横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

孤独感が健康を妨げること

 孤独感が健康を妨げること 

 

人間は人との繋がりがないと生きてい聞けない動物だと言われています。

 

 

 

 

人の健康が、たとえ食生活、飲酒やタバコを止めて、

運動をしていたとしても、人との繋がりが少ない人よ

り、人との繋がりが多い人の方が寿命が長いという研

究結果もあるようです。

 

 

一概に誰でもとは言えませんが、こうした繋がりが大切なことは感じます。

たまに一人で居たいこともあると思いますが、

多くの方はこうした人との繋がりで、健康が保たれているようです。

 

 

 

 

 

特に体が弱っている時の人の支えは、大きいものになります。

 

孤独感というものは、体の状態を改善したり、症状を改善することの

 

妨げになることが多いのはその為だと思います。

 

 

以前、引きこもりの方の訪問治療をさせて頂いていたことがあります。

 

 

 

人との繋がりを持ちたくても、過去の様々な出来事で、

 

人に会いたくないという気持ちもあり、葛藤が起きている状態でした。

 

 

 

 

一人で居る事で気持ちは落ち着くのですが、

 

でもどこかで人との繋がりを持ちたい、社会に出て仕事がしたい、

 

という思いもある気持ちを感じておられました。

 

 

 

 

現実的にも生活をする為に、このままではいつか生活が出来なくなるという不安もあり、

 

 

しかし人と接する事ができないので、

 

今の状況から抜け出せないということがあります。

 

 

 

 

こうした時、家族や身近な人のサポートがとても必要な事を感じました。

 

 

 

介護もそうですが、一人で支える事はできないので、

 

周りのコミュニティーの存在がとても大切です。

 

しかし、実際はこうした身寄りがない方もいるのが現実で、

 

こうしたことを見さされて、こうした状況は本当に一人では

 

限界があることを自分でも感じました。

 

 

 

 

難しい問題ですが、自分でもこうしたことも知っておく必要が

 

あったのだと思います。

 

 

 

こうしたことで、やはり一番に考えるのは、

 

親が子供を生んだり、育てる時の環境、親がどういう

 

気持ちで育てるかということ。

 

そして、親が困った時の子供を育てる為のサポートをする機関が必要な事。

 

こうしたコミュニティーがとても必要で大切なのだと思います。

 

 

当院は、こうした原因がわからないことで悩んでいる方のケアもして

おります。

 

 

 

 

精神的なことは、下記のような感覚的な症状や
身体の痛みやしびれ等を起こす要因になります

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分