横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

メニエール病を根本から良くする為に大切なこと

症状別治療方法

メニエール病を根本から良くする為に大切なこと

回転性のめまいで来院される方が、

増えていて、いわゆるメニエール病と言われるような

症状です。

 

このメニエール病は、とても多くの方に起きています。殆どが、急に目の前がぐるぐると回転しますので、自分の体がおかしくなってしまったのかと
と思い、病院に行きますが、

脳に異常がなく、内耳にも問題がない場合と
内耳に何かしら疑いがあるが、
ハッキリとした原因がわからない為、
 

 

「めまい止め」「吐き気止め」の薬を

処方されます。

 

 

又、回転性のめまいが治まった後、

今度は、「頭や体が揺れる」といった症状が起き始める方がいます。

※このことについて、詳しくはこちらからご覧ください。




病名がついても、その症状の原因が何処からきて、

なぜ起きたのか?メニエール病に限らず、

いわゆる自律神経が関係しているような症状

(めまい、頭や体が揺れる、平衡感覚の異常、

耳鳴り、耳の閉塞感、突発性難聴、視覚の異常など)

その病気に対する根本的な解決をする方法を

提示されることは、少ないです。





又再発するのではないか?という思いを持つ方も

多く、原因がハッキリとわからない事もあり、

不安になる方も多いです。




めまいが起きてから、横になっていることで、

症状は回復していき、回転性のめまいは起きなくなったが、

その後、体の状態が思わしくないと言われる方も多く、


 

「ちょっと無理をすると体が疲れる」

「回転性のめまいではないが、フワフワした感覚、

 歩く時に、足元が地に足がついていない感覚がある」

という事を言われる方も多いです。




 

めまいが起きて、時間が経っているにも関わらず、

体が本調子でない方が多く

これが回転性のめまいが

一度起きたことがある方に共通の特徴でもあります。




このような病院で、メニエール病と言われる症状の

原因には、精神的なストレスが大きく関係していることが、

殆どです。

 

精神的なストレスは、自律神経に影響します。

それが、この症状と関係がありますので、

脳などの物理的な原因を調べる病院の

検査で、原因がハッキリしないのは、その為です。




精神的なストレスでも、自分ではどうすることも出来ない

持続的に続いている人間関係のストレス、

終わりが見えない出来事のストレスなど、

長期に続いているストレスを抱えていて、

新たなストレスが加わったり(精神的なストレスに関わらず、

寒さや暑さ、気圧の変化、湿度など、肉体に対する

ストレスも含む)すると、

体が多くの複数の過剰なストレスに耐えられなくなり、

今までストレスに対して頑張っていた副腎(常にストレスに適応する為に

ホルモンを分泌して、ストレスに適応する体の中心的な臓器)が、

疲弊して、体の緊張も過剰になり、

今まで適応できていた、適応能力が低下します。





そして、性ホルモンの分泌の急激な増減の変化を伴うことも、

このめまいには、関係があります。

(女性の場合、毎月の生理がありますので、

 この影響は、女性にとって大きく、

 メニエール病が女性に多いのも

 このような関係性がある為だと考えられます)




この時、自律神経では、交感神経緊張状態から、副交感神経優位の

状態になることもあり、自律神経の状態が変わることも関係があります。

この為、急に目の前が、ぐるぐる回転して、メニエールの症状が起き、

気持ちが悪くなり、吐く方もいます。

 

 

このような症状も多くの方に、急に起き、

横になっていたりすると落ち着きますが、

急に起きるのでびっくりされて、

又起きるのではないか?と不安になる方もいます。

 

 

 

このように、病院にいっても、脳に異常がなく、

めまい止め、吐き気止めの薬を処方されるので、

原因がわからない症状でもありますが、

このような、ストレス、ホルモンの分泌、

それに加えて、筋肉の過剰な緊張を伴うことで

起きる、硬膜という構造的な変化を伴うことで

自律神経の問題以外の、脳幹という部分に

影響がでることで起きます。

 

(硬膜に関してはこちらをご覧ください)

 

 

 

この症状には、先ほどお話しした、

自律神経が関係しています。

そして、体の構造にも関係している症状なので、

再発しないようにするには、

 

 

なぜこの症状が起きたのか?

を知ることです。

 

殆どの方に、精神的なストレスが関係しています。

 

 

 

誰でも今は何かのストレスを抱えていますが、

ストレスの種類として、

 

 

持続的な長い、いつ終わるのかわからないと思うような

ストレスが関係しています。仕事や家庭、家族のことなど

複雑な人間関係や自分ではどうしようもないと思っている

出来事が多いです。

 

 

 

このような持続的なストレスは、不安や緊張を起こし、

様々な感情を起こさせます。


 


 

ホルモン分泌の増減が関係していることをお話ししましたが、

このホルモンの影響は、

 

体の部分では、ホルモンと関係した、

臀部(大臀筋)、下肢(ふくらはぎの筋肉の腓腹筋)の筋肉が

過剰に緊張していることが、その表れです。

 

 

 

 

このホルモンの分泌の変化は、

このように臀部、下肢の筋肉に表れます。

 

これは、構造的にも

仙骨、骨盤の位置を変え、硬膜という脳と脊髄を

覆っている膜の状態に影響します。

その為、まったく関係ないと思っているような

臀部、下肢の筋肉の状態が、肩から首の筋肉の

過剰な筋肉の緊張を伴う状態を起こします。

 

 

 

 

これが、めまいや吐き気を起こす要因になります。

(この症状に根本には

 おそらく、脳幹という脳の部分に影響していることが

 関係しています)

 

 

 

このような構造上にも影響する為、

 

少し無理をすると、体が緊張し、

筋肉も緊張し、構造上の問題にも影響して

又めまい感や吐き気などが起き、

調子がまだ戻っていないと感じるような症状を

起こします。


 

 

 

 

ストレスは、ホルモンの分泌の変化を

起こします。

このようにストレスによって起きる、感情の変化が

肉体に影響することで、

 

複雑に肉体と精神が関係することで

症状は起きます。

 

 

 

病院の検査で原因が発見されなくても、

このような、めまいの症状が起きてしまいます。

 

当院は、このめまいを起こしている構造的な問題から

筋肉の問題、ホルモンの分泌の問題、

そしてこのような肉体や構造の問題を

起こしている、精神的なストレスを問題を含めて、

なぜ症状が起きているのか?

 

それは、個人個人異なりますので、

その原因を明確にし、その方に適した方法を選択する

ことで、今後再発しないように、治療を行います。

※ご相談、お問い合わせはこちらから

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分