横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

パニック障害でお悩みの方へ

症状別治療方法

パニック障害でお悩みの方へ

パニック障害という症状は、様々な症状を伴います。

 

 

 

対人恐怖症が起きる方」「人ごみ行くと怖い」

「人とぶつかるとパニックになりそうになる

「音や声を聞くと過敏に反応してパニックになりそうになる」

「電車などの乗り物に乗れない」

「何時にどこかに行くことが決まっている時に行けなくなってしまう。

 又は時間に遅れてしまう。」

 

 

上記のような症状な気持ちの不安定、

又は下記のような身体的な症状も伴って起きる方が殆どです。

 

 

「全身の震え」「はきけ」「めまい」「手足の痺れ」

「食べると吐いてしまい、食べることも怖くなってしまう」

「立っている時や歩いている時に足や膝に力が入らない」「寝れない」

 

 

 

 

様々な心身の症状が起きてしまう為に、一人では身の回りのことをできない、

とても辛い状態の方もおられます。

 

 

これらの症状の原因は、多くの方が思ってもいない

御自分の「食生活」「生活習慣」「ストレスある生活環境」「人間関係のストレス」など

生活の中にあります。

 

※お悩みのご相談、お問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください

 

 

 

※「顔にブツブツが出てきて、慢性腰痛があり、

パニック障害と病院で診断された方」の改善症例は

こちらからご覧ください

 

 

 

 

 

「パニック障害」を起こす要因に関して、

詳しくは、下記のページをご覧ください。

 

「食べる物が体に与える影響するのは?」

 

・「自分の体に今必要な栄養素を取ることとは?」

 

「綺麗なお水をたくさん摂ることに必要性についてはこちらから」

 

・「私達の体は常にストレスに反応している」

 

・「ストレスが脳や体に影響する理由とは?」

 

・「視床下部の働き(自律神経)」

 

・「感情に対しての治療」

 

 

 

 

 

 

 

特に、「ストレス」は、大きな要因です。

 

 

 

現在のストレスではなく、過去の特に幼少の頃の出来事に対して、

思ってしまった気持ちが、関係しています。

御自分ではもう忘れているような出来事に対しての思いが

その時に、「強く思ったり」、

又はその気持ちを「言えなかったり」「言わなかったり」

その時の気持ちを表現できなかったことに

要因があります。

 

 

私の臨床では、この「過去の気持ち」が無意識に

記憶され、御自分の中ではもう解決しているような

事でも、無意識の記憶として残っていることで、

体が「体が反応してしまい」、

 

 

 

 

「突然の気持ちの不安定」「不安感」「恐怖」といった

感情の変化、それに伴って、「急な体の痛み」

「全身の震え」「めまい」「手足のしびれ」

「心臓発作のような痛み」「食べられないで食べると吐いてしまうといった胃腸の問題」

「足に力が入らない」など様々な心身の症状が起きます。

 

 

 

 

体の問題も大きな要因となる事があります。

 

私達の体は食べた物の栄養や水によって細胞が働き、その後、体でいらなくなった物

(老廃物)がリンパ管を通って、呼気や尿、便、汗によって体の外へ出されます。

この細胞の働きが正常でいることで、新陳代謝が円滑に行われ、私達の体の細胞は

毎日作り出されています。

 

「食生活」「生活習慣(運動、睡眠、休息など)」はこの細胞の働きを

起こす為に必要不可欠です。

 

この「食べ物、飲み物」によって私達の体は作られ、

「水」によって、老廃物が洗い流され、

運動によって体からリンパ管を通って老廃物が押し流され

睡眠、休息によってホルモンの働きが促進し、

体の細胞の修復がされます。

 

この体の働きのサイクルに問題が起きることでも、

症状が起きます。

 

このような様々な心身の要因から

原因をまず見つけ、明確にすることがとても大切です。

 

 

 

 

 

 

病院で「パニック障害」に対して改善に至らないケースが多いのは、

一人一人の原因が異なり、生活習慣や食生活など、

とても個人的なことが関係している為です。

 

この個人的な事を明確にする必要があります。

原因が様々あり、原因が病院の検査の範囲以外の事も多いため、

症状が根本的に解決できていないことが起きているのです。

 

※あと、薬の長年の常用も大きな影響です。

 この薬の副作用は心身に大きな影響を与えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

《 「パニック障害」の根本原因は 》

 

このような心身の様々な症状を起こす、「パニック障害」のお持ちの方には、

大きな原因があります。

 

それは、過去の出来事に対する強い思いや感情、又は過去のトラウマです。

 

幼少の頃から、現在までの出来事で思ってしまった感情の影響

心身のバランスを崩します。

現在、パニック障害で悩んでいる方が増えているのは、

生まれ育った環境による影響、その方の感受性、遺伝的な事、

様々なことが絡み合って起きるとても複雑な原因によって起きます。

 

当院では、過去にパニック障害の方を治療させて頂いて、

過去のトラウマ、自分でも忘れているような無意識の思いにアプローチすることが、

パニック障害を改善するには必要不可欠であるということがわかりました。

 

この感情の問題をキネシオロジーという方法で、

過去の感情にとらわれないように記憶に付随している感情を解放します。

それに加えて、その方に必要な栄養のサポートも行い、

心身のバランスを中庸に戻します。

心身両面のサポートが必要です。

 

≪感情の解放≫につきましてはこちらからご覧ください

 

 

何の症状でも、原因はあり、解決する方法はあります。

希望を持って頂きたいと思います。

パニック障害の方の改善事例があります。

都合上、ホームページには掲載できませんが、もしご相談のある方はメール、

又は電話でご連絡していただければ、お話をいたします。

 

 

 

(パニック障害の事例)

 

25才 女性 

       <症状>

       (電車に載れない、人ごみにいれない症状)

       (身体の痺れ痛み、腰痛、パニック時に身体のあらゆる部分の痛み)

       (心臓あたりの痛み)(全身の震え)

       (不安症状)(不眠症状)(吐き気、拒食症上)

 

       <治療経過>

        治療の殆どが「感情の解放」を行いました。

        1回目の治療後の夜に、体の震えが多くなる好転反応がありましたが、

        その次の日にはなくなりました。

        ご説明しましたら、納得されて体が良くなる過程には、

        このような反応があることを理解されていました。

 

4回目の治療で電車に乗れるようになりました。

        ここまで殆どが「感情の解放治療」と食事療法です。

        自分に今必要な栄養素、食材、又は体を徐々に動かす事、

        このような日常生活も変えていかないといけません。

        ご家族のご協力も必要です。

        治療に関しては、感情の解放を何度もすることが必要になることも

        多いです。初回または2回目の治療の際に、

        どのくらいまで改善したいのか?

        お聞きして、それによって、治療回数もことなってきます。

 

 詳しい治療の内容に関しては、詳しくはメール又はお電話でお問い合わせ下さい。

 詳しい説明をさせて頂きます。

 

 お聞きしたことがあれば、気軽にご連絡して頂ければと思います。

 

 

 

 

パニック障害に関連したこと、又は関係する症状についてはこちらからもご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分