横浜市中区で腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど、慢性的な辛い症状のお悩み解決なら、関内、又はバス停小港そばの横浜ホリスティック治療室へどうぞ

本牧治療院 神奈川県横浜市中区榎町本牧2丁目ハイラーク本牧411号室
市営バス「小港」停留所そば    

関内治療院 横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 604号室
JR関内駅から徒歩5~7分

関内でも治療受けられます。

090-6125-1944

受付時間

水~日 9:00〜19:00
月・火定休日

首肩の張りが強くなると頭痛、足の甲を骨折したことによる後遺症も伴う症状の改善症例

症状別治療方法

首肩の張りが強くなると頭痛、足の甲を骨折したことによる後遺症も伴う症状の改善症例

(症例)

Mさん 女性(40代)

 

 

 

(症状)

・左右の首肩が張ってしまい、これが強くなると頭痛が起きる痛くなる

・足の甲を骨折後、歩いていると右足の親指の裏や右足の甲が痛くなる

 

・左右の手の甲、手のひら、指が、ときどきしびれる

 

・便秘が起きる

 

・普段も頭痛が起きる(頭の前側部分、おでこ辺りがズキズキする)

          (特に仕事中に起きる)

 

・気圧の変化、湿気が多いと、頭が痛くなる

 

・目が疲れて、目の奥も痛くなる

 

・生理前、生理中に頭痛、お腹が痛くなる、便秘にもなり、

 左右の肩首の張りも強くなり、重い感じになり、胃がもたれたりする

 

・喉のイガイガしやすく、咳が出やすく、タンも出る

 

 

 

 

 

 

(問診をして)

「足の甲を骨折をしたことで、歩くと足の親指、甲に痛みが起きる」

ということで、患者様のご紹介で来院されました。

 

お話を聞くと、「骨折の問題以外に」

様々な症状もあり、これらも改善したいということで

施術を開始しました。

 

骨折後、病院での治療が終了して、

その後、動かしたり、ある動きで「痛み」が起きる事は

よくあります。それは、骨は正常にくっついても

骨折時に、筋肉や靭帯を引き延ばしたり、何らかのダメージが

残っている事がある為です。

 

病院では、このようなダメージに関しては

施術する方法がない為に、そのままになることがあります。

その後、通常の生活に戻り、生活の中で体のいろんな部分を

動かすようになって、そうしているうちに「痛み」「張り」

起きてくることがあります。

 

当院ではこのようなケースに対しての施術も行っています。

 

 

 

もう一つの、この方の他の症状は、慢性的な症状ですが、

これは、普段の生活とも関係がある事が多く、

この部分は、生活の改善も必要な問題です。

 

この方の症状、「骨折の後遺症」「普段の生活のこと」この両方を

同時進行で回復する施術をし、患者様にも生活を変えて頂くことを

して頂きました。

 

 

 

 

 

(施術内容)

★「何が要因で痛みが起きているのか?」

  これをまず明確にする必要があります。

「生活習慣、食生活の影響」を変えて根本から改善すること

 

 

当院は、キネシオロジーという方法を行っています。

 

身体は心身の何らかの影響が有ると、

その変化は筋肉に表れます。

この方のように、

 

「慢性的な肩首の張り」「頭痛」「便秘」「生理前、生理時の様々な症状」

「気圧の変化、湿気が多いと、頭が痛くなる」

「目が疲れて、目の奥も痛くなる」は、

普段の生活の影響が関係している為に、根本から改善する為には

現在の生活を見直す必要があります。

 

 

 

 

例えば、「睡眠時間、休息は取れているか?」

    「毎日お風呂に浸かって体を温めているか?」

 

又は、「自分に必要な栄養素が毎日の食事でちゃんと摂れているか?」

又は、「自分に合わない物を摂っていないか?」

 

 

 

 

このような生活の影響は、お体の神経に影響します。

それが、筋肉の過剰な緊張や筋肉が弱くなったような状態を

起こす事で「痛み」「張り」「しびれ」といった

様々な症状を起します。

 

 

 

 

このような生活での影響は、肉体に表れます。

まだまだこの考えは一般的にではありませんが、

多くの方に起きている事実です。

「過剰に緊張した筋肉」、

「弱くなったような筋力の低下」など筋肉の状態は、

「痛み」を起こす要因となります。

 

 

当院は、このような、肉体(筋肉)に表れることを

キネシオロジーの検査で確認して、現在の症状との関係を診ていくことで、

原因を明確にしていきます。

 

その際に、患者様一人一人によって、

「今の生活の中に取り入れる事が異なります」

それも、こちらでお調べして、ご提案致します。

 

以下が、この方にご提案した生活の中に取り入れてもらったことです。

 

 

 

・体を温めること(41~43℃のお風呂に1日10分浸かり、体を温める)

・休息の時間を作る事(1日20分は横になったり、ゆったりする時間を作る)

・綺麗なお水を摂る事(1日2ℓ以上は摂る事)

・自分の体に今必要な栄養素を摂る事

  (ビタミンB6「アボガド、しそ、切り干し大根などを多く摂る」)

  (ビタミンC「赤、又は黄色のピーマン、じゃがいもなどを多く摂る」)

  (ビタミンE「カボチャ、ゴマ、イワシなどを多く摂る事」)

 

※(これらのこの方に必要な栄養素が多く入った食材を摂る事)

 

・自分に合わない物を一時的に摂らないようにする事

  (果糖(果物全般を摂らない事、ヨーグルトや飲料に入っている果糖も

   気をつけること)

 

 

 

これらを実施して頂きました。

同時に身体への施術も行いました。

 

施術に関して、詳しくは以下の①で御説明します。

 

 

 

 

 

 

 

①「痛み」の要因が、「過緊張した筋肉」「筋力低下した筋肉」が

  要因の場合、筋肉の状態を正常化すること。

(「筋紡錘」「ゴルジ腱」といった筋肉の内部にある

 「固有受容器」と呼ばれる部分を正常化する。)

 

 

当院は、いくつかの選択肢から、

その方に適した方法で施術をしていきます。

 

例えば、この方のような「慢性的な肩首の張り」が起きている場合、

上記の「筋紡錘」「ゴルジ腱」の固有受容器、

 

又は、「筋膜」「靭帯」といった軟部組織にアプローチすることで、

症状の改善を促す方法をとります。

 

このような固有受容器や組織の問題がある場合、

「神経に作用して、筋力が低下します」

「又は過剰な筋肉の収縮が起きます」

 

この過剰に緊張した筋肉、筋力が低下した筋肉の影響は、

その筋肉の周りの筋肉との関係を崩します。(アンバランスな筋肉の状態)

 

それが、この方のように、

「頭痛」を起こし、「手の甲や手のひら、指にしびれ」を起こします。

肩周辺の筋肉と肩甲骨周辺の筋肉バランスを崩れた結果、

慢性的な肩こりになってしまう事は、とても多いです。

 

 

 

 

 

当院は、このような状態を改善する為に、

上記の部分の施術に加えて、

「リアクティブ」という方法も行う事もあります。

 

※「筋紡錘」「ゴルジ腱」について

詳しくはこちらからご覧ください

 

 

※「リアクティブ」について

詳しくはこちらからご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

②骨折の後遺症の問題を改善することも

「筋紡錘」「ゴルジ腱」「筋膜」「靭帯」が

関係している事が殆どです

 

 

①で御説明した「筋紡錘」「ゴルジ腱」「筋膜」「靭帯」への

施術をこの「骨折の後遺症」にも使うことが

必要になります。

 

骨折のような強い力が加わった肉体は、

当然、筋肉、筋膜、靭帯へのダメージがあります。

多くは、これら軟部組織が「引き延ばされること」によって

これら軟部組織が元に戻らなくなってしまっていることで、

「神経的な問題」を起こします。

 

それが、結果的に「痛み」を起こします。

 

 

 

※このような「骨折、又は車での事故、外傷ケガ等

(後ろから追突されて、むち打ちになったようなこと)」は、

「筋紡錘」「ゴルジ腱」の状態を変える事が必要です。

改善する為にも効果的です。

 

 

 

 

※事故や外傷、手術の後遺症、スポーツ時のケガによる影響については

詳しくはこちらからご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

③「便秘」又は「下痢」のような腸の状態など、

「臓器の状態」を改善するには

 

この方ような「便秘が度々起きる」ようなことは、

腸の問題が関係しています。

 

内科の検診で、別段何も問題が無い状態でも、

腸の機能が低下した状態があります。

 

 

このような状態は、筋肉の状態にも表れます。

 

多くは、「過剰な緊張した筋肉=その筋肉と関係のある臓器の機能低下」

といった「筋肉=臓器」という関係が身体にはあります。

 

 

 

これは一般的に言われていませんが、

この特定の筋肉と臓器の関係性を診る事で、症状を改善することが

できます。

 

例えば、大腿部の前側の筋肉は「小腸」と関係があり、

大腿部の後ろ側の筋肉は「大腸」と関係があります。

 

※「臓器」=「筋肉」については

  詳しくはこちらからご覧ください

 

 

これら関係性を知った上で、「筋肉にアプローチすること」で

臓器の機能を改善します。

 

 

 

 

 

生活の部分の問題が体に影響する事がとても多く、

以下が、問題を起こす要因になる事でとても多いことです。

最初にお話した、自分に必要な栄養素や自分に合わない物、

綺麗なお水を摂る必要性のことが、下記に詳しく記載されています。

 

詳しくはこちらをご覧頂き、ご参考にしてください。

 

 

 

 

※「自分に合わない物」の体に与える影響については

こちらをご覧ください

 

 

※「今自分に必要な栄養素」に関しては

こちらをご覧ください

 

 

※「綺麗なお水をたくさん摂ること」の意味については

こちらからご覧ください

 

 

 

 

 

 

これら①②③への施術、普段の生活に摂りいれてもらい、

計9回の来院で改善しました。

 

 

 

 

 

 

 

その他のメニュー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-6125-1944

受付時間:9:00〜19:00(月曜日、火曜日を除く)

お問合せはお気軽に

090-6125-1944

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

国田康二

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

関内治療院 横浜市中区弁天通り3-39ライオンズマンション604号室

JR関内駅から徒歩5分~7分

 

本牧治療院 神奈川県横浜市中区本牧2丁目ハイラーク本牧411号室

市営バス「小港」停留所から徒歩1分