意識が

とても大切なことを感じています。

 

若い時から自分の体のことを考えた生活が、

今の現代ではとても重要になってきています。

 

 

 

当院では、キネシオロジーという方法で

症状が起きている要因をお調べして、

その方の今のお体に合った方法で改善していきます。

 

体は年齢だけでなく、日々変化しています。

その変化をみながら体を改善することが、

根本的に改善する為に必要不可欠です。

 

 

どうしても良くならない症状がある方は

ご連絡下さい。

 

 

 

 

 

薬に影響で60代、70代になると起きやすくなる症状はこちらからご覧ください

60代、70代と年齢を重ねてきて、何かの症状を抱えた方の症例はこちらからご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分