横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

息苦しい症状

はじめまして、横浜ホリスティック治療室の院長

国田康二と申します。

 

なんか「息苦しい」「普通に息を吸っても酸素が入

っていかない」「ゼイゼイ」と呼吸しないと息苦し

く感じる。「呼吸しずらい」

 

このような症状で病院に行っても異常がないと言われる方がいます。

 

このような「息苦しい症状」がなぜ?多くの人に起きてしまっているのか?

このご説明をさせて頂きます。

 

息苦しい症状と精神的な部分の関係

「息苦しい症状」は精神的な部分との関係が深いです。特に繊細な方がなりやすい。

病院の検査でも何も異常がなく、

「息苦しい」と言われる症状は、

殆どが精神的なストレスが原因です。

 

 

現在、このような症状が多くの方に起きているのは、

多くの方が、人間関係や生活環境にストレスを感じて

ることの表れでもあります

 

 

 

 

こちらに来られる方で、「息苦しい」「息がゼイゼイとした状態になってしまう」症状

お持ちの方は、とても繊細でいろんなことに考えすぎてしまう傾向にある方が殆どです。

 

 

とても感じやすく、生まれてから今までの「生まれ育った環境」や「遺伝的な影響」

ありますが、これはマイナスな事ではありません。

 

確かに、現代の社会では、いろんな方がいて、環境も昔とは異なり、

「とても生きにくいこと」や「複雑な人間関係」をしいられていることも多いです。

 

しかし、このことを「良い方向に向けるようにすること」も可能だということを

知って頂きたいと思います。

 

感じやすい特性が他の方よりある為、

他の方よりストレスに感じやすく生きてこられた結果、

このような「息苦しい」という症状を起こしてしまっています。

 

このストレスに関しての受け止め方は、とても個人差があり、

その為に「心身のバランスを崩す傾向にある方」、

又は「そうでない方」、この差が大きくあります。

 

そこには、今までの「経験や物事に対しての捉え方」が関係します。

この事は、それによって、起きる「生活習慣の変化」「食生活の変化」など

生活全般に大きく影響してしまいます。

 

 

現代は、誰でも時には辛い状況になり、精神的にまいってしまう事もあるのです。

それは、忘れないようにしてください。

 

当院(横浜ホリスティック治療室)では

この精神的なストレスに対しての治療もおこなっています。

 

息苦しい症状は「自律神経の乱れた状態」

息苦しい症状は、「自律神経が乱れた状態」の表れでもあります。その要因には、普段気づけないストレスも関係します

「精神的な部分」が「身体的なこと」に影響を与える

のは、自律神経が大きく関係するからです。

 

「息苦しい」

「息が吸ってもはいってこない」

「息がしずらい」

「ゼイゼイして息をしてしまう」

 

このような呼吸に影響するのは、

自律神経の乱れが生じていることの表れなのです。

 

 

自律神経とは、

自分ではコントロールできない意識していないで働いている神経の働きです。

 

ですから、自律神経体が乱れてしまうと、自分ではコントロールできない様々なことが

「体で起きいてしまいます」

 

これが、

「息苦しい」

「息が吸ってもはいってこない」

「息がしずらい」

「ゼイゼイして息をしてしまう」

 

という形で表れてしまうこともあるのです。

 

これらの症状は、「体が勝手に反応してしまっている状態です」

 

現在の生活で「ストレスに感じていること」「自律神経を乱してしまっていて」

呼吸という部分に表れていする状態です。

 

遺伝的に呼吸器、肺が弱い方もいますので、

その影響で症状が出やすくなっている方もいます。

 

ある特定の場所だけ「息苦しい症状が起きる」

「ある特定の場所」にいる時だけ「息苦しくなる」こうした人もおられます。

患者さんによっては、

「会社にいる時だけ息苦しい」

「緊張する場面になると息苦しく感じる」、など

 

「ある特定の場所」「特定の条件」で症状が

起きる方がおられます。

 

 

その場の記憶やその場で目に入ってくる情報、

「聞こえてくる声」や「音」、「匂い」、など

いろんな情報を私達は無意識にキャッチし、脳ではそれに常に反応している。

そんな状態は誰でも起きています。

 

しかし、誰でも「息苦しく」ならないですよね。

 

それは、「ある特定の場所」や「ある特定の条件」が

自分にとってストレスのある状況を起こすことがあるからです。

 

それが「会社」であったり、「学校」であったり(場所)

または「ある状況」になると「緊張する」ことが起きる場面です。

(例、体育の授業)(例、何かを発表したり、プレゼンするような時)

 

そこには、「人間関係」が関係します。

 

 

このような一連の反応は、脳科学の研究者の話では、

私達の脳は、この場所は自分にとって「安全か?」「危険か?」

これを確認しているというのです。

 

この自分の周りの状況を

「様々な感覚受容器(目、耳、鼻、皮膚など)」を使い、

そしてそこから発せられる情報が、脳に情報が行き、

それらの情報は、脳の各部位に連絡が行われ、

最終的に脳の前側の部分「前頭葉」で「私は今安全!」だと確認しています。

 

その連絡で重要なのが、記憶を司る脳の「海馬」という場所と

「扁桃体」という感情を生み出す場所だと言われている部分です。

 

それらが活性化し働き、

過去の記憶と現在の出来事を照らし合わせて

「現在の状況」を判断しているといいます。

 

「繊細な人」「敏感な人」は、過去の出来事でネガティブな感情を抱いた記憶と、

現在、今いる場所に居る状況とを照らし合わせて、確認をしています。

 

目に入ってくる「人の態度や素振り」、耳では「聞こえてくる声」「言葉」

鼻に入ってくる「匂い」「香」なども、過去の事と照らし合わせ、

様々な情報の詳細を「普通の人より、もっと細かく過去の記憶とを照らし合わせています」

 

 

これらを「無意識に行い」実は「無意識に思い出していることを行っています。」

(すべて無意識ですから、ご自分ではそんな意識はありません)

 

 

 

その結果 気づかないうちに自律神経は乱れ、

しかし、常に身体が反応してしまっている状態になってしまいます。

 

(詳しくは「ストレスが脳や体、心に影響する」「感情の解放」のページをご覧ください)

 

 

息苦しい症状は「無意識のストレス」の影響

無意識に感じているストレスを無くすことが、「息苦しい症状」を改善する事になる

現在、このような状態の方が多く、

人によっては「息苦しい症状」症状だけでなく、

「めまい、ふらつき」「頭や体が揺れる」

 

又は肉体的な症状「肩首が異常に張る」

「後頭部の異常な張り」といった、

「息苦しい症状」以外に他の症状を併発している方も

多いです。

 

(詳しくは「めまい、ふらつき」「平衡感覚の異常」のページをご覧ください

 

 

無意識に感じている「感情」がストレスを起こします。

「原因がわからない症状」には、

このストレスを起こす「感情の問題」が関係していることが、とても多いのです。

 

息苦しい症状を抱えておられる方へ

病気では無いのに、「息苦しい」のは、
自律神経が乱れていることが原因です。

当院(横浜ホリスティック治療室)は、このような

自律神経の症状に対して、

様々な方向から原因をお調べします。

(生活習慣、食生活、遺伝的な特徴、感情の問題等)

 

様々な施術の方法からアプローチをし、

同時に生活習慣、食生活を変える事で改善していきま

す。

 

このような症状で、悩まれている方は、現在とても多いです。

自律神経を乱している、「原因を解決すること」が改善の一番の早道です。

 

お困りの方、お悩みの方はご連絡ください。

 

ご相談だけでも受け付けております。気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから

 

 

精神的なストレスが原因で起きてしまう他の症状に関してはこちらからご覧ください

院長からのメッセージ

院長 国田康二

(簡単なプロフィール)「資格」

塩川スクールオブカイロプラクティック本科卒業資格

塩川スクールオブカイロプラクティックガンステッド

                  学部卒業資格

タッチフォーヘルス レベル1~4           終了資格

キネシオロジー学会 臨床セミナー            終了資格

(社)アスリートウオーキング協会 アドバンス講座

                      終了資格

キネシオロジー体験会&健康勉強会 主催

病気予防(健康勉強会)朝活    主催

(社)自然予防医学推進協会 講師 理事

 

 

※(社)自然予防医学推進協会については、こちらからご覧ください

 

 

 

(院長のメッセージ)

現在は多くの「病院でも原因がわからない症状」で

悩まれておられる方も多く、こちらには、そうした

お問い合わせを多数頂いています。施術だけではなく、

生活習慣、食生活を改善することが不可欠です。

こうした施術以外の生活習慣、食生活、ストレス軽減

これらを「生活の中にいかに落とし込む事が出来るか?」

これが「根本から改善するポイント」です。 

 

【毎週金、土曜日に健康勉強会も行っています】

 詳しくはトップページの左上をクリックしてください!

 

同じ(社)自然予防推進協会の仲間であり、お友達であり、優秀な医師である

半農半医を実践されている豊田孝行医師の指導や助言も患者様にお伝えし、

又、豊田孝行医師が実践されている栄養療法を受けたり、又は予防医学セミナーの参加で

生活習慣や食生活の大切さを知って頂き、健康に対する意識を変えて頂く事も行っています。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

オンライン受付時間
(9:00~17:00)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分