横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

症状別治療方法

「腕を痛め、その後、肩こりと膝の痛みが起き始めた方の改善症例)

(症例)

Kさん 女性(20代)

 

 

 

(症状)

・左の腕を痛め(上腕二頭筋)、その後肩こりが

 起き始めた症状

 

・右の膝の半月板の問題があると、

 病院で言われ、右の膝が痛む

 

 

 

 

(問診をして)

1ヵ月前くらいに、左の上腕二頭筋を痛め、

その後、肩こりが起き始め、慢性的な肩コリが

続いてしまっている状態でした。

 

それと、以前から右の膝も痛く、半月板の問題があると

病院で言われ、そのままにしている膝痛もありました。

最近、トイレなどで座ると左の股関節も痛くなり、

これらをどうにかしたいということで来院されました。

 

 

 

 

 

(施術内容)

★「何かの外傷、又はぶつけたようなことから

  筋肉のバランスを崩す事があります。」

  これはその部位によって、この方のように

  慢性な肩こりを起こす要因にもなります。

 

 

当院は、キネシオロジーという方法を行っています。

 

身体は心身の何らかの影響が有ると、

その変化は筋肉に表れます。

※(この方のように、外傷やぶつけたことが、

  筋肉の状態を変える事があります。

  それはこの後に御説明する、「筋紡錘」「ゴルジ腱」

  とった、筋肉の中にある固有受容器という

  筋肉の状態をコントロールしている部分に

  問題が起きる為です)

 

 

それは、肉体に表れます。「過剰に緊張した筋肉」、

「弱くなったような筋力の低下」など筋肉の状態です。

 

 

当院は、このような、肉体(筋肉)に表れることを

検査で確認して、現在の症状との関係を診ていくことで、

原因を明確にしていきます。

 

 

 

 

 

 

「過緊張した筋肉」の状態を正常化すること。

(「筋紡錘」「ゴルジ腱」といった筋肉の内部にある

 「固有受容器」と呼ばれる部分を正常化する。)

 

 

当院は、いくつかの選択肢から、

その方に適した方法で施術をしていきます。

例えば、この方のような「慢性的な肩こり」が起きている場合、

上記の「筋紡錘」「ゴルジ腱」「筋膜」「靭帯」といった

固有受容器、軟部組織にアプローチし、改善を促す方法をとります。

 

このような固有受容器や組織の問題は、

「神経に作用して、筋力が低下します」

「又は過剰な筋肉の収縮が起きます」

 

この過剰に緊張した筋肉、筋力が低下した筋肉の影響は、

その筋肉の周りの筋肉との関係を崩します。

 

それが、この方のように、

腕の筋肉の上腕二頭筋という部分を痛めたことで、

肩周辺の筋肉との筋肉バランスを崩れた結果、

慢性的な肩こりになってしまう事もあります。

 

 

 

 

 

当院は、このような状態を改善する為に、

「リアクティブ」という方法を行います。

 

※「リアクティブ」について

詳しくはこちらからご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

②膝の痛みには、腰の状態に関係する下半身の筋肉のアンバランスが

 関係していることがあります

 

膝の痛みがある場合、この方にように、「半月板の問題」があると

病院で言われたようなケースでも、膝を取り巻く筋肉の状態の関係性から、

痛みが起きる事があります。

 

 

お体をお調べすると、この方の股関節の周辺、前側の筋肉、

「大腰筋」が左右とも過緊張状態で、

「右側の大腰筋」は筋力が低下した状態になっており、

この筋肉の状態が、膝に負担をかけていたこと

それに加えて、膝の内側の靭帯が過剰に緊張した状態があり、

これも影響していました。

 

腿の前側の筋肉である、大腿四頭筋も過剰に緊張しており、

これも施術する必要がありました。

 

 

 

当院は、このような靭帯の問題に対して、

「靭帯ストレッチ」という方法を行い、

靭帯の状態を調整し、これのよって受けていた膝周辺の筋肉の

影響(腓腹筋、前頸骨筋など)もなくしていきます。

 

 

その他、大腰筋には「カウンターストレイン」という方法も

行いました。

 

※「カウンターストレイン」に関しては

  こちらをご覧ください

 

※「膝と腰痛の関係」は、

 こちらをご覧ください

 

 

 

 

膝の痛みには、特にこのような腰と関係した筋肉(大腰筋)との関係性が

あります。病院で診断されたとしても、筋肉や靭帯の調整を

病院ではすることはないですから、このような問題が見落とされている

こともあります。すぐに手術をするのではなく、

このような筋肉、靭帯などの軟部組織の修復をまず考える必要が

あります。

 

 

 

この方は生活習慣の影響はありませんでしたが、

人によっては「膝の痛み」「慢性的な肩こり」には、

自分の生活の中に問題があるケースもあります。

 

以下がそのような問題を起こす要因になる事です。

栄養素や自分に合わない物、綺麗なお水を摂る必要性の

 

ことが記載しておりますので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

※「自分に合わない物」の体に与える影響については

こちらをご覧ください

 

 

※「今自分に必要な栄養素」に関しては

こちらをご覧ください

 

 

※「綺麗なお水をたくさん摂ること」の意味については

こちらからご覧ください

 

 

 

 

 

 

これら①②の施術で、

計2回の来院で改善しました。

 

 

 

 

 

 

 

何かの外傷や事故でその後痛みや張りが起きる事についてはこちらからもご覧ください

その他の外傷や事故の影響で体の何処かに痛みや張りが起きてしまった症例はこちらからご覧ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分