横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

【コロナ安全対策実施中‼】

Zoomによる無料オンライン問診
実施中オンライン受付時間

(9:00~17:00)

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

原因がわからない歩くことで下肢やふくらはぎに痛みや張りが起きてしまうのは?

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長

国田康二と申します。

 

 

歩くことで痛みが起きる要因は様々あります。

その中で、「足の反射機能」に関係する問題が起きてしまい、

これが要因で「歩くことで痛み」を起こすことがあります。

 

この「足の反射機能」「足や脚の痛みや張り」について

ご説明させていただきます。

 

 

 

本当に歩くことで痛みが起きていらっしゃる方は、多いです。

 

多くの方が、高齢なってくると、又は50代60代になる年齢になると、

歩くと痛みがあり、又は人によっては歩くことが困難な状態になる方もいます。

 

 

 

「下肢下腿の痛み」

「歩くと痛い」「長く歩くと痛む)

「何かの体の動きの時に足に痛みが起きる」

「同じ姿勢(座っている、立っている、横になっているなど、を姿勢維持している時に痛む」

「膝や股関節、肘関節、足首といった関節の痛みがあり、年齢でしょうがいない」

 

と様々な症状を言われている方がいます。

 

 

このような様々な症状が起きるのは、

体にある「足の反射機能」に問題が生じていることもあります

この反射機能に問題を正常に回復する為に、

体に様々ある「反射区」に刺激を与える必要がある場合があります。

 

体にはたくさんのツボや反射区があります。

足や脚の反射機能を正常に働くようにする為に、

これらのツボや反射区の刺激が必要になってくることがあります。

 

鍼灸のように、ツボの刺激に鍼を使わずに

手で刺激を与え、効果的に治療効果を促す施術方法はあります。

この施術方法が「歩行反射(ゲーツ)」という方法です。

 

 

この問題が生じた時の症状として、

多くは長く歩くことで痛みや張り等の症状が起きることで表れます。

 

 

歩行反射(ゲーツ)とは?

 

・歩行反射(ゲーツ)とは?

 

「歩行のような運動は、本来は人を元気にさせ、ストレスを取り除き、

 脳と身体の神経的な統合に効果をもたらします。」

 

 

 

最新の脳科学では、歩く事、中強度の早歩き(特に中強度の心拍数になるような

60%ぐらいの有酸素運動)は、脳のストレスを大幅に軽減することが

わかっています。

 

本来、活動的な散歩は、私達が疲れている時でさえ、私達に活力を与え、

そして、私達がリフレッシュされたと感じる手助けとなります。

 

 

 

しかし、時にはそれが有効でないように感じることがあります。

私達が、散歩をしても、スポーツジムに通っても、

エネルギーが低いままであったり、散歩することやジムに行くことに

動機づける努力がいることがあります。

 

そして、散歩やジムで体を動かした後、行く前よりも

より疲れて帰ってくることもあります。

このような状態になる要因の一つに、私達の歩いている足取りに関係が

あることがあります。

 

 

これは、歩行で使われる筋肉の協調性の混乱で起きることがあります。

筋肉の(協働筋や拮抗筋)は、各筋肉が強調し

脳で統合された神経の伝達によって筋肉が同期された動きの中で働いていない

状態は筋力の低下を起こし、

結果として、歩けば歩くほど「疲れてしまう」のです。

 

 

歩行反射(ゲーツ)の施術方法

 

(施術方法)

・歩行反射(ゲーツ)修正方法

 

この反射のポイントは、自分自身に明確なエネルギーの増進を与える為に使う事が出来る

「テクニックです。」

 

私達のエネルギーの低下によって、歩いている時に使われる歩行時に使用される

「筋肉の協調性の混乱が起きることがあります。」

 

歩く為に適切な筋肉の協同筋や拮抗筋が、バランスよく同期していない為に、

エネルギーが下がって疲れてしまうことは、とても多いです。

 

 

経絡の場所を表す、

Sp3(太白・たいはく)Li2(行間・こうかん)、St44(内庭・ないてい)、

Gb42(地五絵・ちごえ)、Bl65(束骨・そっこつ)K1(湧泉・ゆうせん)を

しっかりとした圧で押圧する。(押圧して痛い場合、それは活性化が必要な表れ)

 

この刺激により、筋肉は協働した「歩行」という動きがスムーズにできるようになります。

 

これが、足や脚の「痛みや筋肉の張りを改善する事になります。」

(※あくまでも足の痛みの問題が、この経絡の流れと関係がある場合です。)

(※この問題でないこともあります。それはご理解ください。)

 

 

このような、

病院でも原因がわからない症状がある方、

お悩みの方はこうした施術も必要なことがあります。

 

慢性的な足や脚の痛みや張りで、お悩みの方はご連絡下さい。

 

↓下記が「ゲーツ」の様々な刺激ポイントです。

その他の「歩くことで痛み」「足に関連する症状」の
要因についてはこちらからご覧ください

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

新着情報

令和2年6月9日

コロナ安全対策実施中‼ 当院は、 すべておひとり一人施術後にタオル交換して、感染予防を万全にしております。 ご案してご来店ください。

令和2年6月5日

明日、6月5日(土)15:00~16:00 「40代からの女性の為のセルフケアセミナー」を開催いたします。Zoomによるオンラインで開催いたします

令和2年6月4日

コロナ安全対策実施中‼

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分