横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

慢性的な目の違和感、目が前の位置にいっているような感覚、腫れぼったい症状の方へ

「目が腫れぼったい」

「目の奥が痛い、何か異常が起きている」

「目の位置が前にいっているような感覚」など

 

目の違和感を言われる方は、多いです。

 

これが慢性的になってくると、「耳の症状(耳の閉塞感、耳の奥が痛い)」

又は、「頭がしめつけられるような感覚」など

症状がいろんな部分に表れている方も多いです。

 

 

 

このような、目の違和感から、目の見え方の症状(斜めに見える)(にじんで見える)など

目や視覚の症状は、病院でもいろんな検査をしても、原因がわからない症状でもあり、

この症状に長年悩まされている方もいます。

 

 

※「見える物がにじんで見える」症状の方の改善症例は

こちらからご覧ください

 

 

 

 

このような目の症状が原因がわからないのは、精神的な部分が関係していることが

あるために、病院でも、民間のいろんな治療院でも原因がわからない状態になっています。

 

 

当院では、このような症状の原因を 多くの臨床から、

原因を起こす要因には、過去の様々な出来事によって起きる

感情であることがわかりました。

 

感情の問題に関しては、こちらをご覧ください

 

 

 

特に幼少期のことが関係していることも多いです。

今、このような症状は、多くの方にストレスが体に影響を与えていることを

表す、一つの症状でもあります。

 

 

精神的なストレスが体に与える影響については、こちらからもご覧ください

精神的なストレスや人間関係の悩みから症状が起きてしまっていた方の症例はこちらからご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分