横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

(後頭部がつまる感じする方の改善症例)「足もだるく」「目の奥も痛い」「肩首痛」もある

症状別治療方法

横浜で「首から後頭部辺りがつまる症状」
「足もだるく」「目の奥も痛い」「肩首痛」
のある方は当院へ

(後頭部がつまる感じする方の改善症例)
 

(症例)

Eさん 男性 (40代)

 

 

 

(症状)

・首全体と、首の上の部分と後頭部が

 つまる感じがして辛い

 

・足(下半身からふくらはぎ)がだるく(特に仕事中、夜になると)

 

・目の奥の痛み

 

・こめかみの奥が重い

 

・胃がもたれる

 

・肩首が張って痛む

 

・右の腕が後ろに回らない

 

・夜寝つきが悪い

 

 

 

 

 

 

(問診をして)

仕事でかなり疲れている様子でした。

労働時間が長く、夜も遅く、睡眠時間も

毎日5時間くらいしか取れていない状況でした。

 

足(ふくらはぎ)のだるさがあり

実際に触ると、「パンパンに張っており」

このような「ふくらはぎの状態」は、

「副腎」という臓器との関係があり、

副腎が疲れている状態です。

 

※「副腎」に関してはこちらをご覧ください

 

 

 

 

 

この方のように、「慢性的な疲れ」から

様々な症状が起きる方は多く、

「首、首の上辺りから後頭部にかけてのつまる感じ」

があると言われる方はとても多く、

このような症状を言われる方に共通するのは、

 

男性なら「仕事が忙しすぎて休む暇がない方」

女性なら「家事や子育てに加えて仕事もしているような方」

です。

 

 

 

 

このような、「毎日忙しすぎて、休む暇がない方」

体が慢性的なストレス状態になり、

「首、首の上辺りから後頭部にかけてのつまる症状」

を起こしやすくなってしまうようです。

 

 

目の奥の痛みや、こめかみの奥、眉間の奥といった

目の周辺に症状がある方は、リンパ循環も悪くなっている方も

多いです。

 

このような方の状態は、「臓器の機能低下」、「リンパ循環」など

体全体の機能を元に戻す必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

(施術内容)

こちらでお体を検査をし、お調べすると、

やはり「副腎」の状態が悪く、

慢性的に疲労状態でした。

まず、副腎の状態を変える必要がありました。

 

 

 

①副腎の状態を改善する施術を行いました。

 

副腎のことは、病院でもあまり言わないのですが、

副腎の機能低下で以下のことが起きます。

 

(ストレスと深く結びついている症状)

・頻発性感染症

アレルギー及び花粉症

・胃痛や消化器症状

・不眠症、神経過敏症

・エネルギー欠乏症

・異常な精神状態

・集中力の欠如

・錯乱、慢性疲労

・鬱的な傾向体のふるえ

・神経性チック

・睡眠時の歯ぎしり

・甘い・酸っぱい

・熱い・冷たいなどに対する過敏化

・顎関節症

・恐れ

・下痢

・偏頭痛

・月経前症候群

・首や背中の痛み

・食欲異常(過食・拒食)

・ニコチン・アルコール・コーヒー、その他の興奮剤や薬物に対する

 強い欲求・中毒症

・軽いが頻繁性の傷あるいは適切な治療を受けているにも関わらず

 長い間続く痛み

 

 

 

このように、多種多様な症状を起こすことが

わかっています。いかにストレスの影響が心身に影響するか

わかります。(病院の検査で数値には表れない状態ですが、

機能が低下した状態です)

 

このような「様々な症状」と体の筋肉の状態」との関係

病院では軽視している傾向にありますが、

 

ストレスという言葉を最初に使った

「生物学者のセリエ」によれば、

 

 

「どんな動物でも長引くストレスに対して、

 骨格筋(筋肉)は過緊張状態になり、

 身体はストレスに対して反応する」とされています。

 

このようなことから筋肉の問題が起きている事が、

いかに大切なことかわかります。

 

 

当院が行う、「キネシオロジー」という方法において

過緊張した筋肉に対する研究や臨床で筋肉の状態を診る事が

いかに重要であるか、わかります。

 

※キネシオロジーについては

こちらをご覧ください

 

 

 

 

 

実際の臨床では、

多くの方が上記のような様々な症状に加え、

筋肉の痛みや張り、痺れ、つまったような感覚など、

様々な肉体的な症状を訴えられます。

 

 

そして慢性的ストレス状態な方の体は

全身が硬直した状態になっています。

 

特にこの方のように、「ふくらはぎ」の痛みや張りは、

「副腎」との関係も深いです。

 

 

当院は、このような「副腎」のような「臓器的な問題」に対して、

筋肉にアプローチして改善する方法を行います。

 

「筋肉は臓器の状態を表す場所でもあります」

 

※(筋肉一つ一つは各臓器と関係しています。)

筋肉の状態を変える事は、その関係する臓器に

良い影響を与え、疲れた臓器の状態や機能が低下した状態を

改善します。

 

※筋肉と臓器の関係性については、

こちらをご覧ください

 

※「ふくらはぎ」の痛みやしびれ、過緊張状態が

副腎と関係する事に関しては、こちらをご覧ください

 

 

 

(臓器機能の状態を改善する方法)

このような臓器の状態を変える為に、

「筋紡錘」「ゴルジ腱」という筋肉の内部に

ある「固有受容器」に働きかける方法を行います。

 

※他の症例で、詳しく解説しています。

こちらをご覧ください

 

※「筋紡錘」「ゴルジ腱」に関しては

こちらをご覧ください

 

 

 

②過緊張した筋肉に対しても、

「筋紡錘」「ゴルジ腱」の施術を行いました。

 

③リンパ循環を促す施術も行いました。

身体に分布する反射区を使った、ツボの刺激をするような

方法です。

 

 

 

 

③この方は、症状が再発する傾向があり、

要因は、「会社での精神的にストレスがあること」にあり、

この事に対して施術が必要でしたので、これも行いました。

 

「精神的なストレス」は、そのストレスを感じることの

理由として、「感情の問題」という

誰にでもある、個人的な思いや拘りが

ストレスを引き起こすことがあります。

 

 

 

 

「ある言葉に自分はとても反応してしまう」

「人の行動を見て、これはおかしいのではないか?と思ってしまう」

「この人はとても苦手」など

 

人によって、人間関係で起きる要因は、

このとても個人的な、「自分の思いや拘り」が

大きく影響します。

 

これは、「自分の価値観」ですが、

これを自分で上手く意識を変えられないが為に、

例えば、会社や学校など人が集まるコミュニティーで

ストレスが多くなり、これが慢性化してしまう事があります。

 

これは、自分の今までの経験で無意識に記憶される

「その時、自分が思ってしまったこと」が関係しています。

 

この「その時思ってしまった感情」を解放する方法が

キネシオロジーの感情の方法です。

 

※「感情の解放」に関してはこちらをご覧ください

 

 

 

このような①、②、③の症状を起こす要因に対して

それぞれの要因を改善する方法を行い、

計14回の来院で改善しました。

 

 

 このような「副腎」に問題が慢性化している方は

 毎週施術するのではなく、1回目の施術後の2回目は1週間後、

 3回目は10日後、4回目は2週間後、5回目は3週間後、と

 施術の間隔をあけていき、御自分の体で回復する力を

 高める事が大切です。

 その間、生活の中で今まで行ったいなかったことを普段の生活で

 行って頂くことも必要になります。 

 (例えば、体を温めたり、汗をかいたり、綺麗なお水を毎日2リットリ

  摂ったり、その方のお体の状態によって、こちらでお体をお調べする際に

  お話して、ご提案させて頂きます)

 

 

 

 

 

※ご相談も受け付けております。気軽にご相談ください。

ご相談、お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分