横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

耳鳴り、耳の聞こえが悪い、時々声がわれているように聞こえる「聞こえ方異常症例 2」

(症例)

Mさん 男性 (30代)

 

 

 

 

 

 

(症状)

・「耳鳴り」

・「声が割れて聞こえる」

・「寝てもスッキリしない」

・「朝フラフラするめまい」

・「動悸がする(寝ていたり、休んでいる時)

・「体、足の冷え」

・「パソコンでマウスを使っていると左右の指が動かしづらくなる」

・「立っていると腰、下肢がつらい」

・「風邪をひきやすい」

・「食事をした時にドキドキする」(動悸)

・「慢性的な疲れが取れない」

・「肩が凝ったような感じではなく、張った感じ」

 

 

お話を伺うと、耳鳴りを意識し始めたのは、2,3年前からのようです。

このような複数の症状は、今とても多く、自律神経が乱れた状態です。

(肩や腰の肉体的な症状、耳鳴り、聞こえがおかしい、フラフラしたり、

疲れが取れないなど、肉体と自律神経的な症状が複数ある状態)

 

病院では、このような症状に対して、一つ一つ別のことのように

考えていくつもの薬を処方しますが、

これによって、症状を複雑化することがあります。

何十年も薬を飲み続ける事での、歳をとってからの影響は

耐え難い複数の症状を起こします。

 

※薬の影響について詳しくはこちらをご覧ください

 

 

 

 

この方のように、まだ30代と若い時に複数の症状が

起きるのは、「遺伝的な影響もあります」

 

※遺伝に関しては、最近の遺伝子検査のことで

詳しくわかります。こちらをご覧ください。

 

 

 

 

この方は、家系でリウマチの方がいて、

ご本人も「小児ぜんそく」があったようです。

 

 

このような遺伝的な影響と、日常で起きる多くの

ストレスが組み合わさって、自律神経を乱す事はとても多いです。

 

 

 

 

 

(治療経過)

耳鳴り、耳の聞こえの症状は、

人間関係のストレスが要因として起きる事が

多いです。特に「聞こえ方の異常」は、

「聞きたくないこと」「耳障りな事」など

日常であまり良い環境にいないことが要因となる事が

あります。(例、会社や家庭など)

 

この方もストレスが多く仕事も忙しく、身体的なストレスもありました。

 

 

 

人間関係のストレスから起きる問題は、

現在の事だけではなく、過去の出来事とも関係していることがあります。

その為、現在のストレスに感じる事以外に、もっと前の出来事のことも

同時に治療する必要があります。

 

何かの感情や言葉に体が反応している状態が

このような自律神経の症状(耳鳴り、耳の聞こえ方、ふらつきなど)を

起こします。

 

その為、当院では、

このような方には、身体的なケアだけではなく、

感情の解放という「過去に思った出来事による感情を解放する」

「自分で気づかないうちに捉われている

感情の影響を受けないようにすること」が必要になります。

 

※感情の解放に関しては、詳しくはこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

この方は身体的なストレスもありましたから、

「休息」「睡眠時間を増やすこと」

この方には必要でした。

 

休息とは、寝る以外にリラックスする時間を増やす事で、

この方は一日1時間は、御自分がリラックスする時間を持つことが

必要で、睡眠時間も一日8時間はとる事が必要でした

これを行って頂きました。

 

※このような自律神経の症状を改善するには、

生活を変える必要があります。今までの生活が体にとって

無理をしていたことに気づかないといけません。

いくらいろんな施術をしても改善されない事がある場合、

このような生活を変えることで、改善され事は

実は多いです。

 

 

 

※「耳の聞こえがおかしくなった方の改善症例」は

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

(行った治療方法)

副腎という身体にとって

大切な臓器が疲れ、これが症状とも関係していましたので、

臓器の機能改善を行いました。

(この影響は、ふくらはぎに表れます。痛みや張り、つることもあります。)

 

そして筋肉がうまく機能していないことで

「腰痛」が起きていた為、長い時間立っている事に

筋肉が持続的に収縮していられない、保てないことが

「立っていると腰痛を起こす」要因となっていました。

 

筋肉機能の改善も行いました。

 

 

※副腎のことについて、

詳しくはこちらをご覧下さい

 

※筋肉機能改善の方法、

このような治療が必要な訳

こちらからご覧ください

 

 

 

 

精神的な部分も治療が必要でしたので

先ほどお話しました、感情の解放を行いました。

 

※詳しくはこちらをご覧ください

 

 

このような様々な方法を行い

計9回の治療で改善しました。

 

 

 

 

自律神経が乱れると耳鳴り、耳の聞こえが悪くなることだけでなく、目の症状やふらつき等も起きてしまう事に関してはこちらからもご覧ください

その他の耳に関連した症状に関しては、こちらからもご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分