横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

(足に力が入らない(歩行困難)改善症例)

(症例)

Tさん 女性 (60代)

 

 

 

(症状)

・足に力がはいらない(歩行困難)

 

・歩くと足が痛い

 

・左の肩を転んではく離骨折をして、その後肩が上がらない

 

 

 

 

 

 

 

(問診をして)

2,3年前から、足(左右の下肢)に力が入りずづらくなってきて、

歩く時に指先が痛くなるようになってしまったようです。

 

最近、転んで左の肩をはく離骨折をして、

現在リハビリ中ですが、もう治療は終わっていると

言われていました。

 

この影響もあって、歩くことが難しく、

普段は車で移動されていて、そんな状態で無理をして仕事も

されていました。

 

(上半身の骨折とはいえ、体全体のバランスを崩す要因になります)

 

そんな状態で、患者様の紹介で来院されました。

 

 

 

 

 

 

(施術内容)

こちらで筋肉の力を検査する「筋力検査」

お体を筋肉の状態をお調べすると、

足の「ヒラメ筋」というふくらはぎの部分の筋肉に

力がほとんど入らない状態で、弱化しており、

これが「歩行困難」な要因の一つでした。

 

※この筋肉は「歩く時に蹴る動作をする為に大切な筋肉です。」

 

 

歩くという動作には、この「ヒラメ筋」だけでなく、

たくさんの筋肉の共同作用によって行われます。

 

 

 

 

 

 

さらにお体をお調べすると、

脚を上げる為に必要で、姿勢を維持する為に大切な部分である

「大腰筋」「腸骨筋」という筋肉も過剰な緊張している状態であり、

同時に筋力検査すると「弱化していました」。

 

 

 

 

 

このような状況は、歩く事、姿勢を維持する事も難しいという事が

わかる状態です。

 

これに加えて、下肢の筋肉で下肢の側面に位置している

長腓骨筋、短腓骨筋という筋肉も弱化しており、

これでは歩行困難になることもわかります。

 

そして、歩く時に地面を蹴り、地面をかみ締める為に必要な足底の筋肉、

長母趾屈筋、長趾屈筋も過剰に緊張しており、

下肢の前側の筋肉の前脛骨筋第3腓骨筋という筋肉も

過剰な緊張状態でした。

 

 

これらの筋肉の状態を正常に機能するようにすることが

「歩けるようになる為に」まず必要でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

1、過緊張した筋肉を改善すること(神経機能の回復)

 

長年の過緊張していた筋肉の影響は、

「筋肉自体にダメージを与えます」

それは、脳から送られる信号(神経の伝達)

によって働く、

筋肉の働きに影響します。

 

この方のように「歩行する事が難しいような歩行困難な状態」

又は「歩く時に痛みが起きる」等の「体を動かす時の体の痛み」

過剰に緊張した筋肉によって、正常な筋肉を弱くして、

結果的に「力が入らない状態を起こします」

 

 

これは、神経機能が上手くいかなくなっている状態で、

「筋力の低下」を起こしている状態です。

 

 

 

その為、当院(横浜ホリスティック治療室)では、

この過剰に緊張した筋肉の状態を変える事で、

「筋肉の機能の回復をはかり、

 神経機能の回復を促す方法」を行います。

 

 

 

 

 

 

①「筋紡錘」「ゴルジ腱」といった神経機能と関係した部分(固有受容器)

に効果を与える施術を行います。

 

この施術は、過剰に緊張した状態を改善し、

いつまでも持続する緊張状態の筋肉を正常化します。

 

 

 

 

 

 

又、過剰な筋肉がある場合、

この過剰な筋肉の影響は、「正常な筋肉に影響し、弱化させる」

という筋肉のアンバランスを起こす事があります。

 

この状態には、このような関係性を考えた施術方法も

必要になることがあります。

 

 

それを②「リアクティブ」といいます。

 

 

 

※「筋紡錘」「ゴルジ腱」について詳しくはこちらからご覧ください

 

※こちらも合わせてご覧頂くと、分かりやすいと思います。

こちらからご覧ください

 

※「リアクティブ」についてはこちらから

ご覧ください

 

 

 

 

 

 

慢性的な張りによる、筋肉へのダメージは、

この筋紡錘やゴルジ腱といった、筋肉の内部にある

固有受容器と呼ばれる、

神経との繋がりの部分を改善することで良くなっていきます。

 

何をしても、どうしても良くならない痛みには、

このような「固有受容器」の問題があります。

 

 

筋肉が持続的に過剰に緊張した状態には、この神経機能に

関係した部分を正常化することが大切です。

 

 

 

 

 

このような筋肉の過緊張は、

筋肉を正常に動かせない、「神経的な機能の問題」でもあり、

慢性的な肩コリ、腰痛、又は様々な体の部分の痛みや張りを起こしている

状態は、この神経機能が上手くいっていないことの表れでもあります。

これは、とても多くの方に起きている問題です。

 

 

 

 

 

2、普段の生活を変える事、食生活を変える事

 

この方は、「生活習慣」「食生活」

変える必要はありませんでしたが、

人によっては、「痛み」の要因が、生活の中にあることがあります。

 

それは普段お生活で、自律神経が乱れてしまう事がある為です。

 

(例)

・寝不足

・栄養が足りない食生活

・休息、余暇の不足

・ストレスを発散していないこと

 

 

 

 

 

 

これら「生活習慣又は食生活」と「体の痛み」とは、

まったく関係が無いように思われるでしょうが、

このような日常の生活の影響は、時間と共に

身体に表れます。

 

それが筋肉の過剰な緊張や筋力の低下です。

 

足に力が入らない(歩行困難)になるのは、 下肢の筋肉(ふくらはぎの筋肉等)が弱くなっている状態が関係します。これは老化だからということではなく、若い方も起きます。筋肉を動かす神経に何らかの問題を起こす要因がある為です。

 

 

 

このような生活の影響は、神経の機能に影響を与え、

それは自律神経だけではなく、運動神経にも影響します。

 

 

この関係性を見ていくことで、根本から痛みを改善できます。

 

 

 

 

※「自分に必要な栄養素に関して」は

こちらをご覧ください

 

※「綺麗なお水がたくさん必要な訳」については

こちらからご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

この方には、「筋紡錘」「ゴルジ腱」の施術と

「リアクティブ」の施術で、

計9回の来院で、「歩行困難」と「肩が上がらない症状」が改善しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足に力が入らなくなってしまう要因に腸の状態が関係する事もあります。詳しくはこちらからご覧ください

足に力が入らなくなってしまう事に関連する下肢の筋肉の筋力が低下に関して、詳しくはこちらご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分